七尾旅人が天才と言われる理由!テラスハウスとの関係は?父親は誰?

投稿日:2020-03-31 更新日:

天才・七尾旅人のテラスハウスとの関係や父親

不登校児を経て10代でデビューを飾り、天才児と言われていたアーティストの七尾旅人さん。

2019年には「テラスハウス」で楽曲が取り上げられ、国外でも知られるようになりました。

今回はそんな七尾旅人さんについて情報をまとめたいと思います!

七尾旅人が天才と言われる理由!

七尾旅人さんは10代で一度メジャーデビューを果たしましたが、現在ではインディーズを主戦場として数々の活動を行なっているアーティスト。

1998年のメジャーデビューの際には “天才” とメディアで話題になりましたが、現在でも変わらずその音楽性やキャラクターを “天才” と称する声が多い人物です。

 

まずデビュー当時を振り返ってみましょう。

1998年9月19日、19歳という若さでシングル「オモヒデ オーヴァ ドライヴ」でデビューを飾りました。

その繊細な歌声や耳に残る歌詞とメロディー、そしてちょっと不思議な言動で話題になり、あのミスチルをプロデュースした小林武史さんも惚れ込みます。

 

1999年には小林武史さんのレーベル「ZONR LABEL」へと移籍し、ファーストアルバムを制作。

その後、2001年に電気グルーヴの石野卓球さんとコラボしたシングル「ラストシーン」を発表。

さらに90年代の歌姫・川本真琴さんのプロデュースを23歳という若さで担当した実績をもちます。

 

しかし、所属していたZONE LABELの終了にともないメジャーからドロップしてしまった時期と、音楽シーン自体のCD売り上げが落ち始めていた時期が重なっていた2000年代当初、七尾旅人さんもヒットには恵まれませんでした。

その後も地道に音楽活動を続けていましたが、2012年に転機が訪れることとなります。

 

2012年11月14日に発表したこちらの「サーカスナイト」。

この「サーカスナイト」という曲、正直発表した当時はCD売り上げが良かった訳ではありません。

しかしファンの間で評価も高く、YouTubeの台頭によりファン以外の層にも広がる現象がおき、じわじわと人気が出てきました。

そして、かねてよりファンを公言していた作家・よしもとばななさんが、2015年に「サーカスナイト」というタイトルの小説を発表し、冒頭に歌詞の一部を掲げたことで “よしもとばななファン” にも知られるようになったのです。

 

「サーカスナイト」の楽曲や過去にコラボしたアーティストの字面だけを見ていると、七尾旅人さんはポップなおしゃれアーティストのようなイメージを持たれてしまうかもしれません。

しかし七尾旅人さんが“天才”といわれる所以はそれだけではありません。

 

日本のアーティストはなかなか社会情勢や政治に対する姿勢を表立ってみせる機会があまりありませんよね。

ただ七尾旅人さんは違いました。

インディーズで活動していることもあり、さまざまなチャレンジをされています。

2007年には9.11に起きたアメリカ同時多発テロをモチーフとしたアルバム「911FANTASIA」を発表。

計2時間51分もある3枚組で、おじいちゃんが孫にあるストーリーを語る寸劇も含まれた異色の作品です。

 

2011年には東日本大震災の被災したその日につくった曲「帰り道」も3月14日、早々に発表。

音楽や文化といったものが自粛ムードだったあの時に、少しずつ音楽を届けようと映像をアップしたそうです。

もちろん音楽だけではなく実際の活動として義援金を募集するプロジェクトも開始。

復興ライブも行いました。

 

2016年には9.11からイラク戦争を経て現在まで地続きになっている「危機感」のなか、近未来の戦争で命を落とす「兵士A」のライブ映像作品を劇場で公開。

どうやら2015年に可決された安全保障関連法案へ憤りを感じたことが「兵士A」を制作したきっかけとなったようです。

 

これ以外にも、演歌歌手・小林幸子さんや色々なアーティストとコラボした「七尾旅人presents百人組手」というイベントや、人間ではなく犬に楽しんでもらうために開催した「犬たちのためのコンサート」などなど……さまざまな活動で新しい試みをされている七尾旅人さん。

やはり才能豊かなアーティストなのだな、と感じました。
 

七尾旅人プロフィール

七尾旅人(ななお たびと)

生年月日:1979年8月20日
出身地:高知県高知市
身長:不明
血液型:B型

 

七尾旅人とテラスハウスの関係は?

七尾旅人さんと言えば、どうしてもコアな音楽ファンに愛されている方というイメージがあります。

しかしなぜか恋愛リアリティショーの「テラスハウス」と関係があるようで……?

 

実は2019年、「テラスハウス」のエピソードで、住人の男性(ケニー)が恋する相手(リサコ)に七尾旅人さんの代表曲「サーカスナイト」を弾き語る場面が放送され、国内外のテラスハウスファンにも評価されることとなりました。

ちなみに「テラスハウス」では過去にも“湘南編”最終回に七尾旅人さんの「湘南が遠くなっていく」がBGMとして流されたり、同曲が「テラスハウス」のコンピレーションアルバムに収録されるなど、その芽は2014年の時点であったと思われます。

2015年からテラスハウスはNetflixで配信されていることもあり、海外のファンが「サーカスナイト」をYouTubeで聞き始め、じわじわとその楽曲の良さが国外に広がっていると考えると、とても嬉しいことですよね!
 

七尾旅人の父親は誰?どんな人?

さて。七尾旅人さんのような方を育てた父親は一体どんな方なのか?気になりますよね。

しかし残念ながら一般の方のため情報はあまり出ていませんでした。

ただ、度々インタビューでも父親がジャズ好きであり、その影響から音楽を好きになったことが語られています。

また、「三兄弟の中では自分が一番父親に似ている」と話していたこともあり、父親も少し変わったところのある才能豊かな方なのかな?と思いました。

ちなみに七尾旅人さんが2018年12月12日に発表されたアルバム「Stray Dogs」に収録されている「崖の家」は父親との関係が題材となっているそうです。

 

現在、父親は他界されているそうですがツイッターに写真がありましたので載せておきますね。

七尾旅人さんと女の子の後ろで変顔をしているメガネの男性が父親だそうです(笑)

とても個性的で面白い父親だったのではないでしょうか。
 

「天才・七尾旅人のテラスハウスとの関係や父親」まとめ

今回はシンガソングライターの七尾旅人さんについて調べてみました。

  • 常に新しい挑戦をしている天才肌!
  • テラスハウスで「サーカスナイト」が国内外で話題に
  • 父親はジャズ好き

曲や人柄からミステリアスな印象もある七尾旅人さんですが、愛犬とのふれあいやSNS上でのつぶやきを見ると、朴訥とした人柄の良さが伺い知れました。

今後も陰ながら応援させていただきたいと思います!

 

-音楽

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.