山田裕貴はゴーカイジャー出身!高校や出身地は?父親がプロ野球選手!

投稿日:

山田裕貴のゴーカイジャーや高校・出身地・父親

NHK朝ドラ「なつぞら」や「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイブルーで知られる山田裕貴さん。

今回は高校や出身、プロ野球選手の父親について情報をまとめていきます。

どうぞ最後まで楽しんでいってくださいね!

山田裕貴は「海賊戦隊ゴーカイジャー」のゴーカイブルー出身!

山田裕貴さんは、2011年から2012年まで放送されていた「海賊戦隊ゴーカージャー」でゴーカイブルー/ジョー・ギブケンを演じていました。

クールでストイック、冷静沈着な存在として描かれていたので、どこか孤高な存在というイメージの役柄でしたね。

 

ちなみに脚本の荒川稔久さんによると、ゴーカイブルー/ジョー・ギブケンのモデルは元中日ドラゴンズの選手・監督の高木守道さん。

ジョー・ギブケンという名前も高木守道さんの出身校・岐阜県立岐阜商業高等学校の略称「県岐阜商」から来ているそうです。

 

近年では「なつぞら」で見せたちょっととぼけた役や、バラエティ番組で見せるいじられキャラなど、ゴーカイジャーのゴーカイブルーとは違ったイメージで驚いている人もいるようです。

博多大吉さんもその一人。

あさイチのプレミアムトークでは、「なつぞら」出演中の山田裕貴さんについて

「ゴーカイブルーの子? いやこんな感じじゃない。ブルーは無口だもん」

と話していました!

 

ただご本人も「チェリー」のインタビューにて、ご自身を「人見知り」「もともとはこんなにしゃべれない」「臆病」「不安症」「外に出たくないタイプ」とも話していました。

しかし同インタビューで、それでも役者という仕事を通して人の出会いの大切さを学んだことから、さまざまな人との交流を積極的にしていこう!と心がけているんだとか。

その他にも「スーパー負けず嫌い」「いじられキャラ」「宴会部長気質」と自分を分析していましたよ!

さすがにインタビュアーの方も混乱していました(笑)

ともあれ、色々な面がありカメレオン俳優と言われている山田裕貴さんの魅力は一筋縄ではいかないようですね!
 

山田裕貴の高校はどこ?学歴は?卒アル写真をご紹介

まず山田裕貴さんの出身高校からご紹介いたします。

山田裕貴さんは「東邦高等学校」のご出身。

2019年に東邦高等学校がセンバツ優勝を果たした際、“母校” に向けてメッセージを発していました。

「この度は選抜優勝おめでとうございます。小さい頃、プロ野球選手になるのが夢で小中と野球をやっており甲子園も憧れの舞台でした。野球の道は挫折し、東邦高校で野球をすることはありませんでしたが現東邦野球部のコーチでもある当時クラスメイトだった親友を甲子園に応援しに行った事をとても鮮明に覚えております。なので、甲子園という舞台には特別な想いがあり平成元年の優勝に始まり平成最後を締めくくる優勝、自分の事のように感動しています。そしてこれだけに止まらず令和元年の夏、東邦高校がまた優勝旗を掲げる姿を見れるよう祈っております」

また父親の母校でもあるため、山田裕貴さんの出身高校が「東邦高等学校」であることは間違いなさそうです。

山田裕貴の高校の卒アル写真を発見!

目元や眉毛が今よりキリリッとしていますが、それ以外はほとんど変わりませんね。

シュッとしたイケメンですし、高身長なことから学生時代はモテたんだろうな〜と思いました。

 

しかし!インタビューや舞台挨拶で学生時代の恋愛について話をした内容をまとめると、かなり奥手で一途なイメージ……。

なんでも女の子と話すだけで顔が真っ赤になったり、初めての彼女と手を繋ぐのに4ヶ月かかったり。一途すぎて同じ女の子に5回も告白したこともあったそうですよ。

後述いたしますが、山田裕貴さんは中学時代まで野球に専念した青春をすごしていたようですし、“野球しかやってこなかった” ということなんでしょうね。

とはいえご自身のツイッターにアップされた高校時代の写真を見ても、やっぱりモテてきたはずだ!と思ってしまいました。
 

山田裕貴の中学校や小学校はどこ?

次に山田裕貴さんの中学校・小学校についてご紹介いたします。

こちらのツイートを参照すると……

中学校が「若水中学校」
小学校が「高見小学校」

の可能性が非常に高いですね。

 

またこちらのツイートでは中学3年の時の話をしているので、中学校は若水中学校で間違いないのでは?と感じました。

小学校に関しては1ツイートの中に両校組み込まれていますし、一般的に小学校同じ学区の人はそのまま同じ中学校に進学することが多いため、「高見小学校」出身と考えて差し支えなさそうです。
 

山田裕貴はどこの大学?

学歴が前後してしまいますが、念のためお伝えしておくと山田裕貴さんは大学へ進学していません。

高校卒業と同時に芸能界入りを目指していましたので、大学進学の道は選ばなかったようです。

山田裕貴のプロフィールや出身地!

山田裕貴(やまだ ゆうき)

生年月日:1990年9月18日
出身地:愛知県名古屋市
身長:178㎝
血液型:O型

出身地は愛知県名古屋市!

若水中学校のある地域から予想するに、名古屋市千種区ではないか?と思います。

 

高校卒業後に芝居を勉強したいと思い、ワタナベエンターテインメントカレッジに6期生として入所。

その時はデビューオーディションではなく「D-BOYSスペシャルユニットオーディション」を受けていたため、合格して「D2」入りとなったんですね。

 

その後「D2」が「D-BOYS」へ加入することとなり「D-BOYS」メンバーに。

そして初めてセリフがついた役が「ゴーカイジャー」のゴーカイブルー/ジョー・ギブケンでした。

その後D2メンバーとしてドラマや映画などに出演が続きますが、現在は1人の俳優として大河ドラマや朝ドラ、数多くのドラマや映画に出演中です。
 

山田裕貴の父親は元プロ野球選手!

最後に山田裕貴さんの父親についてご紹介いたします。

父親は中日ドラゴンズ・広島カープに所属していた元プロ野球選手の山田和利さん。

引退後はコーチとなり、2020年度は広島カープで内野守備・走塁コーチを務められています。

 

山田裕貴さんも父親の背中を追いかけ、小学校・中学時代には野球に専念していました。

中学で学校の部活には入らず、シニアリーグの「名古屋北シニア」に所属。

しかし、周りとの体格差やライバルの技術のすごさを痛感し、「上には上がいる」と野球の道を諦めることに。

 

俳優になったきっかけも、父親を大きな “壁” と感じていたことから「俳優になってたくさんの人の心を動かせたら父に喜んでもらえるかもしれない」「父親の壁を超えたい」と思ったことからだそうです。

 

そんな山田裕貴さんが 2018年、ナゴヤドームで中日ドラゴンズのユニフォームを身にまとい、父親の背番号を背負って始球式に参加したことは大きな意味があったのではないでしょうか。

投球後のインタビューでは感極まった山田裕貴さんが涙する場面もあり、本当に野球が好きだった、父親の存在が大きかったんだな、と感じました。
 

「山田裕貴のゴーカイジャーや高校・出身地・父親」まとめ

今回は俳優の山田裕貴さんについて情報をまとめてきました。

  • ゴーカイジャーのゴーカイブルー出身
  • 高校は東邦高等学校
  • 出身地は愛知県名古屋市
  • 父親は元プロ野球選手の山田和利さん

近年出演作が増え始め、ぐんぐんとお茶の間にも浸透している山田裕貴さん。

いつかお父さんを超えて、俳優として大きな存在になりたいと考えていることが分かりましたね。

2020年も出演作が続々公開&放送される予定なので、今後も山田裕貴さんの活躍を見守りたいな、と思います!

 





-俳優

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.