『ひとりキャンプで食って寝る』第11話のあらすじとネタバレ感想!

投稿日:

『ひとりキャンプで食って寝る』あらすじとネタバレ感想

このページでは『ひとりキャンプで食って寝る』第11話(2019年12月27日放送)のあらすじ(ネタバレ注意)や感想について紹介。

「ひとりキャンプで食って寝る」は、2019年10月28日スタートのテレビ東京系のドラマです。

〜ひとりキャンプで食って寝る〜

「ひとりでキャンプに行き、食べたいものを食べて、寝る」という贅沢な時間の過ごし方。キャンプをしながら「缶詰料理」に幸せを見出す男・健人と、「獲って食べる」ことに心を奪われた女・七子、二人の物語。

【キャスト】奇数話:大木健人(三浦貴大)/偶数話:七子(夏帆)

『ひとりキャンプで食って寝る』第11話のあらすじ

清流でひとり、牡蠣のおつまみ缶詰を開ける健人(三浦貴大)です。

すでにしっかり味のついた牡蠣を油で炒めて、バゲットにのせてほうばる!

そこにキンキンに冷えたビールを流し込む!

ついつい2本目に手がのびますが、まだ登山の途中だからがまんがまん。

 

健人は、山登りに来ているようです。

 

途中で、健人はひとりのおじいさん(仲本工事)に出会いました。

大きな荷物を置いて座り込んでいます。

無視していくのもはばかられ、声をかけると、おじいさんは郷田と名乗りました。

 

「お前さん、前を歩いてくれないか?俺はあとからついていくから」

健人が荷物を持ってあげると、ズシリと重く、これはおじいさんひとりではつらい山行です。

 

えっほえっほと登山道を進むうち、郷田さんが「腹が減った!」と言い出しました。

休憩してお昼ごはん。

 

郷田さんは、五目ごはんの缶詰をあたためて、健人にくれました。

(山入ってひとり缶詰食って……。40年後の俺かなぁ)

話を聞くと、10歳からキャンプをしていた郷田さんは御年80歳。

山好きの奥様とよく登山をしていたそうです。

缶詰のおいしさは、奥様が教えてくれたのだとか。

今日は、奥様の命日で山へ登りに来たそうです。

 

途中でへばってしまった郷田さんをはげましながらついに山頂へ!

郷田さんは眼下の絶景を前に、涙を流しながら亡き妻に野草の花束を捧げました。

 

しんみりする健人に、郷田さんがちょっとしたお説教を。

「針葉樹より広葉樹を選べ。煤も少ないし火持ちもいい。人生も同じだ。目先の楽に惑わされると人生の目標を失うぞ。女も同じだ。広葉樹を選べよ」

健人は神妙な面持ちで聞き入っています。

 

「君はいい青年だ。俺の若いころにそっくりだ」

「郷田さんも、俺にそっくりですよ」

そういって健人は微笑みました。

 

郷田さんは、健人にお礼をいうと、そろそろひとりの時間に戻ろうと提案しました。

「君だって、ひとりで山に来る理由があるだろう?」

 

そう!健人の目的は、登山のあとの缶詰!

今日は、北海道産のほっき貝の缶詰です。

バターで炒めて青ネギを散らして、食す!

ウニとアワビのいちご煮の缶詰に、ほぐし身のカニ缶を投入。

塩むすびを入れて、乾燥わかめを散らしてぐつぐつ煮込みます。

「んー!んん!あー!」

健人は声もなく、ビールと雑炊を交互に食して夕ご飯を堪能。

 

健人が山へ来た理由はもうひとつありました。

理恵子からの手紙を開封するためです。

「あなたには私が決して踏み込めない宇宙があった。さようなら」

テントで眠った健人は、夢を見ました。

そして、ふと目をさますと外に人の気配が。

女性の声で、「星に願いを」を歌う声がかすかに聞こえます。

 

しかし、外へ出てみても誰もいません。

健人はぼんやりと熾火に枝を足し、また静かな焚火を続けるのでした。

 

翌朝は、白飯にさんまのかば焼き缶詰をのっけた朝ごはん。

土の匂い。木々や生き物のうごめく音。

混じりっけなしの澄んだ空気のなかで、食べたい缶詰を食べる。

これが俺のしあわせ。

生きるのだ。

健人は理恵子からの手紙を焚火にくべ、山を降りていきました。

(了)

 

『ひとりキャンプで食って寝る』第11話の感想

最終回ともあって、缶詰ラインナップが豪華でしたね!

牡蠣、オイルサーディン、ほっき貝、ウニとアワビのいちご煮、カニ、さんまのかば焼き。

タイトル通りの海鮮尽くし!

 

それを海から遠く離れた山のてっぺんで食すとは、なかなか粋です。

 

ほっき貝のバター焼きは本当においしそう。

これはビールが進みます。

カニ雑炊もいいですね~。

いちご煮で煮るところが豪華です。

塩むすびを雑炊にするというのも、山食の定番。

ああ、これはいつにも増して実践してみたいキャンプ飯です。

 

シリーズを通して、ちらちらと出ていた元カノの話もこれで決着がつきました。

理恵子さん、同棲中のお部屋を出ていっていまはどうしているのでしょうか。

「宇宙」という単語は、以前にも聞いたことがありますね。

健人は、自分の小さなソロテントのなかに、自分だけの宇宙を見出していました。

 

ソロキャンプは、ひとりの世界。

孤独を楽しむ世界です。

一見、寂しく見えるかもしれないけれど、けしてそうではない。

ソロキャンパーは自分だけの宇宙を満喫しているんですね。

 

ときどき、その宇宙はほかの人の宇宙とも交じり合います。

健人が出会ったさまざまな人たち、思い出しますね。

 

そのなかでも今回の郷田さんは特別な感じがします。

健人が親近感を持ち、もう少し一緒にいたいなと思った瞬間に、ふっと手を放すところが、すごくいいですね。

そっくりだけど、俺たちは別々の宇宙を持った人間だぞ、といってくれたみたいです。

 

みんな、ひとりで山に来る理由がある。

声高に語る必要はないけれど、それぞれ尊重して大事にしたいものです。

理恵子さんは、そういうの許せなかったんですね。

恋人のすべてを共有したい人ってたまにいますけれど、そんなタイプだったのでしょうか。

 

残念ですが、これで健人も吹っ切れた様子。

郷田さんみたいに、広葉樹タイプの伴侶が見つかるかな……。

 

明け方、テントの外で歌を歌っていた人影は誰だったのでしょうか。

健人の未練と、山の不思議が見せた理恵子の幻なのか?

ふと、郷田さんの奥さんが山を楽しんでいるのかな、と思ったりしました。

 

山は不思議なことが起こりますからね……。

 

さて、舞台となったのは、近年SNSで紹介されて有名になった「陣馬形山キャンプ場」です。

「天空のキャンプ場」と呼ばれ、地元の人に愛されてきたキャンプ場なのですが、来場者が増えていろいろと問題もあるようです。

管理人さんがいないキャンプ場なので、ひとりひとりのマナーがとっても大事!

ゴミの持ち帰りはもちろん、合成洗剤も使えませんので、いく予定の人は気をつけてくださいね。

 

食器や調理器具の汚れはパンでぬぐったり、最後にお茶を飲んだりして、ペーパーで拭き取るのがおすすめです。

どうしても洗いたい人は重曹を使うといいと思います。

自然あってのキャンプなので、多少の不便はがまんしましょう!

 

天空のキャンプ場、見晴らしは格別です。

健人が見ていた夜景も、風情がありますね。

日によっては雲海も見えるそうですよ。

 

最後、山を降りていく健人がカメラの方をじっと見て、それから黙っていってしまいます。

なんだか、健人の存在自体が夢か幻だったような気持ちになりました。

 

いやしかし、郷田さんの荷物の中身はなんだったんでしょうね。

ちょっと昔風のテントだったから重かったのかな?

なかなか含蓄のあるお言葉をいただきました。

ドラマを観終わり、テロップを確認してビビりましたが、ドリフターズの仲本工事さんだったんですね~。

印象が全然ちがってびっくり!でも面影があります。

いい味出てますね。

 

健人も缶詰料理ありがとう!

キャンプの楽しみはひとそれぞれ、気負わずにソロキャンプを楽しめばいいよ、というメッセージをもらったような気がします。

またどこかのキャンプ場で会えるといいですね。

 

-ひとりキャンプで食って寝る

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.