学生ママの思うこと

大学に通いながら育児中。日々気になったこと、思ったことをお届けします。

寄席

その他

立川談笑のプロフィール!結婚はしている?弟子も気になる

更新日:

立川談笑さんという落語家を知っていますか?

「とくダネ!」ではレギュラー出演していて、落語家としてだけでなく、テレビやラジオなどでも活躍されています。

今日は、そんな立川談笑さんについて調べてみました。

スポンサードリンク

立川談笑のプロフィール

立川談笑

出典:日経電子版

名前:立川談笑(たてかわ だんしょう)

生年月日:1965年9月23日

出身:東京都江東区

学歴:早稲田大学法学部卒業

 

本名は小田桐英裕(おだぎり ひでひろ)です。

 

立川談笑の経歴

 

最初は、弁護士か検察官になるつもりだったそうです。

そうして早稲田大学法学部に一浪して入学。

一浪とは言え、優秀なんですね〜

 

しかし大学卒業後は、予備校で国語教師をしていました。

あれ?

「弁護士か検察官」ていう話はどこ行ったんでしょうか(笑)

そう言えば、あの林修先生も、法学部卒業でしたよね。

予備校の国語教師は、法学部出身が多いのでしょうか(笑)

 

話を戻して、談笑さんは放送作家の高田文夫さんと知り合いになり、その人つながりで立川談志さんに出会います。

そして、1993年に7代目立川談志に入門

この時は立川談生という名前でした。

 

1996年に二つ目(雑用の仕事がなくなり、自分で舞台の仕事を探すようになる)に昇進。

翌年には、一般公募で選ばれて「おはよう!ナイスデイ」にリポーターとして出演しました。

この時は「落語家の名前では出演範囲が限られる」という理由から、本名の小田桐英裕として出演。

 

2003年に、6代目立川談笑に改名

2005年に、真打(「師匠」と呼ばれ、弟子をとるようになる)に昇進します。

弟子については、後述しています。

 

ところで、この「二つ目」とか「真打」という、落語の階級の名前など全く知りませんでした。

この記事を書くにあたり、調べて知ったのですが、勉強になりますね(*´艸`*)

 

 

現在談笑さんは、朝の情報番組「とくダネ!」にレギュラー出演しています。

ちなみに、「とくダネ!」は談笑さんが以前リポーターとして出演していた「おはよう!ナイスデイ」の後継番組です。

「おはよう!ナイスデイ」時代を含めると、10年以上同じ番組に出演しているということですね!

すごいですね。

私なんて、同じことを10年も続けられた試しがないのではないかと。

あ、てかまだ21歳か。ということは11歳から続けていること?ないな〜(笑)

 

 

ラジオだと、TOKYO FM 「落語千金」のメインパーソナリティを務めています。

立川談笑は結婚している?妻は?

 

50代ということで、結婚はされているのか気になりますよね。

ツイッターやネットでくまなく探しましたが、残念ながら独身か既婚かはわかりませんでした・・・

奥さんや家族への言及など全く見つかりませんでした。

ツイッターをしているにも関わらず、ここまで情報が見つからないのは逆にすごいです(笑)

スポンサードリンク

 

というのも、談笑さんはプライベートの話をほとんどしていません

ツイッターでも、舞台やラジオの出演情報などの仕事の話ばかりでした。

もしかしたら、プライベートはあまり公にしたくないのかもしれませんね。

SNSやテレビで(もしいるなら)ご家族についての話をもっとすると、ファンも喜ぶと思いますけどね〜

 

立川談笑の弟子

 

前述の通り、談笑さんは真打で、弟子をとれる師匠です。

弟子には、二つ目の立川吉笑(きっしょう)さんと立川笑二(しょうじ)さんがいます。

 

立川吉笑

出典:Twitter

吉笑さんは京都府出身の33歳、元お笑いコンビ出身です。

談笑さんの一番弟子です。

談笑さんが尊敬している放送作家の「高田文夫さんのお気に入り」なのだそう。

 

本名は人羅真樹(ひとら まさき)だそうです。

「人羅」だなんて、超珍しい名字ですね!

 

立川笑二

出典:公式HP

笑二さんは沖縄県出身の27歳、この方も元お笑い出身です。

 

さらに、前座の笑坊(しょうぼう)さんと前座見習いの小田さん(まだ名前なし)がいるそうです。

 

立川談笑の落語

 

立川談笑さんの落語は、古典落語にブラックジョークを交えた改作が売りです。

「紺屋高尾」を改作した「ジーンズ屋ようこたん」や、

「こんにゃく問答」を改作した「シシカバブ問答」などがあります。

 

著作権の問題でここには載せられないのですが、YouTubeで「立川談笑」と調べると色々と落語が出てきますよ。

「イラサリマケー」というのも代表作ですね。

私は21歳なのですが、落語はどうも「ご年配の人が聞くもの」というイメージで、ほとんど聞いたことがありません。

それでも、今回談笑さんの落語を少し聞いてみました。

若い人でも親しみやすい、面白い落語でしたよ!

 

よかったら探してみてください♪

 

まとめ

 

立川談笑さんは、立川談志に入門して、12年後には真打昇進。

現在は、テレビやラジオでも活躍する落語家でした。

プライベートを公にしていないため、結婚されているのかは残念ながらわかりませんでした。

 

私は落語には興味がなかったのですが、今回記事を書くにあたり、談笑さんの落語の動画をいくつか見ました。

若い人でも楽しめて、意外と面白いものですね♪

落語もいいな〜と、興味を持ち始めた私でした。

立川談春の結婚した妻(嫁)と築地とは?弟子や子供はいるの?

同じく立川出身の方で、立川談春さんもいらっしゃいますね↑

 

スポンサードリンク

-その他

Copyright© 学生ママの思うこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.