MBのファッション哲学!ユニクロのレポやおしゃれの法則まとめ

投稿日:

MBのファッション哲学やユニクロレポ、おしゃれの法則

独自の “MBメソッド” でファッションに自身のない男性を救ってきた、バイヤーでファッションブロガーのMBさん。

だれでも手に取りやすいユニクロの製品を基準としたコーディネートも多く、広く伝わりやすいおしゃれの法則を提唱されています。

しかし、ブログや書籍、オンラインサロンなどと活躍が多岐に渡るため、これから “MBメソッド” を取り入れたい!簡単にMBさんのファッションへの考え方を知りたい!

というファッション初心者の方はどこから手をつけていいか不安になってしまいますよね。

今回はそういった方に向け「MBメソッド」をご紹介する記事をまとめてみました!

ぜひ最後まで楽しんでいってくださいね。

MBのファッション哲学やプロフィール!

MB

本名:清水千広
生年月日:1982年10月1日(推定)
出身地:新潟県
身長:不明
血液型:不明

ご本人のYouTubeチャンネルにて色々な質問に答えていますので、MBさんのことがもっと知りたい!ということはこちらをチェック!

さて、ファッションに関するさまざまな活動をされているMBさんですが、ここまで人気となったのは、ファッションを “センス” ではなく “ロジック” で語ってくれる点だと思います。

ついつい「ファッションを楽しむためにはセンスが必要」と考えてしまいますが、MBさんはそんな “センス頼り” の考え方はしていません。

そのためファッション哲学も「言われてみれば……」と膝を打つ内容でした。

MBさん曰く

「自分のための服を着ないようにする」
「自分らしいスタイルはなくていい」

なるほど、基準を自分ではなく相手に置く。

そうすることでどんな服装をするか?という基準が決まりますよね。

自分がどんな服を着たいか?自分の個性をどう出したいか?と考え出すとエゴが入ってしまうため、ドツボにハマってしまうことも……。

しかしそれは “MBメソッド” を学んだあとに応用していけばよい話で、まず「何を着たらいいのか分からない」というファッション初心者の方は、相手が喜んでくれるようなファッションを目指すのがいい、とミモレのインタビューでも話していました。
 

MBがオススメするユニクロアイテムは?

さて。MBさんと言えば自ら「ユニクロ研究家」と名乗っているほどユニクロ愛の強い方!

新R25や現代ビジネスのインタビューでもユニクロについて熱く語っており、ご本人もユニクロを日常的に使っているからこそ、おすすめアイテムがいくつもあるようです。

ファッションはどうしても季節や時期によって流行がありますから、今回は定番アイテムのご紹介をしていきますね。

まずMBさんが初心者に最初にオススメしたいのが黒スキニー。

▼ユニクロ ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズ ¥2,990(税別)

2017年10月16日の「得する人損する人」に出演した際、さまざまな年代・体型のおしゃれの興味がない男性を、たった1つのアイテムで劇的に変身させる!というコーナーに出演されていました。

そんなとき、オススメしていたのがこの黒スキニーなんです!

日本人の多くはトップスを買うことが多く、カジュアルなアイテム(パーカー・Tシャツなど)が増えてくるんだとか。

そのためトップスのカジュアルとバランスを取るためには下半身を整えることが必要で、膝から下が細くなっているテーパードのスラックスや、黒のスキニーを合わせることで、大人っぽさをグンと引き上げるコーディネートに変身します。

MBさん的にはスラックスよりも黒スキニーの方が圧倒的に安く、手入れの必要もないのでベスト!とのことでした。

たしかに細身のパンツであれば、トップスが細身でも大きめでもどちらでもバランスが取れますし、マストアイテム間違いなしでしょう!

 

またこちらの動画では2020年春夏に買うべきアイテムを紹介しています。

何から買っていいのか分からない……という方はMBさんの公式YouTubeチャンネルに登録すれば、最新の情報を更新してくれますよ。

洋服以外にもユニクロの商品開発の凄さによく触れているMBさんは、以下の3アイテムも激プッシュされています!

▼コンパクトアンブレラ ¥1,500(税別)
傘の部分がくるくると回ることで強風が吹いても折れない設計になっている
 
▼ベリーショートソックス ¥390(税別)
「脱げない」を目指し毎年改良を重ねられている
 
▼サングラス ¥1,500(税別)
日本人に合わせ、鼻のパッドを改良。外国人がサングラスをかけた時と同じように眉毛まで隠れる大きさに設計されている


 

MBのおしゃれの法則 “MBメソッド” とは?

ではMBさんの提唱されている “メソッド” について解説していきます。
 

「ドレス:カジュアル=7:3」

ドレス=スーツ、スラックス、シャツ、革靴、レザーバッグなど
カジュアル=ブルゾン、デニム、スウェット、スニーカー、Tシャツなど

MBさんがまず基本として伝えているのは、ファッションはトータルのバランスであるということ。

スーツだけでは仕事着になってしまうし、カジュアルすぎると砕けたイメージを持たれてしまいますよね。

そこでドレスに分類されるアイテムの割合を7とし、残りの3でカジュアルを取り入れることが大事。

例)セットアップの上下 Tシャツ スニーカー レザーバッグ
 

シルエットは「I」「A」「Y」のどれかで整える

洋服を着た時の全体のシルエットがこの「I」「A」「Y」のどれかになるよう、整えていくことが必要です。

「I」…上半身・下半身 どちらも細い
「A」…上半身 細い、下半身 太い 
「Y」…上半身 太い、下半身 細い

例えば、前段でご紹介したユニクロの黒スキニーをはいた場合、「I」と「Y」のシルエットを作ることができますね。

手持ちのアイテムを上下組み合わせたときにどんなシルエットになっているか?

できれば全身が確認できる姿見でチェックしてみましょう!
 

「色はモノトーン+1色まで」

色の組み合わせやおしゃれに自信のない方は、色を「モノトーン+1色に抑える」のが吉。

モノトーンはスーツをイメージさせ、色はカジュアルをイメージさせます。

そのため全体のバランスの時にMBさんが提唱されていた「7:3」がここにも活きていると考えてくださいね。

そうすることでバランスが取れるようになり、カジュアルすぎたり奇抜な印象を与えなずおしゃれ感を演出できます。

ただ鮮やかな色味を使う時には面積の大きいものは避けましょう。バッグ、ブレスレット、キーホルダー、靴などがいいですね。
 

「着こなしに抜け感を出すために、首や手首、足首の “3首” を出す」

似たアイテムを使っていても、ボタン1つ胸元があいている、腕まくりをすることで手首が出ている、アンクル丈を選んで足首を見せる、といったスパイスを効かせると、とたんに “抜け感” が出てきます。

キチッ!カチッ!としたアイテムでも抜け感を出すことで、程よい余裕や軽さが出るのでオススメとのこと。
 

おしゃれが決まらない時はボトムスの見直しを

こちらは前段のユニクロ・黒スキニーでもご説明しましたが、シルエットの綺麗なボトムスさえ持っていれば、トップスに何を合わせてもある程度まとまるのが “MBメソッド”

これにより今まで活かせなかったトップスが蘇ることもしばしばあるそうなので、黒スキニーやテーパードのスラックスを試したことがない!という方は、チャレンジしてみると良いかもしれません。

 

ここまでいくつかMBさんのおしゃれの法則をご紹介してみました。

人それぞれ体型も違いますし、「ルールには過剰にこだわらないように」とインタビューでもたびたび口にされています。

もっと詳しく知りたい!という方は、MBさんの著書「最速でおしゃれに見せる方法」を手に取ってみてくださいね!

また、2019年には「最速でおしゃれに見せる方法〈実践編〉」が発売されています。

2015年の「最速でおしゃれに見せる方法」より新しい情報、またはコーディネート例をたくさんみたい場合には〈実践編〉をぜひ!


 

「MBのファッション哲学やユニクロレポ、おしゃれの法則」まとめ

今回はファッションバイヤー&ブロガーのMBさんについて情報をまとめました。

  • 自分のためではなく相手のために服を着る
  • ユニクロ ウルトラストレッチスキニーフィットジーンズがおすすめ
  • 基本は「ドレス:カジュアル=7:3」

おしゃれをロジックとして紹介することで、苦手意識のあった人にも分かりやすくファッションの方程式を提唱してきたMBさん。

ユニクロをプッシュすることで幅広い世代や体型の人にアプローチしていますので、現在のように人気が高まったのかもしれませんね。

今後もたくさんの悩めるファッション初心者を救っていただければ、と思いました!

 





-一般人

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.