伊沢拓司に兄弟はいる?東大中退の理由や実家

一般人

伊沢拓司に兄弟はいる?東大中退の理由や実家の場所について!

投稿日:

伊沢拓司さんと言えば、TBSのクイズ番組「東大王」ですよね!

しかし残念ながら2019年の3月をもって「東大王チーム」は卒業されました。

では、その後どういった仕事についているのか?兄弟や両親の家族構成は?実家はどこにあるの?色々と気になりませんか?

今回はそんな伊沢拓司さんについてじっくり掘り下げてみましょう!

伊沢拓司に兄弟はいるの?父親や母親の情報について

東大出身の伊沢拓司さんは、非常に頭脳明晰なのでご兄弟やご家族についても気になるところ。

調べてみるとご兄弟はなく、一人っ子なようです。

 

伊沢拓司さんの父親はあの「養命酒」を作っている養命酒製造株式会社で、広報のお仕事をされていたそうです。

お名前は伊沢隆司さんで、現在は定年で会社勤めからは退かれています。

伊沢隆司さんは冗談が好きで明るい方で、拓司さんが小さな頃は毎晩「訓示」と言ってジョークを披露していましたそうです。

母親に関しての情報は一般の方なのでほとんどなく、新聞のリサーチャーでは?という噂が出ている程度でした。

しかし、両親は共働きだったそうなので、母親も何らかの仕事はされていたのでしょう。

 

伊沢家では両親とも本が好きで、家に歴史小説などがたくさんあったそうです。

また、父親の背中をみて「楽しく遊んでいるような感覚で勉強をしてきた」と言っていますので、冗談好きで明るい父親の影響が大きいのかもしれませんね。

いずれにしても、伊沢拓司さんの今の頭脳を育てるのに家庭環境は大きく関係しているのでは?と感じます。
 

伊沢拓司が東大大学院を中退した理由は?

さて、伊沢拓司さんといえば「東大王」というほど定着していますが、2019年の3月をもって「東大王」も「東大大学院」もそれぞれ引退・中退されています。

この時期に伊沢拓司さんに何があったのでしょうか?

 

実は現在会社を起こし、「株式会社QuizKnock」のCEOに就任しています!

もともと東大生時代の2016年から「QuizKnock」というwebメディアを立ち上げていました。

その中では「身の回りのコト・モノをクイズで理解する」というコンセプトの元、さまざまな知識をクイズ形式で学べるようになっています。

翌年の2017年にはYouTubeのチャンネルも開設し、クイズや謎解き、実験などを実際におこなうYouTuberとしても活躍しました。

そして、この「QuizKnock」が法人化され、「株式会社QuizKnock」になったという訳です。

 

ここで少し疑問が出てしまう方もいると思いますが、ではなぜ卒業を待たずに中退をしてまで起業をしたのでしょうか?

そのことについて2019年3月30日のYouTubeチャンネルで、以下のように説明していました。

 

東京大学卒業後、東大大学院へと進んだ伊沢拓司さん。

当初は研究者になることを志していましたが、実際に入学してみると自分よりもできる人ばかり。劣等感に悩まされたと言います。

そんな時「自分にできることは何か?」と考え、今まで活動していた「QuizKnock」を基盤に会社を作ることにしました。

卒業まであと1年待って……とは思わず、やろう!と思った時にすぐ行動に起こした結果、東大大学院・中退を選んだと言えますね。
 

伊沢拓司の実家の場所が気になる!プロフィールは?

ここで伊沢拓司さんのプロフィールと共に、実家の場所について調べていきましょう!

伊沢拓司(いざわ たくじ)
生年月日:1994年5月16日
出身地:埼玉県
出生地:茨城県

学歴:
・私立暁星小学校 卒業
・私立開成中学校 卒業
・私立開成高等学校 卒業
・東京大学経済学部 卒業
・東京大学大学院農学生命科学研究科農業・資源経済学専攻修士課程 中退

ふー……。最後、とっても長かったですね!

気になるのは出身地が「埼玉」になっていることです。

ということは、育ったのが埼玉と考えるのが一般的ですよね?

でも小学校や中高とどちらも都内の私立校へ通っています。

実家はどこにあるんでしょうか?埼玉から引っ越したのか?

調べてみると、私立暁星小学校は「飯田橋駅」か「九段下駅」。

埼玉から来ると仮定して、約1時間程度の通学になります。

私立開成中学・高等学校の最寄は「西日暮里駅」。

こちらも埼玉からくるとなると、約1時間程度ですね。

ちょっと通学時間としては長いのでは?と思いがちですが、有名な私立の学校に通うお子さんの中では、1時間程度の通学時間はそこそこいるらしいんです。

中には2時間かけて通う子もいるとか!

ご両親の方針で良い私立学校に通わせるため、埼玉から電車で向かわせていたというのは、「無い」とは言い切れなさそうですね。

また、東大に合格するために「東進赤羽校」に通っていました。赤羽といえば埼玉県川口市のお隣。

これらのことから考えて、伊沢拓司さんの実家は埼玉にある説が濃厚ですね!
 

伊沢拓司は林修の教え子?高田万由子の子供の家庭教師もしてた?

前項で出てきた「東進赤羽校」。

実は「今でしょ!」でおなじみの林修さんが予備校講師として勤めていた所なんです。

伊沢拓司さんも林修さんに直接指導を受けていたようで、「この人に付いていけば大丈夫だ」と信頼をおいていたとか……。

そして林修さんの指導の甲斐もあってか、伊沢拓司さんはみごと東大に合格しましたね!

 

またさらに情報として、高田万由子さんの息子の家庭教師をしていたこともあるそうで。

なんでもその息子さんは普段ロンドンに住んでいるので、日本語の軽いレクチャーから、日本語での教養を教えてもらえる人を探していたみたいです。

そこで伊沢拓司さんに白羽の矢がたちました。

伊沢拓司さんであれば、勉強としての知識だけではなく幅広い知識を教えてくれそうですもんね。

これはすごい適任なのでは?と思いました!
 

伊沢拓司の兄弟や中退、実家 まとめ

今回は元「東大王」の伊沢拓司さんについて調べてきました。

さすがと言いたくなるようなエピソードが満載で、こんな風に楽しんで知識を増やし活躍できているのは、ご両親の教育の賜物なんだな、と感じたり……。

ご兄弟はなく一人っ子だったというのも、ご両親の愛情が一心に注がれた理由ですよね。

せっかく入れた東大大学院を中退してまで起業し、新しい分野にも進んでいく伊沢拓司さん。

これからもどんな面白いことをしてくれるのか、楽しみでなりません!
 

こんな記事も読まれています

Copyright© 情報をお届け! , 2019 All Rights Reserved.