卵のサイズがわからない!基準になる1個の重さとは!?

卵のサイズがわからない!基準になる1個の重さとは!?

更新日:

お菓子作りは楽しいですよね。

ましては人にあげるとなってくると、見た目も味も完璧な仕上がりにしたい!

と思うのが乙女の気持ちですよね。

そんなお菓子作りに欠かせないのが「卵」です。

基本的なお菓子には卵を使っている物が多いですよね。

でも卵には色々な種類や大きさがあって、どれを選んだら良いのか悩んでしまいますよね。

料理本などをみてみると卵の表示には1コ、というように書かれていることが多いです。

ましてはお菓子作りに重要なのは、正しく計量する事だとおもいます。

正確に作りたいけれども、どれを選んだらいいのか分からない。

そんな方も多いと思うので、考えてみましょう。

卵のサイズ別一覧・わからない重量をご紹介!

 

卵のサイズ別一覧です。

鶏卵の規格は農林水産省で定めた鶏卵規格取引要綱によって

箱詰鶏卵規格10kg、パック詰鶏卵規格10個又は6個詰めのものをいいます。

鶏卵の大小は重量で表され、

種類の表示を補足するための色分けは以下のように 区分されます。

  • LL 赤色 70g以上 76g未満
  • L 橙色 64g以上 70g未満
  • M 緑色 58g以上 64g未満
  • MS 青色 52g以上 58g未満
  • S 紫色 46g以上 52g未満
  • SS 茶色 40g以上 46g未満

 

但し、最近の販売例では特殊卵(栄養強化卵)など

数多くの種類の卵が出回っていますが、

これ等上記の重量区分に合っていないミックス卵(MS~LL)などは

規格卵とはいえません。

 

また、栄養強化卵とは毎日の食事から

身体に役立つ栄養素を摂ることはとても難しいため、

それを補うことができる卵です。

引用:日本卵業協会:http://www.nichirankyo.or.jp/qa/iro.htm

 

卵のサイズと重さの関係

 

卵にはサイズがいくつかありますよね。

S,M,Lの重さはどれくらい違うのでしょうか。

殻を含めたサイズで比べてみましょう。

 

  • Sサイズの卵は46~52g未満
  • Mサイズの卵は58~64g未満
  • Lサイズの卵は64~70g未満

と決まっています。

こう比べてみるだけでも

SサイズとLサイズとでは24gも差があるのが分かります。

計量が大事なお菓子作り。この卵のサイズがの差がどれだけ仕上がりに

作用されてしまうのでしょうか。

 

卵のサイズは何で決まる?

 

では、卵によってなんでそんなに重さに差があるのでしょうか?

実は、どの卵でも卵黄の大きさはさほど変わりはありません

変わってくるのは、卵白の重さです。

 

卵白の大事な働きとしては、生地をふわふわに膨らませることですよね。

卵白の量に差がでてしまうと、生地の柔らかさに

問題が出てきてしまうのが分かると思います。

卵の量を間違えてしまうと、どのように影響が出てきてしまうのでしょうか。

 

例えばショートケーキのスポンジやシフォンケーキ等では、

小麦粉と卵とバターの比率がとても重要になってきます。

卵白をメレンゲにして膨らましても、卵白に対しての粉の量が多すぎたら

潰れて重くなってしまいますし、

逆に少なかったらべちゃべちゃになってしまいます。

 

その黄金比率とも言える他の材料とのバランスが崩れてしまうと、

理想としているお菓子を作るのが難しくなってしまいますよね。

又、用意する型のサイズも変わってきてしまうと思うので、

仕上がりの形にも違いが大きく出てしまうと思います。

 

卵の重量というのはとても大切です。

料理本によっては、最初のほうのページに、

「卵はすべてMサイズとして表記してあります」

のように書いてあったりもするので、

見逃さないように見てみて下さい。

卵 のサイズによって変わる重量基準の目安とは ?

 

何故卵のサイズはたくさんあるのでしょうか?

鶏の年齢によって、生まれてくる卵のサイズにバラツキが出てしまうのです。

若い鶏のほうが小さいサイズの卵を産み、

年を取った鶏のほうが大きいサイズの卵を産みます。

 

その理由は鶏は成長と共に卵管も大きくなるので、

その卵管を通って出てくる卵の大きさが変わってくるのです。

なので、色々なサイズの卵が存在します。

味は変わらないので自分の使いやすいサイズを購入したら良いのかと思います。

 

卵のlサイズをmサイズで代用できる?

 

サイズをあまり気にしないで購入してしまい、帰ってから見てみたら

LサイズがほしかったのにMサイズだった!!

なんて事もありますよね。

レシピにはLサイズと書いてあるのでMサイズのものを使って良いか

心配になっちゃいますよね。

 

私は、LサイズをMサイズだったら

そのままレシピと同じ個数で作ってしまいます。

サイズの規格を見て貰ったら分かるかと思いますが、

サイズによっての範囲も1サイズ5gほどの誤差があります。

 

殻付きでの重さの規格なので、

おそらくLとMサイズの差は5g程度に収まるのかなと

思いますので、そこはあまり気にしないでそのまま使ってしまいます。

 

もし、LサイズのところをSサイズを購入してしまった時は、

そのままは使わないでグラムで図って卵白を足したりして対応すると思います。

卵白の量はお菓子作りにはとても大切なものですが、

卵に関しては個体差がありますので

1g単位では気にする必要はないかな、と思います。

 

卵のサイズ間違えても大丈夫!卵白おすすめレシピ

 

SサイズとLサイズの卵のサイズを間違えて買ってしまって、

調節したら卵白が余ってしまったときの為に、

卵白のオススメレシピを少しだけ紹介します。

 

大人気のヨックモックのシガレットクッキーも、卵白のみで作れます。

とても美味しいですし、巻くのが大変ですが、

子供と一緒に作ってみたりするのにもオススメです。

他にはラングドシャも良いと思います。

サクッとした食感が大好きで、私はよく作ります。

 

お菓子ではなくおかずになってしまいますが、メレンゲを作って鍋の上にのせて

ふわふわ鍋にするのも変わり種で良いと思いますし、

余ってしまった卵白に困るけど、他になにか作るのが面倒な時は、

お味噌汁に卵白だけ足してもいいと思います。

それだけでいつものお味噌汁が少し特別なごちそう感が出ますよね。

 

卵白だけでフレンチトーストを作ってみたり、白いオムレツにしたり、

卵白はわりとどんな料理とも相性の良い、邪魔しない食材だと思います。

 

卵のサイズがわからない:まとめ

 

お菓子作りは難しいものも多いですけど、基本に忠実に

分量を守って行えばとっても美味しい物ができあがると思います。

楽しいお菓子作りの手助けが出来たらとってもうれしいです!

割れた卵の消費期限は?日持ちはするのか・使い道や保存方法は?

卵が割れてしまった!そんなあなたは、こちらをご参考にどうぞ↑

 

こんな記事も読まれています

Copyright© 情報をお届け! , 2019 All Rights Reserved.