吉澤嘉代子の出身大学は?彼氏について調査!お茶会ツアーって何?

投稿日:

吉澤嘉代子の出身大学は?お茶会ツアーとは?

朝ドラ「なつぞら」の挿入歌で話題となったシンガーソングライターの吉澤嘉代子さん。

その特徴的な歌声で新たなファンを魅了し、2020年以降も活躍が期待されています。

今回はそんな吉澤嘉代子さんについてリサーチしてみました。

出身大学や彼氏の話題、そしてお茶会ツアーについてまとめていきます。

吉澤嘉代子の出身大学は?

吉澤嘉代子さんの出身大学は、はっきりと名言されていませんが学部だけ分かっています。

ナタリーのインタビューによると「文学部」。

16歳のころから音楽をやりたいと志し、歌詞を勉強したくて大学の学部を選んだと言います。

 

大学名について、5ちゃんねるの噂では「文教大学・文学部日本語日本文学科」。

しかしこちらは吉澤嘉代子さんの出身地、埼玉県川口市の通学圏内にある「文学部」を予想して、ファンの方が“憶測”として書いた大学名と思われますので、別の大学という可能性も高いですね。
 

吉澤嘉代子は彼氏がいる?いない?

吉澤嘉代子さんの彼氏がいるのか?いないのか?こちらも気になるところです。

しかし残念ながら彼氏に関する情報は見当たりませんでした。

 

2020年現在、アラサーの吉澤嘉代子さんですから、彼氏がいてもおかしくはありません。

おおやけに発表していないだけで彼氏がいる可能性もありますし、今はいない可能性も。

以前ラジオに出演した際、ケンカをして怒ったのか?彼氏の頭を坊主に剃らせてしまったと話していたこともあるとか。

それ以外にも、彼氏ができると家族に紹介して一緒にファミリー割烹に行く、というエピソードもあるそうなので、過去に彼氏がいたことは間違いありませんね!

 

ちなみにこちらはジョークですが、二次元彼氏との会話だそうです……。

「結婚を匂わせるタイミングが合致している」という理由から、仲の良いミュージシャン岡崎体育さんとの仲を疑う声もあるようですが…

まだまだ “匂わせ” をファンが感じているという程度にとどまっています。

そのため、彼氏がいるのかどうか確信には至りませんでした。
 

吉澤嘉代子のお茶会ツアーって何?

吉澤嘉代子さんはライブツアーの名前にも個性があり、その中には「お茶会ツアー」というものがあります。

その他にも2019年は「女優ツアー」というタイトルのレコ発ライブが2/10~3/17まで行われたのですが、「お茶会ツアー」も2019年に開催され、10/3~11/7まで行われています。

1年に2回のツアーを行っていることになりますね!

 

実はこの「お茶会ツアー」、キャパシティの小さなホールやカフェなどで行われるライブで、通常のライブより近い距離で吉澤嘉代子さんの歌声を楽しめる内容となっているんだとか!

そのためより身近にアーティストを感じられるライブとなっているそうなので、ぜひファンになったら「お茶会ツアー」にも参加してみることをオススメします!

2020年はまだツアー情報が出ていませんが、5月5日に日比谷野外音楽堂での単発ライブが決定しています。

今後どのようなスケジュールが発表されるのか?楽しみですね。
 

吉澤嘉代子のプロフィール

では吉澤嘉代子さんのプロフィールを見ていきましょう!

吉澤嘉代子(よしざわ かよこ)

生年月日:1990年6月4日
出身地:埼玉県川口市

ちいさな頃から父親の影響で井上陽水さんの楽曲に触れていたそうです。

しかし本格的に音楽の世界を目指すきっかけとなったのは、サンボマスターの楽曲を知った時でした。

 

実は吉澤嘉代子さん、小学校5年生〜中学3年生の期間、完全に不登校となっていたようなんです。

フリースクールに通いながら社会復帰を目指していましたが、「中学校の卒業式だけは親のために出よう」と予行練習に1週間ほど参加。

しかし周りの視線や自分と同級生との温度差を肌で感じ、ツラくなってしまったんだとか。

 

そんな時サンボマスターの楽曲を耳にし、自分に語りかけてくれている!と感じたことが大きな転機となりました。

そして16歳から作詞作曲をはじめ、2010年3月にヤマハ主催「“Music Revolution Song Contest” TOKYO FINAL」でオーディエンス賞を受賞。

そして立て続けに2010年11月にヤマハ主催の「“The 4th Music Revolution” JAPAN FINAL」にてグランプリとオーディエンス賞をダブル受賞することとなりました。

 

2013年にはファーストアルバムの「魔女図鑑」をインディーズで発売。

2014年にはメジャーデビューを果たし、ミニアルバム「変身少女」を発表しました。

近年ではドラマやCMの主題歌にも抜擢され、徐々にファン層を拡大しています。

2019年には朝ドラ「なつぞら」の挿入歌の歌唱にも抜擢され、その歌声を耳にする機会も増えました。
 

吉澤嘉代子の曲ってどんな曲?

じつは朝ドラ「なつぞら」では歌詞のある歌ではなく、HA〜♪HAHAHA〜♪ラララ〜♪といった歌唱での参加でした。

吉澤嘉代子さんの歌声が一つの楽器のように響き渡り、挿入歌としてストーリーを盛り上げています。

「なつぞら」を見ていた方には聞き覚えのある声なのではないでしょうか?

 

劇伴を担当された橋本由香利さんは、吉澤嘉代子さんの歌声を「少女の無垢な感じと大人の妖艶さが混ざったような不思議で素敵な歌声」と表現していましたよ。

 

その他にもバカリズムさんが主演&脚本を担当していた「架空OL日記」のエンディングテーマにも抜擢。

最初にタイアップとなったこちらの曲で吉澤嘉代子さんを知った方も多いかもしれませんね。

ドラマ第9話ではOL役としてゲスト出演している吉澤嘉代子さんも見られるようですよ!
 

「吉澤嘉代子の出身大学や彼氏、お茶会ツアー」まとめ

今回はシンガーソングライターの吉澤嘉代子さんについてまとめてきました。

  • 出身大学は不明だが学部は文学部
  • 彼氏の情報は公表されていない
  • お茶会ツアーは小さな規模でライブを行う目的のもの

2020年には5月に日比谷野外音楽堂のライブも控えていますので、今後も精力的に活動されるのでは?と感じました。

また前段にてご紹介しました「架空OL日記」は2020年2月28日から映画が公開されます。

ドラマに引き続き吉澤嘉代子さんの「月曜日戦争」が主題歌に決定していますので、いまから楽しみですね。

ドラマの時のように役者としての出演もあるかもしれませんね。

引き続き、吉澤嘉代子さんを活躍を応援したいと思います!

 





-音楽

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.