ときど(東大卒プロゲーマー)の年収はいくら?プロフィールは?名言が熱い!

投稿日:

ときどの年収やプロフィール、名言

東大卒のプロゲーマーとして有名な “ときど” さん!

徐々に日本でもeスポーツの存在を知る人が増え、プロゲーマーのすごい人ともなれば、賞金額は何千万にものぼる……と聞いたら、やっぱり気になってしまいますよね?

今回は日本のプレイヤーの中でも “東大卒” という経歴からその名前を知ることも多いときどさんについて情報をまとめてみました。

まずは気になる年収についての情報からどうぞ!

ときどの年収は1000万越え?

では早速、ときどさんの年収についてですが……。

こちらあくまでも予想ではありますが、年収は1000万円〜3500万円ほどではないか!と予想しています。
(もしかしたらもっと高い可能性も!)

なぜ予想がこの金額になったかと言いますと、一般的なプロゲーマーの収入源

  • 大会の賞金
  • ゲーミングチームからの給料
  • スポンサー
  • メディア出演
  • 本の印税
  • 動画配信
  • ゲームトレーナー、コンサルティング

のだいたいの総額から割り出してみました。では、具体的にみていきましょう。
 

ときどの大会賞金!

まず、ときどさん大会賞金について「esportsearnings」を確認したところ、2005年〜2019年までの総額で48万6404ドル(約5200万円)。

直近3年の稼ぎとしては以下のようになっています。

2017年:12万2000ドル(約1300万円)
2018年:22万5000ドル(約2400万円)
2019年:2万8000 ドル(約300万円)

やはり年によって大きな差があり、実力がものをいう世界の大変さを感じてしまいますね。
 

ときどのゲーミングチームからの報酬はいくら?

ときどさんは2017年1月5日から2019年2月1日まで、北米eスポーツ団体「Echo Fox」に加入していました。

現在はチームを脱退してしまいましたが、所属時にインタビューされた東洋経済には以下のようにコメントされていました。

ーー ときど選手は米国のプロeスポーツチーム「Echo Fox」に所属していますが、そこからの給料だけでも生活は成り立ちますか。

「詳細な契約内容は言えませんが、食べていけるだけの額はもらっています。」

ちなみに日本国内の有名チーム「DetonatioN FocusM」の社長・梅崎伸幸さんよると……。

ーー 所属選手の平均給与はどのくらいでしょうか?

「大会の成績のほか、普段の生活態度なども考慮して決まります。およそ大卒の初任給くらいです。」

大卒初任給はおよそ20万円前後と言われていますので、だいたい240万円くらいでしょうか?

ときどさんが所属していた「Echo Fox」がこの「DetonatioN FocusM」と同じくらいの金額だったかは分からないのですが、チームからの報酬は年240万〜350万くらいではないかな、と予想してみました。
 

ときどのスポンサー契約の金額は?

ときどさんは、2011年6月から2016年3月まで大手周辺機器メーカーの「Mad Catz」とスポンサー契約を結んでいました。

その後「Echo Fox」に所属し、契約満了を迎えた2019年からは以下の企業とスポンサー契約を結んでいます。

  • ロート製薬「目薬 ロートZ!」「メンズスキンケア OXY」
  • ソニーミュージック
  • ゲームデバイスメーカー「QANBA」
  • 大塚食品

ときどさんは日本のプロゲーマーとして有名なウメハラさんに次ぐ知名度!

そのためスポンサー契約もそれなりの金額であることが考えられます。

過去に配信でウメハラさんが「スポンサー契約だけで食べていける」と発言していたことから、月に数百万はもらっているんじゃないか?というのがネット上での大方の予想でした。
 

ときどのその他の報酬額は?

ときどさんは現在「TOPANGA」という事務所に所属し、メディアへの出演やイベントなども行なっています。

また「東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわない」と「世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0」という2冊の本も出版。

「東大卒プロゲーマー〜」は5万部突破!

「世界一の〜」は3万部突破していますので、おおざっぱに印税率を10%として計算すると……。

「東大卒プロゲーマー 論理は結局、情熱にかなわない」印税 約450万円
「世界一のプロゲーマーがやっている 努力2.0」印税 約495万円

となります。

その他にも事務所を通した配信もおこなっているので、この辺りは事務所から固定給をもらっているのか歩合なのかにもよりますが、一定額の報酬が発生しているのでは?と思います。
 

ときどの年収まとめ!

プロゲーマーという職業は、戦績によって収入のバラつきが出てしまうお仕事なので、年収もかなり幅があっても仕方がありません。

  • 「esportsearnings」で公表されている年収金額
  • ゲーミングチームからの報酬、または所属事務所からの報酬
  • スポンサー契約
  • その他報酬

これらを合わせた金額として、はじめに申し上げたとおり平均は年収1000万円〜3500万円ほどではないか?と予想させていただきました!


 

ときどは東大卒!学歴は?

ときどさんと言えば「東大卒」のゲーマーであることは有名ですよね!

中学・高校は「麻布学園 麻布中学校 麻布高等学校」に通い、一浪して「東大理科一類」へ入学。

「東大工学部マテリアル工学科卒」を卒業したあと大学院に進みますが、在学中にウメハラさんの「プロゲーマー」宣言を聞き、自分もプロゲーマーになることを決め、東大大学院を中退されました。
 

ときどのプロフィール

ときど

本名:谷口一
生年月日:1985年7月7日
出生地:沖縄県那覇市
出身地:神奈川県横浜市
身長:不明
血液型:不明

▼成績

・EVO 1位
2002年/2007年/2017年
(CAPCOM VS. SNK 2 MILLIONAIRE FIGHTING 2001、スーパーストリートファイターIIターボ、ストリートファイターV)

・CEO 1位
2011年/2016年
(スーパーストリートファイターIV、MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds、ストリートファイターV)

その他、Brooklyn Beatdown Round 2やRAGE: Byakko Cup 2017、Canada Cupなどで何度も1位を飾る腕前の持ち主!

現在の世界ランクは233位となっています!(2020年6月現在)
 

ときどの名言が熱い!

では最後に、ときどさんがメディアに出演したときに発する名言が「熱い!」と話題になっていたので、いくつか抜粋してご紹介したいと思います。
 

2018年8月12日放送「情熱大陸」より

「ゲームをやるために勉強した」

「僕らが戦わないといけないのはプレイヤーどうしというよりは世間の目」
 

格闘ゲームのネット番組「トパンガ」より

(ゲーマー仲間マゴさんへ向けて)

「人には心量というものがある。なんとなく生きてるんじゃないか? その心量を普段から意識して鍛えていないからお前は弱いんだ。」
 

著書より

「結局のところ人間とは「論理」ではなく、「感情」で動くもの。東大卒には計画的で用意周到な人間が多いと思われがちですが、みんながみんなそうではありません。僕がプロゲーマーになったのは、理屈を超える情熱があったからです。一度しかない人生、自分の信じた道を突き進んでください」
 

「ときど(東大卒プロゲーマー)の年収やプロフィール、名言」まとめ

今回はプロゲーマーのときどさんについて情報をまとめました。

  • 年収予想は1000万円〜3500万円ほど
  • 東大理科一類へ進学し大学院は中退
  • 優勝多数
  • 名言が熱かった!

新しい職業は世間に浸透するまでなかなか理解が得られないこともありますが、今となってはオリンピック種目になるかもしれない?と言われるまでになったeスポーツ!

プロゲーマーが世界でどんな活躍をしてくれるのか?

今後もときどさんを引き続き応援していきたいと思います。

 





-スポーツ

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.