森友嵐士の本名は?嫁との悲しい過去!医学部時代や実家について!

投稿日:

森友嵐士の本名は?嫁との悲しい過去!医学部時代や実家

90年代にデビューし、ドラマの主題歌などでヒットを記録したロックバンド「T-BOLAN」のボーカル森友嵐士さん。

一時バンドは解散となりましたが、その後“一夜限り”などを含め、数度の再結成をし話題となっています。

今回は、そんな森友嵐士さんの本名や嫁との悲しい過去、医学部時代の話や実家について見ていきましょう。

森友嵐士の本名は?プロフィールもご紹介!

森友嵐士さん、とても素敵なお名前なのですが、果たして本名なのでしょうか?

調べてみたところ、本名は「田辺裕之さん」であることがわかりました!

 

出身校である広島県立府中高等学校が発行している同窓会会報があるのですが、2010年3月・第3号にはっきりと以下のように書かれていました。

「今年度当番幹事のマニフェスト・元Tボラン ボーカル 森友嵐士(59年卒・田辺裕之さん) の復活を応援する。声が出ない難病を克服し、今春ソロ再開!」

このため、本名が田辺裕之さんであることは間違いないと思われます。
 

森友嵐士のプロフィール

それでは本名も分かったところで、森友嵐士さんのプロフィールをみていきましょう。

森友嵐士(もりとも あらし)

本名:田辺裕之
生年月日:1965年10月30日
出身地:広島県府中市

22歳のころ、「プリズナー」というバンドで「第2回BADオーディション」のグランプリを獲得。

この「BADオーディション」を開催していたビーイングに所属となり、翌1988年に「BORAN」としてインディーズからデビューとなりました。

しかし、メンバーとの音楽性の違いから、森友嵐士さんはBORANを脱退してしまいます。

 

その後、五味孝さん、上野博文さんらと出会い、1991年に「T-BOLAN」としてメジャーデビュー。

1992年に発表したシングル「By For Now」ではミリオンも記録し、順調に音楽活動を続けていました。

しかし、1996年に発表されたシングル「Be Myself/Heart of Gold 1996」以降は新曲発表が行われず、T-BOLANは事実上の活動停止期間に突入。

そして、1999年12月に森友嵐士さんが心因性発声障害により喉の調子をくずしてしまい、T-BOLANは解散をすることになってしまいました。

 

しかし、2012年6月にオリジナルメンバーでの再結成を発表。

2014年までドキュメンタリー映画の公開やライブ活動などを行いましたが、同年3月に行われた渋谷公会堂のライブにて活動休止を宣言。

解散ということではなく、それぞれの道に「挑戦」するという内容の報告がなされました。

そして、2016年大晦日に「一夜限りの再結成」。

2017年6月には正式に活動再開となり、ベストアルバムも発表され現在に至ります。
 

森友嵐士の元嫁の悲しい過去!多重人格や自殺って?

森友嵐士さんの元嫁は「メリーメリーマリー」というバンドのボーカルを担当していたマリアさんという方でした。

森友嵐士さんとマリアさんの結婚は1994年7月。

当時、人気絶頂だった T-BOLAN ボーカルの結婚ということもあり、極秘に入籍がおこなわれました。

しかし結婚後、ある事実が判明することに…。
 

森友嵐士の元嫁マリアは多重人格だった

2015年10月16日に放送された「爆報!THEフライデー」によると、じつはこのマリアさん、幼少期に実の父親から性的虐待を受け、12人もの人格をもつ多重人格と診断された女性でした。

結婚当初は森友嵐士さんも気がつかなかったようですが、マリアさんの不可解な行動に悩まされた森友嵐士さんが病院へ連れて行くと、多重人格であることが判明。

実の子に暴力をふるってしまう場面もあったそうで、お二人は1995年1月に離婚を決意されました。

 

マリアさんの多重人格については、町沢静夫さんの著書「告白 多重人格―わかって下さい。私たちのことを」に詳しく書かれています。

また、マリアさん自身が運営していたサイト「死にたい症候群 http://whiz-bang.tripod.com/frameb.html」にはマリアさん自身の日記も書かれており、「マリア」というのも主人格ではなく別人格のうちの1人だということも分かっています。

マリアさんの不安は以下のように書かれていました。

「研究所で、ぼくが主人格じゃないらしいことを聞いた。驚きだ。ぼくは○○という人間の中にいるひとつの人格マリアなのだそうだ。信じられない。今このことをタイプしながらも手が震えてくる。信じられない。僕はどうなるんだ。統合なんてやっていくとそれじゃあ僕は消えてなくなるということなのか」


 

元嫁マリアは2004年に集団自殺

不安を抱えながらもマリアさんは、1998年9月に「メリーメリーマリー」を結成し、音楽活動を開始します。

その後、名前を「JUICE THE PUNK」と変更し、活動を続けていました。

2003年には別の男性と再婚され、子供を1人授かったそうなのですが……この再婚相手にDVを振るわれてしまいます。

そして悲しいことに2004年10月、「男女7人集団変死事件」という名で知られる集団自殺によって、マリアさんは自らの命を断つこととなりました。

 

自殺サイトを利用してマリアさんが集団自殺を首謀したと言われていますが、渋井哲也さんの著書「男女七人ネット心中―マリアはなぜ死んだのか」によると、首謀者は他にいた説も浮上しているようです。

ともあれ、幼少期から壮絶な人生を送っていたマリアさんは、娘を施設に預け、以下の言葉を残しこの世を去ってしまいました。

「ごめんね。お母さんはもう死んじやうけど、あなたを産んで幸せだった」


 

森友嵐士の再婚とその後

森友嵐士さんはその後、マリアさんが施設に預けていた娘さんを引き取り、一般の女性と再婚をされました。

現在は、その再婚相手の方との子供を含め、4人で幸せに過ごされているようです。

森友嵐士さんとマリアさんの間のお子さんは2020年で26歳になる年齢なのですが、看護師の仕事に就いて頑張っているそうですよ!

ほっと一安心しました。

 

ちなみに、T-BOLAN が1994年9月5日に発表したシングル「マリア」は、このマリアさんを思って作られて歌だと言われています。


 

森友嵐士は医学部だった?

森友嵐士さんは、大学4年の1年間だけ医学部に在籍していたようです。

2015年2月25日に放送されたTBSラジオ「OLEA」に出演した際、その経緯についてお話されていました。

大学は東海大学と言われており、理学部に通っていたそうです。

そして、4年生の1年間だけ医学部の解剖学クラスに在籍し、「思春期前のラットにおける卵巣の形態と機能」という卒業論文も提出しています。

森友嵐士さんは医師免許は取得されていませんが、理科の教員免許は取得されているみたいですよ。
 

森友嵐士の実家はどこ?

森友嵐士さんの出身は広島県府中市。

さすがに実家の場所までは公表されていませんでしたが、一般の方のブログで興味深い記述を発見しました!

 

とある広島県府中市出身の女性のブログによると、府中市中町にある「石岡眼鏡店」の店主である石岡さんと、森友嵐士さんが幼馴染だと言うのです。

幼馴染ということは、子供の頃から近所で遊ぶ仲ということ。

そのため、石岡眼鏡店のある広島県府中市中町に、森友嵐士さんの実家はあると考えられますね!
 

「森友嵐士の本名や嫁のこと、医学部時代や実家について」まとめ

今回はロックバンドT-BOLANの森友嵐士さんについてまとめてきました。

  • 本名は田辺裕之さん
  • 元嫁のマリアさんは多重人格で集団自殺してしまった
  • 医学部には1年だけ通った
  • 実家は広島県府中市中町の可能性が高い

元嫁のマリアさんとのエピソードは驚くことばかりで、本当に大変な経験をされたのだなぁ、としばし考え込んでしまいました。

心因性の喉の病気というのも、そういった心労が重なってのことかもしれませんね。

現在は病気も克服され、T-BOLAN も再結成し、コンサートやイベント出演など精力的に活動されている森友嵐士さん。

これからもその歌声でファンを魅了し続けていただきたいな、と思いました!

 





-音楽

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.