『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』あらすじとネタバレ感想

シロでもクロでもない世界でパンダは笑う

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話のあらすじとネタバレ感想!

更新日:

このページでは『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話(2020年2月2日放送)のあらすじ(ネタバレ注意)や感想について紹介。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は、2020年1月12日スタートの日本テレビ系のドラマです。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと、彼女を操る男・飼育員さんが 「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつけ、警察やマスコミが触れない「隠れた真相」を大胆に暴く物語が始まる!

【キャスト】川田レン(清野菜名)/森島直輝(横浜流星)/神代一樹(要潤)/佐島あずさ(白石聖)/門田明宏(山崎樹範)/加賀佳恵(椿鬼奴)/加賀春男(升毅)/川田 麻衣子(山口紗弥加)/Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)など

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話 あらすじ

直輝は門田から、10年前の火事にまつわるレンとリコの秘密を聞きます。

レンは、日本一の囲碁棋士になると決意。直輝に好きになってもらえるような自分になるために頑張るレンは、春男に囲碁を指導してほしいと頼みます。

そんな中、楓が通う中学校で騒動が起こります。

3年生の翔太が、同級生の涼介を人質にとって屋内プールに立てこもったのです。

 

しかし、涼介からのいじめを苦に自殺しようとした翔太に対し、涼介は翔太へのいじめを否定するばかり。

翔太はミスパンダを呼んで、どちらが真実なのかシロクロつけてもらいたいと要求します。

 

校長は記者会見を行い、いじめを否定しますが、会見中同席していたスクールカウンセラーの春香が学校側の嘘を指摘しようとします。

その様子を見ていた楓は、ミスパンダの動画チャンネルに「早く来て!」とメッセージを送るのです。

 

直輝は Mr.ノーコンプライアンスに、翔太がミスパンダを呼んでいることを伝えます。しかし、Mr.ノーコンプライアンスはミスパンダが関わるのを許可しませんでした。

 

↓この先、ネタバレになります。

ミスパンダが現れないまま、翔太が指定した期限が迫っていました。

春香がなだめる中、ついに翔太がロープを切ります。

その時、ミスパンダが小さなパンダの人形となって現れます。

直輝が人形を遠隔操作し、声を変えてミスパンダとして翔太に語りかけるのです。

 

翔太は、チアリーダーのユニフォームの匂いを嗅いでいる姿を隠し撮りされ、涼介からその写真を送りつけられ写真をネタに、翔太は涼介に金を脅し取られるようになりました。

翔太は春香に声をかけられ涼介からのいじめを打ち明けますが、すぐに春香に話したことが知られてしまい、翔太のもとには「写真をばらまく」という脅迫状が届きます。

いじめを訴えても信じてもらえず追い詰められた翔太は、ミスパンダにシロクロつけてもらおうと考えたミスパンダを呼んだのでした。

 

しかし、ミスパンダがロープを切り涼介がプールに落ちていくと、翔太はプールに飛び込み涼太を助けます。

2人は幼なじみで、誰かが自分たちをはめようとしていると気付いてこの騒ぎを起こしたのです。

そこで、ミスパンダに促されて、翔太は脅迫メールに返信すると、春香のスマホが鳴りだし…。

 

実は、春香は今までもさまざまな学校で問題が起こるたびに、タイミングよくスクールカウンセラーとして介入して解決し、実績を上げていました。

彼女は自分の活躍のチャンスを作るため、翔太が追い詰められるようにすべてを仕組んだのです。

 

事件が解決したある日、あずさのもとに「コアラ男」と名乗る人物から直輝とレンが抱き合っている写真が送り付けられます。

その写真を見たあずさは、激しく動揺。

そんな直輝の前には神代が現れ、直輝に「飼育員さん」と呼びかけるのでした。
 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話 ネタバレ感想

楓が通う中学校学校で起きた事件。

ミスパンダを呼び出すための口実で自作自演を加えていました。

今回は本筋の事件より、直輝とリコの関係や、門田や Mr.ノーコンプライアンスの本音も垣間見える回でした。

 

直輝に恋をしていると自覚しているリコは健気に頑張ろうとしますが、門田に正体がバレてしまいます。

そして直輝は神代に正体がバレ、ついに直接対決か!?というところで終わってしまいました。

このドラマ、毎回後半10分が見逃せなくてハラハラしますよね!

 

門田先生のサイケデリック感もですが、Mr.ノーコンプライアンスの謎と闇も深そうで目が離せません!

今回は、直輝のアクション多めの回でしたね。

テンポが良くてすごく時間が短く感じました。

個人的にはスクールカウンセラー役の谷村美月さんの犯人の告白のシーンも狂った心理描写が巧みで好きでした。

カウンセラーとしては最低ですけど。
 

『『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話 まとめ

リコが直輝への恋心をようやく自覚したところ、直輝一人で事件を解決しようとする今回。

予告にあったリコの告白、直輝はリコの思いにどう答えるのか?楽しみです。
 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話を見逃した方は?

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第4話は
こちらから視聴できます↓

【Hulu】「2週間無料」で見てみる

今なら 2週間無料トライアル中

 

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.