学生ママの思うこと

大学に通いながら育児中。日々気になったこと、思ったことをお届けします。

服装

留学

カナダの高校生の服装やファッション!学内や学外・私服や制服は?

更新日:

人気の留学先の1つでもあるカナダ。でも現地の高校生活ってどんな感じかあまりイメージがつかないですよね。

学校のサイズや授業のシステム、留学前に知りたいことはつきませんよね。

その中でも特に日々の服装は気になりますよね。

  • 学校に制服はあるのか?
  • ない場合は何を着ていけばいいのか?
  • 校則は厳しいのか?
  • どのようなファッションが流行っているのか?

今日は、そんなカナダの高校生の服装事情についてご紹介ていきます。

スポンサードリンク

カナダの私立高校では基本的に制服

 

カナダのほとんどは公立高校のため、私立高校はかなり数がしぼられます。

私立高校も女子高校や共学高校など様々ですが、基本的に私立の高校は制服になります。

カナダの制服はブレザータイプが基本で、男女共学が多いため、日本のようにリボンはなく、男女共通してネクタイのデザインがほとんどです。

ブレザーやシャツ、スカートなどは学校の指定があるため費用がかかります。

 

ただし、季節に応じてアレンジがききます。

例えば女子高校生でいえば、寒い時期は靴下だけでなくタイツの着用も多いです。

こういった靴下やカバン等を含め基本的に小物は自由な面が多いですね。

 

指定服にも種類があり、シャツには白と水色のカラーバリエーション、セーターやベスト、運動用のジャケット様々なユニフォームがあります。

更に卒業生になるとGrad wearといってその年の卒業生限定の服を卒業生の生徒達が自身でデザインします。

そのため、卒業生はそちらの着用もOKとなります。そう考えると、日本の制服よりも色々自由がきくのかもしれません。

 

ただし、日本と同じく風紀の先生もおり、スカートの短さなどは日本と同様注意を受けます。

他にもシャツを出して着用していると指摘を受けます。

そしてこの注意が重なると休日に学校付近の清掃というペナルティが課されます。

制服だけでなく体育の授業でも統一のスウェットやTシャツがあり、こちらも指定の物を購入する必要があります。

 

カナダの公立高校では基本的に私服

 

反対に公立高校では、完全に私服での登校になります。

体育などの授業も、自身で楽な服装を持ちより着替えて参加します。

もちろんカバンや靴等も含め、自身のコーディネートで日々オシャレを楽しめるのが特徴です。ただし、私服とはいえ宗教的なメッセージや人種差別的なメッセージのものは禁止されています。

 

自由な服装が認められている公立高校ですが、学校への洋服は基本的にはオシャレというよりは楽なもの、機能的な服装が多くみかけられます。

男性高校生に関してもほとんどがTシャツにジーパンなどカジュアルなファッションが多いです。

その中でもカナダの高校生に定番の服装をご紹介します。

LuLulemonのヨガパンツ

Lululemonとはカナダ発祥のヨガウェアで着心地がとてもよく、タイトなシルエットで女性に人気です。

ヨガウェアとしてだけでなく、私服としても人気で女子なら必ず1枚は持っている定番の私服です。


ルルレモン ランニング ウェア lululemon athletica Run: Swiftly Tech V Neck カラー:コーラルグレープ

ブランド物なので、なかなか良い値段がしますよねぇ〜・・・

 

TNAのアイテム

こちらはカナダ発祥のセレクトショップAritziaで取り扱っているブランドで、カラーバリエーション豊富で暖かいパーカーから、ウィンタージャケット、カウチンセーターなど

特に冬アイテムが豊富なブランドです。

こちらもカナダの女性には絶大の人気があり、大型ショッピングモールには必ず店舗があります。

ムートンブーツ

寒い冬を乗り切るのには欠かせないアイテム。

ジーンズに合わせるなど様々なファッションと合うアイテムですが、カナダではよくスウェットにムートンというのが寒い日の定番ファッションです。

スポンサードリンク

高校以外のカナダの高校生の服装・ファッション

 

登校日以外の私服でも上記のアイテムは愛用されていますが、日常生活ではその他にもカナダの男女共通でスキニージーンズが定番です。

女性に関しては胸が開いているトップスも多くありますが、向こうではそれが普段着です。

そして少しビックリするファッションが、レギンスとトップスのみのファッションです。

お尻のラインがくっきり出てしまうので、日本の男性は見慣れないと少し目のやり場に困ることも・・・。

 

男性に関してもほとんどがTシャツにジーパンなど、カジュアルなファッションが多いです。

男女全体を通して服装でオシャレをするというよりは、シンプルな服装にこだわりのカバンや靴などの小物を合わせるスタイルがメジャーです。

 

カナダの高校生の服装:まとめ

 

カナダの高校生はあまりオシャレには力は入れていないかもしれませんが、自分の好きな服装で気軽に出歩けるというのは良い点の1つかもしれませんね。

普段の服装はカジュアルやラフなものが多いですが、卒業の際はパーティードレスを着用し参加するディナーや、

街のブランドショップから服をレンタルし行う卒業生のファッションショーなど、オシャレを楽しめるイベントもいっぱいあります。

何かを始めるのにまずは見た目からという人も多いと思います。

ぜひカナダでの高校生活をまずはファッションから楽しんでみてはいかがでしょうか?

カナダの高校の時間割と1日の流れってどんな感じ?留学前に必見!

カナダの高校の科目って?数学はどんな感じ?

カナダ留学中の高校生はバイトできる?条件や時給など日本と比較!

カナダの高校の関連記事は、こちらも是非どうぞ↑

 

スポンサードリンク

-留学

Copyright© 学生ママの思うこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.