えなりかずきは弟も俳優だった!彼女や名言、泉ピン子と共演NG?

投稿日:

えなりかずきは弟も俳優だった!彼女や名言、泉ピン子と共演NG?

「渡る世間は鬼ばかり」の小島眞役で知られるえなりかずきさん。

子役の頃はその福々しいお顔から「大仏」と呼ばれるドラマ(柳葉敏郎主演:ホットドック)さえあるほど話題になっていました。

現在はドラマだけではなく、情報番組やバラエティなどでも活躍されています。

今回はそんなえなりかずきさんの弟や彼女、「渡鬼」の名言から泉ピン子さんとの確執まで!色々な角度から紐解いていきたいと思います。

えなりかずきの弟は俳優!今現在は何してるの?

えなりかずきさんに、実は俳優をしている弟がいることをご存知でしたか?

お名前は江成正元(えなりまさもと)さんと言い、えなりかずきさんとは5歳違いになります。

簡単にご兄弟のプロフィールを記載していきますね!

江成正元(弟)
生年月日:1989年1月1日
出生地:東京都世田谷区
身長:165㎝
血液型:O型
えなりかずき(兄)
本名:江成和己(読み方は同じ)
生年月日:1984年11月9日
出生地:東京都世田谷区
身長:167㎝
血液型:O型

えなりかずきさんの弟である江成正元さんは、生後1ヶ月でNHK大河ドラマ「翔ぶが如く」に出演し、芸能界デビューを果たしています。

その後2002年にNHK朝ドラ「さくら」にも出演。中学時代までいくつかのドラマで活動をしていました。

 

しかし2005年頃からあまりテレビに出演することがなくなり、2014年のNHKドラマ「妻たちの新幹線」に出演したのが実に9年ぶりとなりました。

実は江成正元さん、東京農業大学に進学したという情報があり、学業のために芸能活動とは距離を取っていたのでは?という噂が……。

 

ご本人から正式な発表が出ていないのであくまでも憶測となりますが、現在は大学で勉強した内容を活かした職業か、家族で経営している芸能事務所で働いているのでは?と言われています。

えなりかずきさんの事務所は父親が代表を務め、母親がマネージャーとして活動している家族経営の芸能事務所なんですね。

そのため弟の江成正元さんも、その社員として運営に携わっている可能性が高いと考えられます。
 

えなりかずきの両親は事務所を経営していて、音楽が得意?

元々、えなりかずきさんの父親はジャズバンドでパーカッションを担当していましたが、のちにコンピューターソフトの会社「JDS」を設立しました。

その後、パソコンソフトやパソコンゲームソフトの開発をしてしましたが、えなりかずきさんの活躍と共に事業から撤退。「JDS」という社名を残したまま芸能事務所へと変化させました。

元CM歌手だった母親はマネージャーとしてえなりかずきさんに付いて仕事をしています。

 

「ラ・ラ・ランド」のピアノ演奏を完コピできるほどの腕前を持つえなりかずきさんですが、音楽の才能はご両親からの影響と言えそうですね!


 

えなりかずきの彼女はこの人だった!

では次に、えなりかずきさんの彼女についてご紹介していきます!

えなりかずきさんは2007年、フルート奏者のyumiさんとの熱愛が週刊誌にスクープされました。

2006年にNHKでの番組共演がきっかけで交際に発展したと書かれていましたが、後日「女性自身」の取材で母親がすでに知り合って10年近くになると答えていました。

なんでも1996年のNHK番組で顔見知りになり、お互い楽器を演奏することから意気投合したとのこと。

 

二人が友人から恋人関係になった正確な日付は分かりませんが、2007年の1月頃、えなりかずきさんが母親に「yumiさんが好きだ」と伝えてきたそうです。

交際当時はyumiさんもえなりかずきさんを献身的に支え、付き人やスタイリストのような働きもしていたんだとか。

そのころ左手の薬指に指輪もしていましたが、残念ながら2009年、すでに2007年10月に破局していたことが発覚しました。

yumiさんは2010年に一般男性との結婚を発表されましたが、えなりかずきさんについてその後の熱愛報道は出ていません。

(ちなみにyumiさんはその一般男性と2011年11月21日に離婚、2014年に作曲家の山下康介さんと再婚しています)
 

えなりかずきの名言は創作?嘘なの?

えなりかずきさんの名言といえば「そんなこと言ったってしょうがないじゃないか!」が最初に思い浮かびますよね!

しかし実はこれ、実際のドラマ「渡る世間は鬼ばかり」で使われたセリフじゃないんです……。

 

モノマネ芸人のホリさんがえなりかずきさんの真似をするときに言ったセリフで、あくまでもホリさんの創作なんです。

いかにも、えなりかずき(小島眞)さんが「渡る世間は鬼ばかり」の中で言いそうなセリフなんですよね(笑)

しかしあまりにも世間に浸透してしまったため、後日「渡る世間は鬼ばかり」のLINEスタンプが発売された際、この「そんなこと言ったってしょうがないじゃないか!」が採用されたとか。

なんとも面白いですよね!
 

えなりかずきと泉ピン子は共演NG?

さて。えなりかずきさんと泉ピン子さんが共演NG?という噂が最近になって囁かれるようになりました。

1990年から続く長寿番組、「渡る世間は鬼ばかり」の共演者なのになんで?と思いましたが、噂の出どころは脚本家の橋田壽賀子さんでした。

 

2019年の10月10日、文春が橋田壽賀子さんにインタビューを行いました。

するとその中で「えなりかずきさんが泉ピン子さんとの共演を拒否している」と答えたんです!

調べてみると、2015年に放送された特番で共演したのが最後で、2019年の特番では共演シーンは一切ありませんでした。

 

橋田壽賀子さん曰く……。

「(泉ピン子と)一緒に出るとえなり君は発疹が出たり、おかしくなるんですって。それを聞いて、私、えなり君にものを言うのも嫌なのね。そういう申し出をすること自体、私は頭にくる」

「渡鬼」ファンには何とも切ない展開ですよね。

 

とは言え、泉ピン子さんのマネージャーは「“そういう話はあるけど、そんな事ないのにね”と本人から聞いています」と答えていたり、NEWSポストセブンでは、えなりかずきさん本人ではなく、えなりさんの母親と泉ピン子さんの折り合いが悪いと書かれています。

真実は分かりませんが、いつかは泉ピン子さんとえなりかずきさんが共演している「渡鬼」が見てみたいですよね。
 

えなりかずきの弟や彼女、名言、泉ピン子について まとめ

今回は、えなりかずきさんについてまとめてみました。

子役の頃からテレビで活躍しているため、どうも成長を見守っている感覚の方は多いのではないでしょうか?

そんなえなりかずきさんも30代半ば……。

立派な大人の男性なんだなと改めて認識しなおしました!

今後は今までにない渋い役なども見てみたいですよね。

引き続き、えなりかずきさんの活躍を見守っていきましょう!
 





-俳優

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.