頼りない彼を「頼りがいのある男性」に変身させる4つの方法

投稿日:

頼りない彼を頼りがいのある男性に変身させる方法

付き合っている彼に対して「なんだか頼りないな・・・」と感じてしまうことはありませんか?

「草食系男子」という言葉が使われるようになって久しい現在、恋人に対して頼りないと感じてしまう女性が増えているようです。

結婚や出産など、これから先のことを考えると、頼りがいのある男性になってほしいものですよね。

そこで今回は、頼りない彼を「頼りがいのある男性」に変身させる4つの方法について、具体的にご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね!

頼りない彼を「頼りがいのある男性」に変身させる4つの方法

1:「こうしてもらえると嬉しい」というあなたの気持ちを伝える

頼りない彼を、頼りがいのある男性に変身させる第一歩として、まずは「こうしてもらえると嬉しい」という、あなたの気持ちを伝えることが大切です。

どういうことかというと、彼はただ単に “あなたに何を期待されているか把握できていないだけ” かもしれないからです。

それならば、あなたがしてほしいことを、彼に丁寧に教えてあげましょう。

 

たとえば「重たいものを持っているときは、荷物を持つのを手伝ってくれると嬉しいな」とか、「デートの行き先を決めるときは “何でも良い” じゃなくて、あなたも一緒に考えてくれると嬉しい」というように伝えてみてください。

このとき気を付けてほしいのは、強い口調で言わないこと、人と比べないこと、人格を否定しないこと、強制しないことです。
 

注意点1)強い口調で言わない

あなたの気持ちを伝えるときには、強い口調で言わないように注意しましょう。

同じ内容だったとしても、強く言われるとケンカ腰に聞こえてしまいます。

なので、あくまでも穏やかに、優しく、明るい口調で伝えてください。

語尾に「♪(音符マーク)」を付けるようなイメージで話すようにすると良いでしょう。
 

注意点2)人と比べない

あなたの気持ちを伝えるときに、ほかの誰かと彼を比べるような発言はしないようにしてください。

たとえば「△△ちゃんの彼氏は決断力があって、引っ張っていってくれるタイプなんだよね。だから○○くん(あなたの彼)にも、そんな風になってほしいな」というようなことです。

競争心をあおることでやる気になる人もいますが、ほとんどの場合はへそを曲げてしまうので逆効果となります。
 

注意点3)人格を否定しない

「こうしてくれたら嬉しい」というあなたの気持ちを伝えるのはOKですが、彼の人格を否定するようなことは決して言ってはいけません。

「あなたって、何やらせてもダメな人ね」なんてことを言ってしまえば、彼は深く傷つき、心を閉ざしてしまう可能性があります。

そうなれば、彼の信頼を取り戻すのは至難のわざです。
 

注意点4)強制しない

彼に対して「こういう風にして」と強制しないようにしましょう。

なぜかというと、人間は自分の態度や行動を、自分で自由に選択したいと思っていて、それが脅かされると反発したくなるという心理作用があるからです。

これを心理学では「心理的リアクタンス」と言います。

たとえば「勉強しなさい」と言われると「今やろうと思っていたのに・・・」と、逆にやる気がなくなってしまうのと同じ現象です。

そのため「こうしてくれたら嬉しいな」というあなたの気持ちを伝えるだけに留めて、それに対してどう対処するかは彼にゆだねるようにしましょう。
 

2:行動してくれたら、すかさず褒めて感謝を伝える

彼に「こうしてくれたら嬉しい」というあなたの気持ちを伝え、実際に行動に移してくれたら、すかさず褒めて感謝を伝えるようにしてください。

たとえば彼が「荷物持つよ」と、あなたに声をかけてくれたら、「え!ありがとう!この前言ったこと、ちゃんと覚えててくれたんだね。すごく嬉しい♪」という感じです。

どんなに些細なことでも、多少オーバーにわかりやすく喜びましょう。

男性には本来「与えたい」「女性に喜んでほしい」という心理があります。

そのため「こんなに喜んでくれるなら、これからもやってあげよう」と考えてくれるようになるのです。

彼がせっかく行動してくれたにも関わらず、あなたが「やってもらって当たり前」というような態度をとってしまうと「何様のつもり?」と思われてしまうことがあるので、注意してくださいね。
 

3:彼の得意な分野で頼ってみる

もし「こうしてくれたら嬉しい」と、あなたの気持ちを伝えても行動に移してくれない場合は、彼の得意な分野で頼ってみるのがオススメ。

なぜかというと、得意分野なら自信があり、嬉々として行動してくれることがあるからです。

たとえば、パソコンが得意な彼ならオススメのパソコンを教えてもらったり、テニスが得意な彼なら上手なラリーの続け方をレクチャーしてもらったりするのが良いでしょう。

この場合も、行動してくれたら、褒めて感謝の気持ちを伝えることが大切です。

「さすが○○くんだね!頼もしいな~。ありがとう」なんて彼女に言われたら、上機嫌になること間違いなし。

こうすることで、彼は徐々に「頼りがいのある男だと思われるように頑張ろう」という思考に変わっていきます。
 

4:性格はすぐには変わらない!時間をかけて見守ってあげて

頼りがいのある男性に変身させるためには、「こうしてもらえると嬉しい」というあなたの気持ちを伝えるということ、行動してくれたらすかさず褒めて感謝を伝えること、彼の得意な分野で頼ってみることが大切だとお伝えしました。

ただし、根本的な性格は、なかなかすぐには変わりません。

そのため、思った通りに行動してくれなくても不機嫌にならないこと、そして期待しすぎないことを心がけてください。

時間をかけて、ゆっくり彼の成長を見守ってあげましょう。
 

「頼りない彼を頼りがいのある男性に変身させる方法」まとめ

今回は、頼りない彼を「頼りがいのある男性」に変身させる4つの方法についてご紹介しました。

最後に改めてまとめると、

  • 「こうしてもらえると嬉しい」というあなたの気持ちを伝えること
  • 行動してくれたら、すかさず褒めて感謝を伝えること
  • 彼の得意な分野で頼ってみること
  • 性格はすぐには変わらないため、時間をかけて見守ってあげること

がポイントです。

このように、あなたが彼への接し方を変えるだけで、徐々に頼りがいのある男性に変身させることができます。

彼をステキな男性に育てあげて、これまで以上に幸せなカップルになっちゃいましょう!

 

-恋愛・結婚

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.