物置

事件

ロンドンに実在しないレストランを作った⁈ウーバー・バトラーがしたこと

投稿日:

世界中で利用されている口コミサイトトリップアドバイザー

この口コミサイトで「最も行きたいロンドンのレストラン」で1位に選ばれたのが、

「The Shed at Dulwich」(ダリッジの物置小屋)

しかし、このレストランはなんと実在しないレストラン!

どういうことなんでしょう?!

ロンドンに実在しないレストランを作った、ウーバー・バトラーさんのしたことを見ていきましょう。

偽のレストランを作ることになったきっかけ

 

ウーバー・バトラーさんは昔、トリップアドバイザーに偽の口コミを書く仕事をしていました。

行ったこともないレストランについて、いかにも行ったかのような

良い口コミを書いて、レストランからお金をもらうんですね。

1件につき、10ポンド(約1,470円)もらえたそうです。

結構高い?ような気がするのですが、どうでしょう。

 

彼の書く口コミによってレストランの評価が上がっていくのを見て、

「こんなに人は簡単に口コミを信じるのならば、偽のレストランを作るのも可能ではないか?」

と思ったのです。

 

そこから、彼は自分の物置をレストランにすることにしました。

 

偽のレストラン開店の準備

 

2017年4月、レストラン開店の作業に入ります。

実際は開店しないのですが(笑)

 

トリップアドバイザーにお店を登録するには、お店の電話番号や住所が必要になってきます。

わざわざ公式ホームページも作っています!

今でも存在していますよ→公式HP

ホームページに載せられている料理の写真、どれも本格的で美味しそうですが・・・

 

全てフェイク!

 

チョコケーキは、スポンジにペイントを塗ったもの。

添えられている生クリームは、シェービングフォーム。

目玉焼きの後ろにある肌色のもの(写真では見切れている)、

ベーコンかと思えば、実際はウーバーさんの足。

 

ひどいですね(笑)

なぜ普通に自分で調理して写真を撮らなかったのでしょう。

あるいは出来合いのものを買って、自分で盛り付けるとか。

わざわざ偽物の食べ物を用意する必要はあったのか?

ちょっと謎ですが。

 

偽のレストランが口コミ1位に

 

トリップアドバイザーに登録した時点では、ロンドンで最下位の第18,149位でした。

そこから、ランキングを上げなければいけません。

もちろん自分で口コミを書いてしまえばバレてしまうので、

いくつもそれぞれ違うパソコンから口コミが投稿されなければいけません。

そのために、ウーバーさんは友人や家族に偽の良い口コミを書くように頼んだのです。

 

彼らの協力のおかげで、偽のレストランの順位はぐんぐん上がっていき、

あっという間に10,000位以内に。

そんなある日、初めて偽のレストランの電話番号に電話がかかってきました。

1件だけでなく、何件も予約の電話がかかってきます。

オンライン予約の申し込みもされます。

もちろん実際に予約はできないので「今は予約でいっぱい」という対応をしていました。

 

8月末には、なんと156位になっていました。

ロンドンのレストラン中、156位ですよ!

ウーバーさんがダリッジの道を歩いていると、「この辺にあるThe Shed at Dulwichはどこですか?」

と聞かれることもあったとか。

 

実態は存在しないお店なのに。

もちろん、誰も実際に飲食していないのに。

怖いですね・・・

口コミサイトってこんなに簡単に人を騙せるんですね。

 

そして2017年11月1日。

ついにイギリスのレストランの中で1位になるのです!

ここまでなんとたったの半年。

半年で18,149位から1位って・・・・

普通のレストランは、無理でしょ(笑)

 

ちなみに、その時のページがこちら。(英語です)

実際のページは削除されているので、アーカイブです。

どの口コミも、良いことだらけ!

大体「予約するのが大変だったけど、ようやく来店できて、期待を裏切らない素晴らしいレストランだった」的な

ことが書かれています。

もちろん全てウーバーさんの知り合いが書いた、嘘の口コミです。

偽のレストランを実際にオープン

 

口コミサイトで1位になったレストラン・・・・・

メディアから取材の依頼が殺到。

多くの人が予約の電話をかけてきて、いくらなんでも「今は予約でいっぱい」

では済まされなくなってしまいました。

そこでウーバーさんはなんと、

一日お店をオープンすることにしたのです!

 

シェフやウェイトレスは、友人のプロのシェフやウェイトレスに頼んで。

何人かのお客さん役は、知り合いに頼んで、「食べ物が美味しい」と言ってもらうようにする。

材料は、スーパーで購入した安い物です。

いよいよお客さんが来店し、鶏が逃げ出すなどいくつかトラブルがおきたのの、

お客さんは皆満足し、「また来たい」と言ったのです。

 

おそらく皆さん、口コミで完全にそこをいいお店だと勘違いしたのでしょう。

雰囲気にのまれてしまったのでしょうね。

「No.1のお店」と脳が思い込んでいるから、料理も安価な食材で作られたものなのに、美味しく感じてしまったのでしょう。

思い込みって怖いですね〜

それより、口コミって怖いですね。

 

ウーバーさんのやったことは動画になっています。

(字幕を日本語に変更できます)

 

まとめ

 

今回のこの出来事は、イギリスで大きなニュースになりました。

フェイクニュースについて、考えさせられますね。

 

口コミサイトのほとんどの口コミは本当でしょうけど、

安易に信じるのは危険ですね。

例え、ランキング1位のお店でも・・・

じゃあどうすればいいんだって話ですが(T_T)

 

ちなみに、お店をオープンしてお客さんに料理を提供した際、

お金は請求していないそうなのでご安心を。

ウーバーさんのちょっとした実験だったということですね。

こんな記事も読まれています

Copyright© 情報をお届け! , 2019 All Rights Reserved.