学生ママの思うこと

大学に通いながら育児中。日々気になったこと、思ったことをお届けします。

きゅうりの栄養:食べる意味ない?

きゅうりは食べる意味ないの?栄養がないって本当?

投稿日:

きゅうりは手軽に食べることができ、旬は夏ですが一年を通して購入することができ、食卓に登場することも多いですよね。

子供でもきゅうりを好きな子が多いです。私も大好き!きゅうりを切っているとき、ついついポリポリつまみ食いしちゃいます^^;

ですが、きゅうりは栄養がない、水分しかないともよく聞きます。

なぜそう思われているのか、本当にそうなのか、きゅうりを食べる意味がないのか、栄養がないのかについてご紹介します。

 

きゅうりは栄養がないのか?

 

結論から言いますと、きゅうりに栄養がないというのは本当ではありません。確かにきゅうりの95%以上は水分ですが、きゅうりにもしっかり栄養はあります。

 

きゅうりに含まれる主な栄養素はカリウム、ビタミンK、ビタミンC、食物繊維、βカロテンです。

βカロテンは、きゅうりの表皮のグリーンに含まれています。抗発がん作用や体内でビタミンAに変わり、髪の毛の健康維持や視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、のどや肺など呼吸器系統を守る働きがあります。

カリウムはきゅうりにたくさん含まれているので、ナトリウム(塩分)を排泄する役割があり、血圧を下げる効果もあり、さらに高血圧にも効果があります。

きゅうりに含まれているカリウムの量は、ナスの約1.4倍と言われているのです。

 

そして、きゅうりには利尿効果の高い成分も含まれているので体内の水分を調整し、むくみをとる効果もあります。

また、身体を冷やす働きもあります。暑い夏が旬なだけに、熱くほてった身体を冷やすのにもきゅうりが役に立っています。

さらに、食物繊維も多く含まれているので便秘の解消にもなります。

 

きゅうりに栄養がないと言われる理由

 

こんなにたくさんの栄養素があるきゅうりが、なぜ栄養がないと言われてしまうのか?というと、その理由はきゅうりが持つあるギネス世界記録に関係しています。

きゅうりは「Least calorific fruit」として、ギネス世界記録に登録されているのです。日本語に直訳すると「最もカロリーの低い果実」という意味になります。

確かに、きゅうりは100gあたり14キロカロリーしかありません。これが、いつの間にか世界で一番栄養が少ない野菜と誤解されて広まってしまったのです。

 

低カロリーだからといって、栄養素が少ないわけではありません。また、fruitとあるように果実として比較したものなので、野菜の記録ではありません。

植物学上ナスやきゅうり、トマトなどの果実を食用とする野菜は果菜類に分類されるのですが、この果菜類は果実に含まれるのです。

このような分類や日本語の直訳のとらえ方で、「きゅうりは栄養が少ない」という間違った解釈につながってしまった、と言われています。

スポンサードリンク

きゅうりを食べる意味:きゅうりの栄養や効果

 

ご紹介したように、きゅうりは栄養が豊富なので、食べる意味はもちろんあります

そしてきゅうりには、栄養以外の面において、食べることによって女性に嬉しい効果がたくさんあります。

 

例えば、きゅうりに含まれている「ホスホリパーゼ」という酵素は体内の脂肪分解を助ける効果があると言われています。

このホスホリパーゼは擦りおろすことでよく出てくるということから、きゅうりおろしを食べるダイエット法もあります。

 

また、きゅうりはβカロテン、ビタミンCが豊富ですので、肌荒れを防いでくれます。顔のパックできゅうりをのせているのを見たことがありませんか?私はやったことがありませんが、テレビでは見たことがあります。

さらに、きゅうりに含まれるシリカというミネラルが肌や髪の毛、つめの老化防止や修復作用があることがわかり、注目されています。

ただ肌の上にのせるだけで効果があるのですから、食べればなおさらです。肌や髪の傷んだところを内側から修復してくれる効果が期待できます。

ダイエットや美容に効果があるなんて、きゅうりは女性にとって嬉しい食材ですよね。

 

また、きゅうりには食欲増進の効果もあります。

きゅうりに含まれるククルビタシンという成分が胃液や唾液の分泌を促して、胃の働きを活発にするという働きがあります。

しかも抗がん物質としても研究されている成分なので、がん予防の効果も期待できます。きゅうりは夏が旬ですが、夏バテして食欲がないときにはもってこいの食材というわけです。

こう考えると、キュウリにはいろいろな栄養素や健康効果、美容効果があるので、十分キュウリを食べる意味があると言えますね。

 

きゅうりは食べる意味がないのか?栄養:まとめ

 

一年を通していつでも食べることのできるきゅうり。栄養はもちろん、健康にも嬉しい作用がたくさんあります。そのまま生で食べることができるので、便利な野菜でもありますよね。わざわざフライパンや鍋を用意しなくてよい!

きゅうりに栄養がないなんて噂は信じずに、気にせずたくさん食べてくださいね。

スポンサードリンク

-

Copyright© 学生ママの思うこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.