交際が長続きするよう「付き合いたて」に気をつけるポイントとは?

投稿日:2020-03-31 更新日:

交際で “付き合いたて” に気をつけるポイント

付き合いたては「彼と一緒にいるだけで幸せ!他に何も考えられない」なんてこともあるかもしれません。

ですが、交際を長続きさせるためには「付き合いたて」がとっても大切です。

そこで今回は「交際が長続きするよう付き合いたてに気を付けるポイント」についてご紹介します。

「付き合いたて」に気をつけるポイントとは?

「付き合いたて」に気をつけるポイントはいくつかあります。順番にみていきましょう。

二人で話し合い、大まかなルールを決めておく

連絡の頻度

連絡頻度については、付き合いたてに話し合っておいた方が良いでしょう。

なぜかというと、恋人とどのくらいの頻度で連絡したいかは、人によってかなり個人差があるから。

たとえば、あなたが「付き合ったら毎日LINEや電話をするのが当たり前」と思っている一方で、彼は「あまり頻繁に連絡するのも迷惑だろうから、用事がある時だけにしよう」と思っていたとしたら、認識のズレが生じてしまいますよね。

そうならないために、二人で話し合って連絡頻度を大まかに決めておくのがベストです。
 

デートの頻度

デートの頻度についても、付き合いたてに話し合っておいた方が良いでしょう。

なぜかというと「週に1回は会いたい」という人もいれば、「月に1回会えればOK」という人もいて、価値観が様々だからです。

ここがズレてしまうと、不安や不満の原因になりかねません。

最初に話し合い、お互いに歩み寄る努力をするようにしましょう。
 

デートの支払い

デートの支払いについても、付き合いたてに話し合っておいた方が良いでしょう。

「彼氏におごってもらうのがあたりまえ」になってしまっている人は要注意!

付き合う前なら、デートの回数もそこまで多くなく、彼も負担に思わなかったかもしれません。

ですが、交際がスタートして会う回数が増えれば、その分彼の負担も増えてしまいます。

とはいえ、彼の方からは「このまま毎回俺が払うの?」とは言い出しづらいもの。

なので「半分出す」「交互に支払う」など、あなたの方から提案してあげましょうね。
 

お互いの友達に紹介しあう

付き合いたてのうちに、お互いの友達に紹介しあうと良いでしょう。

彼が友達といる時の普段の姿を見ることもできますし、なにより友達公認の仲になれるからです。

あなたと出会う前の話なども聞くことができ、より彼の人柄も知ることができるでしょう。

また、もし連絡先を交換することができれば、彼へのサプライズの時などに友達に手伝ってもらうことも可能になります。
 

彼以外の男性と仲良くしすぎない

もしあなたに仲が良い異性の友達がいたとしたら、あまり仲良くしすぎないように注意しましょう。

なぜかというと、彼に余計な心配をかけたり、嫉妬心を抱かせたりしてしまうことで、2人の恋愛関係がギクシャクしてしまう可能性が高まるからです。

もちろん、友達をないがしろにするべきだと言っているわけではありません。

ただ、男友達と二人きりで遊んだり、家に招いたり、一緒に旅行に行ったりするような仲だった場合は、誤解を避けるためにも距離感を見直した方が良いでしょう。
 

相手に依存しすぎないこと

付き合いたては、彼のことが好きすぎて、どっぷりと依存してしまうことがあるかもしれません。

ですが、これからも長く付き合っていきたいのであれば、相手に依存しすぎないようにすることが大切です。

気を付けるべきポイントは「毎日一緒に居すぎないこと」と「自分のことや友達のことをないがしろにしない」ということ。

それぞれ詳しく説明してみると、
 

毎日一緒に居すぎない

まず1つ目は「毎日一緒に居すぎない」ということです。

付き合い始めは特に「片時も離れたくない」「四六時中一緒に居たい」と言う気持ちを強く感じるかもしれません。

そんな燃え上がるような恋もドラマチックでステキですが、燃え尽きてマンネリ化するのが早まってしまう可能性があります。

長く付き合っていく相手だからこそ、適度な距離感を保って付き合うようにすると良いでしょう。
 

自分や友達のことをないがしろにしない

2つ目は「自分や友達のことをないがしろにしない」ということです。

付き合い始めは彼のことで頭がいっぱいになってしまうかもしれません。

ですが、自分の予定や友達との約束を投げ出してまで彼を優先しないよう、注意しましょう。

彼との付き合いも大切ですが、彼以外にもバランスよく目を向けることが、結果的に彼と長く付き合っていける安定したメンタルを育てることに繋がります。
 

相手を尊重しつつ自分の意見も伝える

付き合いたては彼に遠慮して、言いたいことが言えない場合もあるかもしれません。

ですが、長く付き合っていくためには、相手を尊重しつつ自分の意見もしっかり伝えることが大切です。

特に「何でもいい」という言葉を頻繁に使ってしまっている人は要注意!

あなたは遠慮しているつもりだったとしても、相手は「いつも丸投げで疲れる」「何を考えているのかわからない」と感じてしまうことがあるからです。

 

また、不満をためすぎないことも大切。

最初は、彼とケンカをするのは良くないと感じるかもしれませんが、不満に思っていることを極限までため込んで爆発させてしまうことの方が問題です。

感情をぶつけるのではなく、冷静に話し合うことで乗り越えられる術を身につけていきましょう。
 

共通の趣味を見つける

付き合いたてのうちに、共通の趣味を見つけるということもポイントです。

最初は一緒にいるだけで楽しく、ラブラブの日々を過ごせますが、その気持ちも月日が経つごとに徐々に落ち着いていきます。

そんな時、一緒に夢中になれる共通の趣味があると、恋愛感情だけでない一体感を感じることができるため、二人の関係を長続きさせることができます。

テニス、サイクリング、野球観戦、音楽鑑賞、カラオケ、料理、写真、映画鑑賞、カフェ巡り、ゲーム、キャンプなど、2人で楽しめる趣味はたくさんあります。

ぜひ二人に合う共通の趣味を探してみてくださいね。
 

「交際で “付き合いたて” に気をつけるポイント」まとめ

今回は、「交際が長続きするよう付き合いたてに気を付けるポイント」についてご紹介しました。

ここまでの内容をまとめると、

  • 2人で話し合い、大まかなルールを決めておくこと
  • お互いの友達に紹介しあうこと
  • 彼以外の男性と仲良くしすぎないこと
  • 相手に依存しすぎないこと
  • 相手を尊重しつつ自分の意見も伝えること
  • 共通の趣味を見つけること

の6つが大切です。

彼と末永く付き合っていくために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 





-恋愛・結婚

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.