学生ママの思うこと

大学に通いながら育児中。日々気になったこと、思ったことをお届けします。

ハンバーガー

海外

カナダの食事の特徴とは?食文化の違いを知っておこう!

投稿日:

食事というのはその国を代表する文化の1つです。日本でいえば和食、中国でいえば中華料理など。

それでは、カナダといえばどんな食事でしょう?

カナダの家庭料理の多くは、皆さんがすぐ思いつく北米の食事、例えばハンバーガーやパスタ、ピザなどが主流です。

しかし、カナダは世界中からの移民を受け入れてきた移民大国でもあるため、多国籍な料理も楽しめます。

街では日本をはじめ中国、韓国、ベトナム、タイ、インド、メキシコ、イギリス、フランスなど世界各国のレストランを見かけます。

カナダという国は、移民の方達がそれぞれの食文化をカナダの食材を使い独自に発展させてきた食の宝庫とも呼べる国です。

ここでは、カナダで愛されているメジャーな料理を始め、日本とは少し違ったカナダの食文化と食事の特徴をご紹介します。

スポンサードリンク

一般的な食事の内容・量・味付けとは?

 

先ほどお伝えした通り、カナダの食卓でよく見かけるのはパスタやサンドイッチなどの洋食がメインです。

日本では一汁三菜のように、メインのご飯だけでなく小鉢が多く出されますが、

カナダでは、基本的にはメインとそれに沿えるサラダなどのシンプルな内容が定番です。

 

食事に関しても各皿に小分けに提供するのではなく、鍋や大皿を真ん中におき、各自で取り分けていくスタイルです。

なので、量に関しては自分で食べられる分だけ調整できるのは嬉しい点です。

 

味はケチャップやチーズなど単調な味が多く、少し飽きてしまいやすいかもしれませんが、テーブルには基本的に塩、コショウの調味料が準備してありますので、自分で調整しましょう。

海外のスイーツはどうしても甘い物が多いですし、実際カナダのスイーツも甘いです。

ケーキなどサイズが大きい物よりも、クッキーやパウンドケーキなど焼き菓子の方が日本人の口に合うでしょう。

 

カナダの食事の特徴:カナダで食べるべきメジャー料理

 

様々の国の食事を楽しめるカナダ、もちろんカナダ独自の伝統的な料理も存在します。

メープルシロップ

カナダは世界の約80%を生産している、世界最大のメープルシロップ生産国です。自然から生まれた甘味は絶品です。

ぜひパンケーキやフレンチトーストと一緒に、本場の味を試していただきたいです。小分けの瓶はお土産にも喜ばれます。


有機メープルシロップ グレードA アンバーリッチテイスト 330g|Cadeau du Quebec

こちら、カナダのケベック州で採取されたメープルシロップ。

100%純粋、着色料や添加物は一切含んでいません!

 

プーティン

フライドポテトにグレイビーソースとチーズをかけた一品。

グレイビーソースとは、食肉をベースに作ったソースでこのソースがまた食欲をそそります。

カロリーはこの際考えないようにしましょう。

感謝祭(サンクスギビングデー)でも、よく七面鳥とともにグレイビーソースが食べられますね。

感謝祭の料理とレシピまとめ!七面鳥など食事が豪華!

 

アイスワイン

デザートワインともいい、凍ったブドウのみを使用して作られたワインです。

名前の通り甘口ですので、女性へのお土産にもいいかもせれません。

 

ナナイモバー

ブリティッシュコロンビア州のナナイモという街で生まれたチョコレート菓子です。

昔に、炭鉱で働く人々の奥様達が重労働に耐えられるように作ったもので、

チョコレート、カスタードのバタークリーム、クッキー生地が層になったお菓子。

聞いただけで美味しそうですよね!(笑)甘いものが好きな方におススメです。

 

魚料理

カナダでも海に面した西海岸などでは、よく魚が食されます。そのため、日本のお寿司などもメジャーです。

特にサーモンは様々な種類があり、鮮度も抜群です。お土産用にはスモークされたものやジャーキーなど色んな形で楽しめます。

他にも牡蠣やホタテなど、ぜひ新鮮な海の幸を堪能してください。

スポンサードリンク

カナダの食事の特徴:日本とは違う食文化

 

各国には、その国でしか味わえない食文化があります。

もちろんカナダでもそうです。

 

ブランチ

最近日本でも流行り始めている朝食カフェですが、カナダにもこの食文化があります。

特に朝食と昼食の間に食べる「ブランチ」が有名で、店舗も豊富です。

 

カナダでは週末になると友人や家族とブランチに出かけるカナダ人が多く、人気店では長蛇の列ができるほどです。

日本でも人気のパンケーキやフレンチトースト、エッグベネディクトなどぜひ本場のブランチを楽しんでみてください。

 

ベジタリアン

他にも、日本ではあまり見かけませんが、カナダでは多くの菜食主義者、「ベジタリアン」の方がいます。

宗教的理由でお肉の摂取を控えている方、健康を気遣いヘルシーなメニューを選ぶなど、ビーガンメニューを選ぶ方の理由は様々です。

そのため、スーパーやレストランでも大抵ベジタリアンの方向けのメニューが準備してあります。

移民大国であるカナダだからこそ、色んな国の方の食のスタイルを尊重した環境が整っている素晴らしい点だと思います。

 

カナダの食事の特徴:まとめ

 

カナダの食文化と食事の特徴はいかがでしたでしょうか?

日本にはない魅力的な食文化ですよね!

留学や長期旅行で海外を訪れるとどうしても、現地の味に飽きてしまい日本食やその他の味を求めてしまいますよね。

カナダでは、そういった心配はありません。ぜひカナダならではの料理だけでなく、世界各国の料理をカナダで楽しんでみてください。

カナダの食事のマナー9選!旅行や留学の前に知っておくべきこととは?

カナダの食事の文化・特徴もそうですが、食事のマナーも絶対知っておくべき!知らないと、恥ずかしい思いをすることになりますよ・・・

カナダ留学の持ち物!女性と男性へオススメ品を実体験からご紹介

また、カナダ留学に行くなら、こちらも必見です↑

 

スポンサードリンク

-海外

Copyright© 学生ママの思うこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.