『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第2話のあらすじとネタバレ感想!

投稿日:2020-01-21 更新日:

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』あらすじとネタバレ感想

このページでは『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第2話(2020年1月19日放送)のあらすじ(ネタバレ注意)や感想について紹介。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は、2020年1月12日スタートの日本テレビ系のドラマです。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと、彼女を操る男・飼育員さんが 「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつけ、警察やマスコミが触れない「隠れた真相」を大胆に暴く物語が始まる!

【キャスト】川田レン(清野菜名)/森島直輝(横浜流星)/神代一樹(要潤)/佐島あずさ(白石聖)/門田明宏(山崎樹範)/加賀佳恵(椿鬼奴)/加賀春男(升毅)/川田 麻衣子(山口紗弥加)/Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)など

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第2話 あらすじ

レンと直輝は、東京誠立大学のキャンパスで学長の岸本がナイフを持った男に襲われる事件に遭遇してしまいます。

ナイフを持った男は岸本を刺した後、レンに襲いかかろうとしますが、直輝がレンを助けることでことなきを得ることができました。

 

学長傷害事件を受け、東京誠立大学副学長の池渕は記者会見を開きました。

岸本は意識不明の重体で、犯人は赤嶺という3浪中の浪人生であることが分かったのです。

マスコミは事件について追及を始め、神代(要潤)は犯人の動機について「あの告発が原因なのでは?」と質問します。

「あの告発」とは、東京誠立大学に通う岸本の息子・俊一の入試の成績表がネットに流出し、

その得点が大学の合格基準に達していなかったため、俊一は父親の権力によって不正に入学したのではないかと疑われている「不正入試事件」のことでした。

世間でも話題となっていた不正入試事件を知った赤嶺は、岸本への怒りから犯行に及んだのではないかと思われたのです。

池渕は神代の追及に対し、入試で不正があったことを認め、第三者委員会を設置して徹底的に調査すると宣言しました。

 

一方、直輝はMr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から、不正入試問題にシロクロをつけるようにと告げられていました。

レンは直輝に呼び出され、いつものパンケーキの店へ行き、パンケーキにかけられるシロップを見つめるうち意識は遠のいていきました。

そして、ミスパンダが出現。

直輝の指示を受けたミスパンダは不正入試問題の真相を調べ始めました。

 

↓この先、ネタバレになります。

全日テレビでは、神代とあずさ(白石聖)が東京誠立大学不正入試問題を番組で取り上げることを提案します。

しかし、チーフプロデューサーの飯田と、プロデューサーの田中は、「視聴率が取れない」と問題を取り上げることを渋っていました。

 

そんな中、東京誠立大学で第三者委員会が開かれたのですが、そこにミスパンダが駆け付け、第三者委員会の人物の中に不正入試問題の犯人が言い放ちます。

不正入学疑惑で学校でも生活しづらくなっていた俊一は、無実を証明するため神代の取材を受けることにしました。

しかし神代は、俊一に不利になる編集でインタビューを放送します。

そして追い詰められた俊一は、病院で昏睡状態の父の首を締めてしまうのです。

 

池渕と柳本の元に、岸本が死んだという知らせが入りました。知らせを受けほくそ笑む2人。

実は、俊一の入試の成績を捏造して不正入学疑惑を広めたのは、学長の座を狙う池渕と、池渕と組んで不正入学のパイプを作りたい柳本の策略だったのです。

 

すべての罪を岸本にかぶせることを思い立った池渕は記者会見を開き、不正入学が事実だったと発表します。

しかしその時、ミスパンダの映像が流れ、ある合コンの模様が中継されるのです。

そこには直輝と柳本の娘・美樹がいました。

美樹は、自分の父が偉い人の娘や息子をどんな大学にも入れられる権力を持っていると自慢を始めます。

 

すべての悪事が明らかになり、内輪もめを始める池渕と柳本。

そんな2人の前に、ミスパンダが岸本と俊一を連れてきました。

実は岸本は、生きていたのです。

俊一は父の首を締めようとしたところをミスパンダに止められ、彼女に協力した結果、悪事の一部始終は報道陣の知るところとなり二人の悪事は世間に晒されることになったのでした。
 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第2話 ネタバレ感想

濡れ衣をかけられた親子をミスパンダが救った今回。

自分の私利私欲のために人を陥れようとした副学長と柳本。

要潤演じるの神代の視聴率を追いかけるあまり、俊一の無実を世論を騒がせるために有罪にしてしまう感じが、批判を浴びるマスコミっぽくて現代っぽい演出でしたね。

 

今回も本当の真実を暴いたミスパンダですが、レンと直輝の過去も少しずつ分かってきました。

特にレンは自分自身で、過去の記憶を思い出し始めたようです。

レンにとても似た姉妹は母親の発言からすると亡くなっているようですが、レンの大人しい性格の変化もこのことと関係があるような感じ…。

そして、直輝は彼女であるあずさの父・Mr.ノーコンプライアンスこと佐島法務大臣と食事をしていました。

二人の過去のつながりも今後大きく展開してきそうな予感がします。

事件解決のたびに、少しずつ明かされていくレンと直輝の過去。どんな謎があるのか、これからも楽しみですね!
 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第2話を見逃した方は?

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第2話は
こちらから視聴できます↓

【Hulu】「2週間無料」で見てみる

今なら 2週間無料トライアル中

 





-シロでもクロでもない世界でパンダは笑う

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.