『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話のあらすじとネタバレ感想!

投稿日:

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』あらすじとネタバレ感想

このページでは『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話(2020年1月12日放送)のあらすじ(ネタバレ注意)や感想について紹介。

「シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。」は、2020年1月12日スタートの日本テレビ系のドラマです。

シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。

驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと、彼女を操る男・飼育員さんが 「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、世の中のグレーな事件にシロクロつけ、警察やマスコミが触れない「隠れた真相」を大胆に暴く物語が始まる!

【キャスト】川田レン(清野菜名)/森島直輝(横浜流星)/神代一樹(要潤)/佐島あずさ(白石聖)/門田明宏(山崎樹範)/加賀佳恵(椿鬼奴)/加賀春男(升毅)/川田 麻衣子(山口紗弥加)/Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)など

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話 あらすじ

囲碁棋士の川田レン(清野菜名)は、かつては天才囲碁少女と呼ばれていました。

しかし、23歳になった現在はネガティブな性格が災いし、負けてばかり。

 

レンはアルバイト先の囲碁喫茶で、上坂という国会議員が竹藪に吊るされた姿で発見されたというニュースを見ます。

上坂を吊るした犯人は「ミスパンダ」だと世間では話題を集めていました。

ミスパンダとは、世の中の裏で甘い汁を吸う悪人たちをこらしめて世間を騒がせている謎の人物。

上坂には、女性への性的暴行疑惑が持ち上がっていたためミスパンダにこらしめられていたのでした。

 

精神科医・門田(山崎樹範)のカウンセリングを受けているレン。

レンにとって通院の楽しみは、医学生・森島直輝(横浜流星)と会うことでした。

「パンケーキを食べに行こう」と誘ってくれる直輝に、レンは恋をしていたのです。

 

そんな直輝は、テレビ局の報道記者として働く恋人の佐島あずさ(白石聖)に頼まれて、“メンタリストN”という名でバラエティ番組に出演。

番組収録後、直輝は、あずさから、IT企業に勤める女性・愛菜(山口真帆)が飛び降り自殺した話を聞きます。

顔に包帯を巻いた姿で「醜い私、さようなら」と言い残した遺書代わりの動画をインターネットにアップしていた愛菜。

そんな愛菜の死に、インターネット上では“整形手術の失敗を苦にして自殺したのではないか?”など、さまざまな噂が広まっていました。

 

↓この先、ネタバレになります。

一方、Mr.ノーコンプライアンス(佐藤二朗)から指示を受けた直輝はレンをパンケーキ屋に誘います。

そして、直輝がパンケーキにシロップをかけると、レンの意識は遠のいていくのでした。

 

その夜、ビルの屋上でミスパンダが出現。

彼女を操る飼育員さんとなった直輝は「さぁ出番だよ、ミスパンダ」と告げます。

ミスパンダは、愛菜の葬儀に現れ、騒然とする参列者に向かって「アタシがシロクロつけるから!」と言い放ち、ミスパンダは愛菜の死の真相を暴いていきます。

整形で美しくなった愛菜は、新たな人生を生きようとしていましたが、IT企業社長の江本(和田正人)のパワハラとセクハラを受けていたのです。

整形後、愛菜は江本の部下・山崎とともに、告発動画をネットにアップすると江本に迫りました。

愛菜に歪んだ愛情を向けていた江本は、もみ合ううちに愛菜はビルの窓から転落させて殺していたのでした。
 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話 ネタバレ感想

闇に隠された真実を、忖度なく裁くミスパンダと飼育員さんのストーリー。

第一回目は、謎の死を遂げた女性の死の真相を暴くストーリーでした。

ゲストもかなり豪華でしたね。転落死を遂げた女性役に山口真帆さんを起用したりと、話題も集めた作品でした。

そして、現実の事件なども織り交ぜてブラックジョークを入れたり、実際にいる人物を想像させるような演出を盛り込んだりと演出も脚本も凝っていましたね。

動画で真実が暴かれたりするのは、現代っぽいですよね。

そして、真実を語られる様子がネット配信され公になる姿も痛快でした。

 

個人的には、パワハラセクハラ社長江本を演じた和田正人さんの演技が絶妙に気持ち悪くて、演技うまいなーと思ってしまいました。

そもそも、ミスパンダとは何なのか?飼育員とはなんなのかが暴かれるストーリーですが、初回なので謎がいっぱいでした。

今回、W主演を務める横浜流星くん演じる直輝も、清野菜名さん演じるレンも過去に何かしらの秘密を抱えている主人公として描かれていましたが、直輝は父親と、レンは母親との関係に何か秘密がありそうですね。

 

直輝がレンを操っている???のが催眠術というのもなかなか今までにないストーリーです。

横浜流星くんも、清野菜名さんもアクションは得意そうなのでそこが見どころかな。

また、レンのバイト先であり趣味?が囲碁というのもなんとなく渋いですが、レンが天才囲碁少女だった過去はストーリーに関係してくるのでしょうか?

そして、全ての謎の鍵を握っているのが佐藤二郎さん演じる佐島のようです。

Mr.ノーコンプライアンスと呼ばれ、直輝に世の中を騒がせてる事件の真相を暴かせますが、その正体は法務大臣というから驚き!

これからのストーリーでどんな謎が明かされていくのか楽しみですね!
 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話 まとめ

話題の2人のW主演でもある作品ですが、1話はまだ謎だらけ。

これから現実に起こるどんな事件にミスパンダは挑んでゆくのでしょうか?

また、直輝とレンの過去にミスパンダが誕生した秘密がありそうですね。これからが楽しみです。
 

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話を見逃した方は?

『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』第1話は
こちらから視聴できます↓

【Hulu】「2週間無料」で見てみる

今なら 2週間無料トライアル中

 





-シロでもクロでもない世界でパンダは笑う

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.