学生ママの思うこと

大学に通いながら育児中。日々気になったこと、思ったことをお届けします。

おすすめスポット

新大久保のアーガンでネパールランチの口コミ!オススメメニューも

投稿日:

新大久保はコリアタウンとして知られていますが、ネパール料理も結構多いって知ってました?

ネパール料理のお店はいくつかあるのですが、その中でも私がオススメする「アーガン」(AANGAN)を紹介します。

ということで、新大久保で本格的なネパール料理が食べられる

「アーガン」(AANGAN)のランチの感想口コミとオススメのメニューを書いてみました。

スポンサードリンク

新大久保のアーガン(AANGAN)の基本情報

店名:ネパール民族料理 アーガン(AANGAN)

所在地:東京都新宿区大久保2-32-3 リスボンビル4F

営業時間:11:00~24:00

定休日:年中無休

アクセス:JR「新大久保」駅から徒歩4分

 

ネパール民族料理のお店、アーガン(AANGAN)。

ネパール語では、キッチンという意味があります。

食べログでは星5つのうち、3.6と高評価!

そして、年中無休というのも嬉しいポイントです。

 

新大久保のアーガン(AANGAN)のランチのオススメ料理

 

私はこちらに5回ほど行きましたが、その中でもオススメの料理をピックアップしていきます。

 

オススメの注文方法としては、人数ー1〜2個のセットと、単品おかず数品です。

私たちが4人で行った時には、タカリダルバートセットを2つと

下記のおかず(モモ、肉バラ、パニプリ、マトンセクワ)

を注文して、4人とも超お腹いっぱいになりました。(ちなみに、私女1人と男3人です)

特にセットはボリューミーなので、注文しすぎには気をつけてくださいね。

 

セット

まずは、セットから。

色々なセットがありますが、どれもかなりボリューミーです。

なので、紹介する一番小さいセットを頼んでから、足りなかったら単品おかずを

注文するのが賢いと思います。

 

私たちがよく注文するのはコレ、タカリダルバートセットです。

ランチセット

一番小さいセットですが、これだけでも結構お腹いっぱいになります。

ご飯にカレー2種類、じゃがいものおかず、小松菜のおひたしのようなもの、

大根の漬物、人参ときゅうり、パパドとトマトの漬物のセットです。

パパドとは、写真の手前にある巻いてあるものです。

豆を粉状にしたものからできたおせんべいのようなものです。

揚げてあり、ちょっとピリッとしていますが癖になる味です。

 

左にある赤いソースのようなものがトマトの漬物(漬物っていうのか?)だそうですが、

これがかなーり辛いので要注意。

ちょびっと味見からスタートすることをオススメします。

 

モモ(蒸し餃子)

なんと言うこと〜!

モモの写真を撮り忘れてしまいました・・・・

ネパール料理と言ったら外せないのがコレ。

モモです。蒸し餃子のことです。見た目は小籠包にソックリ。

中からジュワッと汁が出てきますので、食べるときは火傷をしないよう要注意。

 

タレがあるので、そのタレに付けて食べます。

スープモモもありますが、個人的には普通のモモが好きです。

 

肉のバラ(パンケーキ)

こちらは、バラと言うものです。

豆を細かく粉状にしたものを生地にしています。

なんと、小麦粉は一切入っていません。(夫いわく)

パンケーキと説明されますが、日本人が思い浮かぶパンケーキとはちょっと違います。

もちろん甘くはありません。

どちらかと言うとお好み焼きに近いかな〜と思います。

味は全然違いますが・・・・

 

肉のバラ

 

全体の写真はないのですが、こちらは切り分けたものです。

スープ(タレ)も別についてくるので、それに浸けて食べます。

写真では、スープはかけちゃっています。

 

アーガンではプレーンバラ、肉バラ、エッグバラ、ミックスバラとありますが、

オススメはこちらの肉バラです。

 

パニプリ

名前からして可愛いですよね、パニプリ!(笑)

名前も可愛いですが、見た目も可愛くて味も癖になる!

私のお気に入りの一品です。

 

パニプリ

(画像がやけに黄色っぽくてすみません・・・画像編集ソフトの調子が悪くて勝手に色調を変えられました)

 

見た目、斬新ですよね。こういう形のもの和食にはないですよね。

揚げているのでサクサク、中にはマッシュされたじゃがいもとグリーンピースが入っています。

上は開いていますが、これはスープのためです。

どういうことかというと、このパニプリをスープの中にディップするのです。

そして、一口で食べる!

これがね、面白い味なんですよね〜

スープだけだとちょっと塩辛いですが、パニプリと一緒に食べるとちょうど良いです。

で、この大きさ(一口大)なのでついついパクパクたくさん食べちゃう(笑)

全く辛くないのでご安心を〜

 

マトンセクワ(串焼き)

こちらが、マトンセクワ。串焼きのことです。

マトンのセクワ

 

ネパール料理では、マトン(羊の肉)がよく登場してきます。

マトンカレーもどこのネパール料理のお店にあります。

日本では、マトンって滅多に食べないですしスーパーにもなかなか売ってないですよね・・・

それが残念です。家でもマトンを調理したいのに。

 

ちょっと塩っぱいですが、串焼きのマトンってなかなか食べないと思いますのでオススメです。

スポンサードリンク

新大久保のアーガン(AANGAN)のランチの口コミ・感想

 

料理

料理に関しては、ボリューミーでかつ美味しいです。

ネパール人の義父を連れて行きましたが、本場のネパール料理よりも塩気が抑えてあると言っていました。

そこは日本人の口に合うように調整されているんでしょうね。

確かに、そこまでしょっぱくはないですが、人によっては少し塩気が強いと

感じる人もいるかもしれません。(薄味好きの私にとっては、少し塩っぱいです)

でも、ネパール料理って和食よりは塩っぱいのでそこは仕方ないでしょう。

 

また、スパイスをたくさん使っているので辛いものが苦手な人は注意です。

かと言って、何でもかんでも辛いというわけではなく、例えば上記でいうモモやバラ、パニプリとセクワは

全然辛くないです。(モモのタレは、少し辛いかもしれません)

なので、心配であれば店員さんに聞くといいです。

店員さんも日本人かと間違えるほど日本語が上手なので、優しく教えてくれます。

 

赤ちゃん・子供もok

私たちは0歳児の息子を連れて行きましたが、店内は広いのでベビーカーokですし、

子供用の椅子もあるので赤ちゃんや子供連れでも大丈夫です。

グズっていた息子も、しばらくするとニコニコ。

 

子供椅子に座っている息子

 

席も禁煙席と喫煙席とで別れているので、子供がいても安心です。

キッズメニューはごめんなさい、確認し忘れてしまったのですが、なかったような・・・・

次回行った時に確認して、追記しますね。

 

まとめ

 

以上、新大久保でネパール料理を食べるなら、アーガン(AANGAN)がオススメだよ、という口コミでした。

とにかくネパール人も満足するような味の美味しさとボリューミーさ!

ランチと書きましたが、ディナーでも同じようなメニューで、変わらないですよ。

上記では私のオススメ料理を紹介しましたが、他にも日本人にはあまり知られていない

ネパールおかずのメニューがたくさんあります。

なんだかまたアーガンに食べに行きたくなってきた(笑)

スポンサードリンク

-おすすめスポット

Copyright© 学生ママの思うこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.