学生ママの思うこと

大学に通いながら育児中。日々気になったこと、思ったことをお届けします。

江川悦子の年齢とプロフィール!特殊メイクの作品や本情報も

その他

江川悦子の年齢とプロフィール!特殊メイクの作品や本情報も

投稿日:

アメリカの映画作品、日本の映画作品などで注目されるのは監督や女優・俳優ですが、

映画をより良くするために作品を裏方で支えているのが俳優や女優のメイクや衣装を担当しているスタッフです。

 

そんな中でも特殊メイクの面で支えているのが、江川悦子さんです。

個人的には、安達祐実さんの八十歳のおばあちゃんの特殊メイクが印象的です。

そんな江川悦子さんの年齢などのプロフィールと経歴、特殊メイクの作品や本などについてご紹介します。

スポンサードリンク

江川悦子(特殊メイク)の年齢

 

まずはじめに江川悦子さんの年齢が気になる人が多いので、プロフィールよりも先にそちらについてご紹介します。

(江川さんの年齢以外のプロフィールについては、次の見出しでご紹介していますのでご覧ください)

 

江川悦子さんの年齢ですが、詳しい生年月日は公表されていませんが

あるインタビューで、1954年生まれと記載されていました。

1954年生まれということは、2019年現在の年齢は64歳か65歳ということになります。

 

江川悦子(特殊メイク)のプロフィールや経歴

名前:江川悦子

生年月日:1954年

学歴:京都女子短期大学部卒業

職業: 特殊メイクアーティスト

 

それでは、江川悦子さんの年齢以外の経歴やプロフィールをご紹介します。

江川悦子さんは、京都女子短期大学部を卒業しています。

この京都女子短期大学部ですが、1950年に設置された私立大学ですが、

2010年度を最後に学生の募集を停止してしまいました。

そして、ほとんどが京都女子大学に統合されました。

 

江川悦子さんは、1976年ファッション雑誌「装苑」という出版社に、編集者として入社します。

最初は編集者だったとは、ちょっと意外ですよね。

しかしその後、江川さんの夫のロサンゼルスへの海外赴任があり、退社することになりました。

 

夫についていき、アメリカで語学学校に通いながら映画を見て英語の勉強をしていた江川悦子さん。

そんな中、映画「狼男アメリカン」でのメイクに魅了され、特殊メイクに興味を持ち始めました。

その時にその作品の特殊メイクを担当していたリック・ベイカーさんに憧れるようになります。

そして1979年、アメリカのハリウッドにある特殊メイクの学校Joe Blasco make-up Centerに入学します。

 

卒業後は映画スタジオで助手となります。

念願かなって、渡米6年目でリック・ベイカーさんの 工房に入ることもできました。

その後様々な映画のプロジェクトに参加し

1986年日本に帰国後、特殊メイク制作会社メイクアップディメンションズを設立します。

それまではアメリカの映画のプロジェクトにばかり参加していた江川悦子さんですが、

1987年に初めて「親鸞・白い道」で日本映画に初参加します。

 

その後は、日本とアメリカを往復するような日々が2年間続きます。1993年には日本に帰国。

2007年には「江川悦子ー特殊メイクの世界展ー」を開催します。

現在(2019年3月時点)では専門学校東京ビジュアルアーツメイク学科特殊メイク専攻で特殊造型専攻特別顧問講師を勤めています。

 

これまでに何度かテレビ出演やテレビ CM 出演があり、メディアでの露出も度々ある江川悦子さんです。

 

私はアメリカ出身で幼少期からアメリカでも日本でも暮らしていてどちらも文化も知っていますが、

江川さんのように、アメリカでも日本でもお仕事ができるようなキャリアが理想です。素敵ですね!憧れます。

スポンサードリンク

江川悦子(特殊メイク)の作品

 

江川悦子さんはこれまで様々な映画作品に関わっています。

その映画作品をご紹介しますと、

  • 黒い家(1999年)
  • 英二( 1999年)
  • <39>刑法第三十九条(1999年)
  • ブギーポップは笑わない(2000年)
  • スパイ・ゾルゲ(2003年)
  • 青の炎(2003年)
  • 嗤う伊右衛門(2004年)
  • クイール(2004年)
  • SURVIVE STYLE5+(2004年)
  • 隠し剣 鬼の爪(2004年)
  • 血と骨(2004年)
  • ゲゲゲの鬼太郎(2007年)
  • 鳳凰 わが愛(2007年)
  • ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌(2008年)
  • おくりびと(2008年)
  • 余命(2009年)
  • 罪とか罰とか(2009年)
  • 山形スクリーム(2009年)
  • スイートプールサイド(2014年)
  • 好きっていいなよ。(2014年)
  • イン・ザ・ヒーロー(2014年)
  • ギャラクシー街道(2015年)
  • ボクは坊さん。(2015年)
  • FOUJITA(2015年)
  • 僕だけがいない街(2016年)
  • 彼岸島 デラックス(2016年)
  • ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜(2017年)

 

以上、江川悦子さんが関わった27の映画作品です。

ただ、実際はもう少しあります。

ここであげた映画作品以外にも、他の日本の映画作品やアメリカの映画作品もあります。

 

最近江川悦子さんが関わった特殊メイクの作品として印象的なのが、

安達祐実さんを「80歳のおばあちゃん」に仕上げた作品です。

そのメイク姿は、こちらの動画でご覧になれます↓

 

いや〜すごいですよね!

 

江川悦子(特殊メイク)の結婚した夫と子供(娘)

 

江川悦子さんのプロフィールと経歴でも申し上げましたように 、

江川さんは夫のアメリカ赴任に伴い渡米しました。

1979年、25歳頃の時に特殊メイクの学校に入学していますから、その前にはすでに結婚されていたということが分かります。

 

その頃としては普通だったのかもしれませんが、

今の感覚ですと、若い年齢での結婚でしたね。

 

江川さんの夫は一般人ですので、詳しい情報は公開されていません。

また二人の間には、子供(娘さん)が最低一人はいます。

子供についても、このくらいしか情報は公開されていません。

 

江川悦子(特殊メイク)の本

 

江川悦子さんの特殊メイク関連の本として有名なのが、こちらの本です↓


江川悦子の特殊メイクアップの世界―異次元の扉が開かれる!

三谷幸喜さんの言葉が印象的ですよね!

あの三谷幸喜さんにここまで言わせるなんて、江川悦子さんの実力が伺えます。

 

江川悦子(特殊メイク)の年齢などプロフィールや経歴:まとめ

 

以上、江川悦子さんの年齢などプロフィールや経歴などについてでした。

旦那さんの海外赴任がなかったら、江川悦子さんという特殊メイクアーティストは生まれなかったかもしれませんね。

私も、大学在学中に妊娠していなければ、個人事業主として開業していませんでしたからね。

ほんと、人生何があるかわかりません。

スポンサードリンク

-その他

Copyright© 学生ママの思うこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.