情報をお届け!

日々気になったこと、思ったこと、経験したことをお役立ち情報として、お届けします。

タンポポ

日々のこと

幸せそうな家族を見ると辛い・・・そんなあなたに伝えたい

投稿日:

幸せそうな家族を見ると辛い・・・羨ましい・・・むかつく・・・

こんな思い、あなたはしていませんか?

その気持ち、わかります。

私も少し前まで、そう思うことがよくありました。

でも、夫にこのことを相談した時に、返ってきたレクチャーに「私はいい人と結婚したな〜」

と思わず夫のことを見直したので、その時のことを書かせてください。

少し前の私と同じような辛い思いをしていたあなたにも、参考になること間違いなしです。

ぜひ読んで、辛い思いから抜け出しましょう!

スポンサードリンク

まずは私の自己紹介をさせてください

 

キミが誰かなんて興味ないよ、という方は先を読み進めてください(笑)

でも、私がどうして「幸せそうな家族を見ると辛い」という風に思うようになったのか、

その背景を紹介させていただきたいと思います。

なるべくサクッと簡潔に終わらせますので(笑)

 

私は、プロフィールからわかるように、学生ママです。

大学に通う21歳で、1歳の息子、同じく学生で外国人の夫がいます。

私のプロフィールはこちらから見れますよ→こちら

 

夫がほぼ毎日アルバイトで稼いでくれていますが、そのお金で私たちは生活しています。

ただ、夫には失礼な話ですが、やはり生活にそこまで余裕はありません。

生活に余裕があって、子供が3人もいて、マイホーム・マイカーを持っている家族を見ると辛いのです。

それに比べて、私はスーパーで値引きされた野菜を探す毎日・・・

子供の頃に両親が離婚したのもあって、なおさら「家族」ということにこだわりがあります。

私は一人っ子でしたが、どうしても子供は2人、いや3人いるのが理想だと思ってしまうのです。

 

なので、自分にも子供はいますが、子供が3人いる家族なんて見ると目を背けたくなっていました。

本当は、子供なんてうるさくて苦手なんですけどね(^^;)

それでも、子供がたくさんいる家族を見ると、本当に辛かったです。

 

これが、私が「幸せそうな家族を見たくない」と思うようになった経緯です。

で、このことを夫に相談したんですね。

夫と結婚しながら、こんなことを言うのは「私は幸せではない」と言っているようなものだから

ちょっとどうかな・・・と思ったのですが、夫は真面目に答えてくれたのです。

彼が教えてくれたことを、ご紹介していきますね。

 

その家族、本当に幸せ?実態は本人にしかわからないよ

 

これ、当たり前のことですが言われてみるまで気づきませんでした。

つまり、あなたが「幸せそうな家族」と思っているその家族。

本当に幸せなんですか?て言う話です。

あくまでも「幸せそう」なんですよね。

じゃあ、本当は違うかもしれないじゃないですか。

 

  • 外では幸せそうに振る舞うだけで、家の中では毎日喧嘩
  • 優しい旦那を装っているけど、実はDV夫
  • 子供は反抗期真っ只中、親に暴言・暴力・家出は当たり前
  • 子供の受験・就職がうまくいかない
  • 夫はギャンブル・浪費グセがある
  • 夫婦仲良好に見えて、実はお互い不倫している
  • 仮面夫婦
  • 子供がたくさんできてしまい、全員を大学に行かせられない・生活が苦しい

 

こう言う家族だって言う可能性も、十分ありますよね?

と言うか、ここまででなくても、どの家族も何かしら問題を抱えているはずです。

だって、100%完璧な家族なんていないですから。

今うまくいっていたとしても、過去何か問題があったのかもしれないし、将来何か壁にぶち当たります。

ずーーーーーーっと全く何事もなく、うまくいくことはありません。

 

その実際のところの様子は、本人たちにしかわからないんですよね。

なので、その家族を「幸せそう」と思うのは勝手な思い込みで、

「本当はそんなことない」と断言できるわけです。

こう考えると、「あの家族も色々大変なんだろうな〜」と思えて、気が楽になりませんか?

まさに「隣の芝生は青い」ということです。

ドラマでも、「隣の家族は青く見える」っていうドラマがありましたよね!

 

同じように、あなたを羨ましく思う家族も

 

あなたは「あの幸せそうな家族、羨ましいなあ」と思っていると言うことは、

あなたのことを見ても「あの人(家族)幸せそうで、羨ましいなあ」と思っている人もいると思いませんか?

 

ええ、そりゃあいますよ。

「でも、私は幸せじゃないんです。幸せ要素ゼロです。」と思っても、

意外と他の人からはそれが幸せだったりするんです。

だって、幸せの定義って人それぞれじゃないですか。

 

例えば、

  • 結婚したいのに、独身→自由になりたい、と思っている既婚者からしたら羨ましい
  • 娘が欲しかったのに女の子ができなかった→息子が欲しかったのに、娘しかできなかった人からしたら羨ましい
  • 裕福な家庭に生まれたかった→幼少期から両親はずっと働いていて、一人寂しく豪邸に残されていた人からしたら羨ましい
  • 専業主婦だが、働きたい→専業主婦になりたいが、経済的な事情で働かざるを得ない人からしたら羨ましい

 

と、このように「あの家族(人)、羨ましいなあ」と思っていても、

実はその人から「あの家族(人)、羨ましいなあ」とあなたが思われているかもしれないのです!

こう考えると、ちょっと気分が良くなりますよね♪

自分のことに自信・誇りを持つことが大切です。

スポンサードリンク

上には上が、下には下がいる

 

あなたは「あの家族幸せそう・・・・」と思っている。

つまり、「あの家族」は自分より上だと思っていると言うことですよね。

でも、上には上がいれば、下には下がいるんです。

 

あなたが「私なんて・・・私の家族なんて・・・」と

自分たちのことをどんなに下だと思っていても、下には下がいるんです。

 

あなたは、自分がどんなに幸せでない、結婚ができない、子供ができない、と思っていても

最低限の生活はできていますよね?

あなたよりよっぽどひどい状況の人はたくさんいます。

  • 毎日生きるだけでも精一杯
  • 食事はなんとか毎日食べられるくらい
  • 毎日早朝から深夜までブラックバイト
  • 家族は一人もいない、友人も頼れる人も誰もいない
  • 貯金は1円もない

こんな人たちだって、いるんです。

これはあまりいい考え方ではないかもしれませんが、「自分より下の人がいる」

と思うだけでも、「自分の方がまだマシだ」と思えてきませんか?

それだけで自分のこと・家族のことに自信を持ち、誇らしくなることができます。

 

自信・誇りを持つだけで変わる

 

「幸せそうな家族を見ると辛い」

こう思う理由って、「自分・自分の家族に自信・誇りが持てないから」というのが一番の理由ではないかと思います。

自分たちにコンプレックスがあるから、本来であればそれは他の人から羨ましがられることなのに、自分で気づけない。

他人ばかりに目が向いて、「辛い」「見たくない」「羨ましい」「むかつく」と思ってしまうのです。

 

自分たちに自信を持っていれば、自分の生活で満足するようになって

他の「幸せそうな家族」なんて目が向かなくなります。

「自分たちなんて・・・」と思う人は、もう一度前の見出しの項目を読み返してください。

あなたが「なんて・・・」と思っていること、他の人には羨ましいことですよ。

 

まとめ

 

「幸せそうな家族を見ると辛い・・・羨ましい・・・むかつく・・・」と思う気持ち、わかります。

でも、考え方を変えると気持ちが楽になります。

  • その家族が本当に幸せなのか、実態はわからない
  • あなたのことを羨ましく思っている家族もいる。幸せの定義は人それぞれ
  • 上には上がいるが、下にも下がいる
  • つまり、自分たちに自信と誇りを持てばいい

ということです。

私はこれらを小1時間夫にレクチャーされ、目が覚めたような思いでした(笑)

そして、このことから私が思ったこと。

「こんなふうに考えられる夫と結婚して、よかったなあ」

と、私の幸せに気づくことができました。

このことで、自分に自信と誇りを持てるようになりましたね。

そしたら、「幸せそうな家族」なんて気にならなくなりましたよ!

 

人は人、自分は自分。

人と比べても、時間の無駄なだけです。

あなたにも、あなたの幸せに気づいていただければ嬉しいです。

スポンサードリンク

-日々のこと

Copyright© 情報をお届け! , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.