美白に最強なのはどちら?飲むコラーゲンと飲むヒアルロン酸

投稿日:

美白に最強なのはどちら?飲むコラーゲンと飲むヒアルロン酸

夏の暑い時期に日焼けをしてしまった、シミやソバカスが出来てしまった、そんな悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

日焼けやシミ・ソバカスの問題は一刻でも早くなんとかしたいものですが、紫外線は春や秋などの温暖な季節にも降り注いでいるので注意が必要です。

美白といえば、まっさきに日焼け止めのクリームやジェルが思い浮かびます。一方でコラーゲンやヒアルロン酸などの肌に良いドリンクやパウダーも販売されています。

もし、日焼けやシミ・ソバカスに対抗しようとするのであれば、コラーゲンとヒアルロン酸のどちらが良いのでしょうか?

化粧品や健康食品はどんな仕組みで美白をするの?

実は美白といっても、直接に肌を白くしてくれるような商品はごくわずかです。

美白というと、真っ先に「ハイドロキノン」や「レチノール」などの名前が思い浮かびますが、どちらも皮膚につける化粧品としてしか販売されていません。

しかも、メラニン色素を分解してくれるのは、このうちの「ハイドロキノン」のみです。

 

通常のメラニン色素は、実は黒い色をしているわけではありません。白色〜褐色の色をしているのが通常のメラニン色素です。

しかし、これらのメラニン色素が紫外線に当たって酸化してしまうと、黒色メラニンという黒い色のメラニン色素に変化します。

 

美白用の化粧品というものには、このメラニン色素の酸化を防ぐ成分が多く含まれています。

例えば、ビタミンCやアルブチン、ハイドロキノンなどです。

もっとも強力なのはハイドロキノンですが、ビタミンCやアルブチンにもメラニン色素の酸化を防ぐ作用があります。

 

要するに、美白化粧品と銘打っている商品の多くは、肌を直接白くしてくれるわけではなく、なるべく黒い色のメラニン色素が作られないようにする働きを持っているわけです。

ですから、すでに日焼けしてしまった肌や、シミ・ソバカスの出来てしまった肌にはあまり効果がない場合もあります。

 

では、どうすれば日焼けやシミ・ソバカスを改善していくことができるのでしょうか?

それには、肌のターンオーバー(若返り)を加速させて、出来てしまった黒いメラニン色素をなるべく早く体の外に出してやる、ということが必要になってきます。

つまり、ターンオーバーのリズムを整えてあげれば、肌はだんだんに白さを取り戻していくことになります。
 

10日間で実感!飲む天然コラーゲン

 

飲むコラーゲンやヒアルロン酸にはどんな効果がある?

肌のターンオーバーを加速させることが美白につながるわけですから、まずはお肌にしっかりと栄養を送り届けることが大切になってきます。

肌に栄養を与える商品には、化粧水や乳液などの化粧品、健康食品ともにありますが、いったいどちらが効果的なのでしょうか?

 

化粧水や乳液といった肌につける化粧品は、じつはそれほど肌の奥にまで浸透してくれるわけではありません。

なぜなら、皮膚にはバリア機能というものがあり、化粧水や乳液は皮膚の表面にある角質層までしか浸透しないからです。

コラーゲンやヒアルロン酸は、皮膚の一番奥にある真皮という部分に存在しています。

 

そこで出番となるのが、「飲むコラーゲン」や「飲むヒアルロン酸」です。

どちらも、肌にとっては大切な栄養成分であり、肌細胞にも栄養を補ってくれます。

 

こうした商品であれば、肌を体の奥から直接潤すことができるようにおもいますが、じつは一つ問題があります。

飲むコラーゲンや飲むヒアルロン酸は、体の中に入る前に一度細かい部品にまで分解されてしまうのです。

飲むコラーゲンや飲むヒアルロン酸を飲んだからといって、それが直接お肌に届くわけではないということには注意が必要です。

 

では、飲むコラーゲンや飲むヒアルロン酸はまったく効果がないのでしょうか?

実際にはそんなことはありません。

飲むコラーゲンやヒアルロン酸にはきちんとした効果があるのですが、それぞれ体のなかで働く働き方が異なっているのです。

 

飲むコラーゲンは、一度アミノ酸にまで分解された後で、皮膚でもう一度コラーゲンに再合成されます。

つまり、飲むコラーゲンを飲めば、自然と肌のコラーゲン量も増えるということになります。

コラーゲンには強い保水効果がありますから、肌のハリやツヤを保つのに力を発揮してくれます。

 

一方のヒアルロン酸は、主にコラーゲン繊維の間に存在しています。

皮膚の奥にはこのヒアルロン酸が生み出される細胞があるのですが、飲むヒアルロン酸は、このヒアルロン酸を生成する細胞を活性化してくれると言われています。
 

美白を目指したいならコラーゲンがおすすめ!

飲むコラーゲンやヒアルロン酸が本当にお肌に栄養を与えてくれるのかと聞かれれば、答えは「イエス」です。

では、美白に限って言えばどうでしょうか?

軍配は、どうやらコラーゲンのほうに上がりそうです。

 

コラーゲンとヒアルロン酸を比べると、保水効果では圧倒的にヒアルロン酸のほうが優れています。

ヒアルロン酸は自分の重さの数百倍から数万倍の水を保水してくれるからです。

そのため、肌に直接つける化粧品としてはヒアルロン酸のほうが優れています。

 

しかし、飲むヒアルロン酸は美白という点ではややコラーゲンに劣ります。

なぜなら、皮膚には多くのコラーゲンが存在しているのに対して、ヒアルロン酸は皮膚にだけ存在しているわけではありません。

肌のターンオーバー(若返り)を早めるためには、やはり飲むコラーゲンが一番なのです。

 

飲むヒアルロン酸は、主に体の関節部分にあるヒアルロン酸の量を増やしてくれるように働きます。

体の関節部分には軟骨があり、ここにも多くのヒアルロン酸が集まっていて、飲むヒアルロン酸がよく効くのは、じつはこの部分なのです。

 

飲むコラーゲンの場合、飲めばコラーゲンの一部が直接肌細胞に届きます

そうすると潤いのある肌では、細胞の生成と老化がしっかりと行われるため、肌のターンオーバーのリズムも自然と整うことになります。

その結果、肌の奥で作られた黒いメラニン色素も、じょじょに体外に押し出されていくことになります。
 

美白に最強なのは飲むコラーゲン?ヒアルロン酸? まとめ

結論としては、体全体の潤いを保ちたい場合にはヒアルロン酸が、皮膚の潤いを保って美白をしたい場合にはコラーゲンが適しているということになります。

いずれにしても、美白は一日にしてならずですから、じっくりと時間をかけて取り組むことが大切です。

飲むコラーゲンやヒアルロン酸はすぐれた健康食品ですから、積極的に食生活に取り入れてみましょう!
 

10日間で実感!飲む天然コラーゲン

 





-フェイシャルケア

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.