ジェラート

料理人

柴野大造の結婚した妻や弟は?ジェラートのお店や経歴についても

更新日:

夏と言えば、やはり冷たいものが食べたくなりますよね。

アイスもいいですが、個人的にはジェラートの方がねっとりとしていて好みです。

そんなジェラート界で話題の日本人として、柴野大造さんという方がいます。

イタリア人などヨーロッパの人が多く活躍する世界で、柴野さんは日本人のジェラート職人として注目されているのです。

そんな柴野大造さんの結婚した妻や弟、ジェラートのお店などのプロフィールと経歴についてまとめました。

柴野大造のプロフィールと経歴

名前:柴野大造(しばの たいぞう)

生年月日:1975年4月18日

出身:石川県能登町

職業:ジェラート職人

 

柴野大造さんは、酪農家で4人兄弟の長男として生まれました。

瑞穂小中学校を卒業後、輪島高校へ。

大学は東京農業大学農学部を卒業後、家業の酪農を継ぎました。

しかし、家業とともに1億円の借金も一緒に継いだのです。

酪農は、設備投資にかかるお金が大きく、借金はそれほど膨らんでしまっていたのです。

大学卒業したてで1億円もの借金が自分にのしかかるって・・・私であれば途方に暮れてしまいます。

それどころか、もう諦めて笑ってしまうかもしれません。

 

でも、柴野さんはそんな情けない私とは違いました。(そりゃそうだ)

自らの酪農でとれた牛乳を使って、ジェラートを作れるのではないかと考えたのです。

料理の世界で修行したことのない柴野さんは、独学でイタリアからレシピ本を取り寄せて勉強し、

イタリアに研修に行って、ジェラート作りを学びます。

料理の経験がないのに、いきなり酪農家からジェラートを成功させようとするその姿、本当に脱帽です。

しかも、借金は1億円もあって、ジェラートで成功するかもわからないのに、ですよ?

本当にビジネスにはリスクをとることは大事だな〜と感じさせられます。

ノーリスクノーリターンですからね。

 

そして、詳しくは後述しますが、2000年に自身のジェラートのお店をオープン。

しかし、最初お客さんは全く来ませんでした。

そこで、柴野さんは移動車販売でジェラートを売り込み始め、300日間出店できるイベントに参加することができました。

このイベントがきっかけで、柴野さんのジェラートは口コミで広がり売り上げが伸びました。

商品は良いので、一旦注目されれば売れるけど、注目されるまでが大変だったということですね。

 

2008年には、テレビで放送された「テレビチャンピオン・アイスクリーム屋さん選手権」で準優勝。

その時に柴野さんが披露したジェラートイリュージョンが話題を呼びました。

そう、柴野さんはジェラートを作るだけでなく、ジェラートイリュージョンといったパフォーマンスもしているのです!

ジェラートイリュージョンってなんだ?て感じですが、動画があります。

ざ、斬新!て感じですよね。

お客さんのキョトンとして様子も最高です。

それだけ観客をひきつけ、魅了させたパフォーマンスをしたということですね。

 

さらに何と言っても、柴野さんを有名にしたのがこれ。

2017年11月の「Sherbeth Festival」で総合優勝し、なんとアジア初の世界チャンピオンになったのです。

日本初ではなく、アジア初ですよ!

それだけジェラートの世界で認められているアジア人は、ほとんどいないということですね。

このことをきっかけに、柴野さんはスイーツ界で話題の人になりました。

 

現在は、自分のお店だけでなく、株式会社マルガーの代表取締役を務めており、

コンサルで他のショップをプロデュースしたり、

企業とコラボして商品開発をしたりといった仕事もしています。

世界に認められるようなジェラートを作るという才能だけでも素晴らしいですが、

柴野さんはビジネスでの才能もあるんですね。

これであれば、たとえジェラートでうまくいかなくても(そんなことはないでしょうが)

違う分野で活躍できそうです。

柴野大造の結婚した妻と子供

 

仕事では大成功を遂げている柴野大造さんですが、プライベートの方がどうなのでしょうか。

 

柴野さんは、結婚して妻と子供の3人家族とのことです。

子供は、2018年6月現在3歳の息子です。

柴野さんの妻や子供の詳しい情報や画像は、ネットで探しても見当たりませんでした。

一般人ですから、プライバシーは守りたいのでしょうね。

 

柴野大造の弟

 

最初にもちょろっと書きましたが、柴野大造さんは4人兄弟の長男です。

兄弟のうち、柴野さんの弟もちょっとした有名人です。

というのも、柴野さんの弟の柴野幸介さんは、同じくジェラート職人だからです。

柴野さんのジェラートのお店「マルガージェラート」のマネージャーを務めています。

 

そして、2017年にはイタリアジェラート協会が認定する「世界ジェラート騎士」にも任命されました。

ジェラート騎士って、なんだかカッコいい名前ですね(笑)

ジェラート騎士はヨーロッパを中心に約100人おり、幸介さんはアジア初のジェラート騎士として選ばれました。

ここでもやはり、アジア初。

兄弟揃って、素晴らしいですね。

 

柴野大造のジェラートのお店

 

柴野大造さんは、2000年にジェラートのお店をオープンさせています。

そのお店とは、「マルガージェラート」という名前のお店です。

場所は本店は石川県能登にあり、2004年には野々市(ののいち)市にもお店をオープンしました。

「マルガージェラート」能登本店の場所は、こちらです。

本店も支店もどちらも石川県ですが、大きな大会で総合優勝したくらいですから、

東京や大都市にもお店をオープンしても良さそうなのに、て思いますよね。

確かに、同じような状況になったら多くの人はそうするはず。

そっちの方が知名度が高まりますし、ビジネスとしてうまくいきそうですものね。

お客さんの立場からしてみても、正直石川県にあるよりは都会にお店があった方が

アクセスが便利で助かります。

 

しかし、柴野さんは東京には出店しません。

それは、石川県でのジェラート作りにこだわっているからです。

というのも、柴野さんの目標は、ジェラートとともにチーズやヨーグルトで世界に通用する

「石川県発信」の乳製品総合メーカーを作ることです。

「石川県発信」というところがポイントですね。

 

生まれ育った故郷ですから、そこに居続け、成功したいという思いが強いのでしょう。

故郷への愛に溢れていますね。

故郷と呼べる場所があってないような私からしてみれば、羨ましい話です。

 

まとめ

 

ジェラート職人の柴野大造さんは、結婚した妻と3歳の息子の3人家族でした。

現在は、自身のジェラートのお店「マルガージェラート」だけでなく、

コンサルやジェラートイリュージョンで大成功をおさめています。

さらに、弟もジェラート騎士に任命されています。

これからも、ジェラートの魅力を発信していく活動を続けてください。応援しています。

こんな記事も読まれています

Copyright© 情報をお届け! , 2019 All Rights Reserved.