『Dr.コトー診療所』のあらすじ&無料でみれる動画サイト

ドラマ

『Dr.コトー診療所』のあらすじ&無料でみれる動画サイトをご紹介

更新日:

今回は、フジテレビ公式動画サイト「FODプレミアム」で見放題のドラマ『Dr.コトー診療所』についてのあらすじや実際に見た感想をご紹介。さらに『Dr.コトー診療所』シリーズを全話無料で視聴できる動画サイトもご案内します。

『Dr.コトー診療所』は沖縄県にある与那国島をモデルとする架空の離島・志木那島(しきなじま)で、島唯一の医者として働く五島健助を描いた同名漫画が原作のドラマ作品です。

第1期が2003年に放送される話題になり、その後特別編や第2期なども製作されることとなりました。

キャスティングは『北の国から』シリーズでも知られる吉岡秀隆さんが主人公・五島健助を演じ、ヒロイン役である看護士の星野彩佳を柴崎コウさんが演じています。

では、早速『Dr.コトー診療所』のあらすじ(ネタバレはありません)からスタートしてみましょう!

『Dr.コトー診療所』
無料視聴はこちらから↓


 

『Dr.コトー診療所』あらすじ
(ネタバレなし)

『Dr.コトー診療所』は沖縄県にある架空の島・志木那島を舞台とした医療ドラマです。

そして、島民と医師とが同じように生活をすることで新しく生まれる、人間関係をテーマにしたヒューマンドラマでもあります。

 

物語の主人公であり、島で唯一の医師として奮闘する五島健助(吉岡秀隆)は、東京の大学病院で働く非常に優秀な外科医でした。

しかし、あることをきっかけに大学病院を辞めることとなった五島は、医者がひとりもいない僻地への赴任を希望します。

 

こうして南の島である志木那島へと移住し働くことになった五島は、村役場の民生課課長である星野正一(小林薫)に連れられ、沖縄本土から船で6時間も掛かる志木那島へとやってきました。

新天地で気分を一新し、また前向きに医師として働き始めようとする五島。

ただ、これまでに島へやってきた医師はすぐに辞めていってしまったという現実を見てきた島民たちは、当初あまり五島に対して歓迎ムードではありません。

 

そんな中、五島を連れてきた星野正一の娘で看護士の彩佳(柴崎コウ)は、五島に対して協力的な態度をとり、また村役場の職員で志木那島診療所の事務員でもある和田一範(筧利夫)もようやく来た新しい医師の五島をサポートするようになります。

しかし、五島が医師として志木那島に赴任してからというもの、島民たちはいつまで経っても診療所に訪れることがありません。

というのも、島民たちは五島に対して「東京から来た変わりもの」という認識を持っていたため、すぐには五島のことを信じられなかったからです。

そうした状況でも五島は真面目にやっていればいつか信頼してもらえる日がくると信じ、彩佳と共に診療所を開ける毎日を過ごします。

 

そんなある日のこと、島で漁師として働く原剛利(時任三郎)の息子・剛洋が急性虫垂炎になり診療所へと担ぎ込まれることになります。

診察をした五島は今すぐに手術をしないと危険だと告げますが、父親である剛利は五島を信用しておらず、本土の医師に診てもらうと自分の船で息子を連れていこうとします。

五島は一刻を争う事態ということを伝え、息子を連れて船に乗り込もうとする剛利を追いかけ、そのまま一緒に乗船。

結局、五島の手によって剛洋は助けられ、父親である剛利はすべてを信用したわけではないものの、五島へ感謝を告げることとなりました。

 

そして後日、五島は島に来て初めて助けた少年・剛洋から、その治療のお礼として旗をもらいます。

そこには「ドクターコトー診療所」と書かれており、また剛洋を助けたことで島民から少しだけ信頼されるようになった五島は次第に「コトー先生」と呼ばれるようになっていくことに。

コトー先生として段々と島民たちの間に定着していく五島と診療所。

 

五島は、島の人たちとの触れ合いを通じて、医療とは何かをまた再確認するようになっていきます。

しかし、そんな生活を送っていたコトー先生のもとに、大学病院を辞めるきっかけとなった週刊雑誌の記者があらわれ…。
 

ドラマ『Dr.コトー診療所』ここがおすすめ!

『Dr.コトー診療所』は医療系のドラマではありますが、どちらかというと医療を通じて島民たちと知り合っていくことで生まれる人間関係がメインのヒューマンドラマです。

実際に見た感想としては非常にキャスティングが良く、原作の五島健助と役者・吉岡秀隆の雰囲気が見事にマッチしている作品だと感じました。

 

また、基本的に1話につきひとつのエピソードといったオムニバスな形となっているので、1話ずつゆっくり見たいという人にもおすすめです。

 

途中、島民との絆が深まるごとにいろいろな問題も出てきてハラハラとさせられますが、コトー先生の持ち前の笑顔と優しさでなんとか切り抜けていく姿には感動をさせられること間違いなし。

しかし、それでも医師として救えない命もやっぱり出てくるわけで、島民のひとりである老人・明夫のオペを担当することになったコトー先生の「無力さにうなだれるシーン」などは悲しいけれども必見です。

そして、そんなコトー先生を見守る役である看護士・彩佳を演じた柴崎コウさんの演技もとても素晴らしく、まさに名女優だなと思いました。

 

ちなみにドラマ内ではコトー先生と看護士・彩佳の恋の行方も注目ポイントのひとつとなっていて、時折東京からコトー先生の昔の知り合いである女性や女医が現れるたびに彩佳がヤキモチをやく姿も可愛らしいです。

そんないろいろな要素が含まれている『Dr.コトー診療所』ですが、クライマックスで描かれるのは、コトー先生が島から離れることになるのか、それとも島民がまたコトー先生を必要としてくれるのかという部分です。

ラストはコトー先生が「大学病院を辞めた理由」というのも重要な鍵となってきますが、ぜひ、コトー先生自身が選ぶ決断というのをドラマでご覧になってみてください。

 

ドラマ『Dr.コトー診療所』まとめ

ここまでドラマ『Dr.コトー診療所』について、そのあらすじや実際に見た感想をまとめてご紹介してきました。

『Dr.コトー診療所』は第2期や特別編といったものも放送されていますが、フジテレビ公式動画サイト「FODプレミアム」に加入すればそのすべてが見放題となります。

過疎化が進む離島の医療問題に対して人間味溢れるヒューマンドラマの要素を加えた『Dr.コトー診療所』は、昔のドラマの中でも特におすすめの作品です。

ぜひ、あなたも一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。
 

『Dr.コトー診療所』がみれる動画サイトは?
FODプレミアムで無料視聴

FODプレミアムなら、『Dr.コトー診療所』を全話みることができます。

もちろん特別編も続編の『Dr.コトー診療所2006』も無料で視聴!

 

『Dr.コトー診療所』は
こちらから視聴できます↓

Amazonアカウントを使って申し込めば
最初の1ヶ月間は無料
無料期間で全話視聴しちゃいましょう!


 

こんな記事も読まれています

Copyright© 情報をお届け! , 2019 All Rights Reserved.