学生ママの思うこと

大学に通いながら育児中。日々気になったこと、思ったことをお届けします。

頭を抱える男性

コンビニバイトのきつい・大変なところって?4年の経験者が語る

更新日:

コンビニでバイトしようか悩んでいる人、必見です。

コンビニって、常にアルバイト募集の張り紙や旗を出しているところが多いですよね。

何かバイト始めようかなと思ったときに目につきやすいのではないでしょうか。

そんなあなたに、4年間コンビニでアルバイトをしていた私が、コンビニバイトのきつい・大変なところなどを伝えていきます。

スポンサードリンク

コンビニバイトのきつい・大変なところ1:仕事内容が多すぎる

 

コンビニバイトってどういったイメージがありますか?

私がコンビニバイトを始める前は、レジ打ちしてお釣りを渡して、「ありがとうございましたー」と言って終わりというイメージを抱いていました。

今思えば、本当に失礼なイメージだと反省しています。

確かに、業務としてメインはお客様への接客・レジ打ちです。

しかし、やらなければいけない仕事内容はこれだけではありません。

具体的に例を挙げると

  • 店内清掃
  • 商品の品出し
  • トイレ清掃
  • 納品
  • 廃棄処理
  • ゴミ出し
  • 外掃除
  • レジ横においてあるチキンなどを揚げる

などなどです。

他にもまだまだたくさんありますが、全て挙げればきりがないです。

これらの業務を、お客様の接客の合間にこなしていかなければなりません。

 

それに、コンビニはシフト制なので自分が入っている時間帯に任されたことを終わらせなければ、次の時間帯の人に迷惑をかけてしまうことになります。

私も新人の頃は、仕事が時間内に終わりませんでした。

しかし、慣れていけばスピーディに仕事がこなせるようになり、むしろ時間が余ります。

ただ、慣れるまでの間はどうしても周囲の人の助けを借りないと仕事を完遂させることができないので、申し訳なくてつらかったですね。

私は、アルバイトが終わる度に一緒に入ってくれていた方に「迷惑をかけてすみません」、「手伝ってくれてありがとうございます」と言っていた記憶があります。

 

コンビニバイトのきつい・大変なところ2:煙草の年齢確認がつらい

 

これは、私がコンビニバイトをする中で最も苦痛を伴うものでした。

何がそんなにつらいのかというと、お客様が怒ることが多いんです。

煙草は成人した人しか吸うことが認められていません。

煙草を買いに来てくださったお客様でも、もし未成年に見えたらその場で店員が「何か年齢確認できるもの見せてもらってもいいですか?」と聞かなくてはいけません。

 

本当に20歳以上の人は「いいよ~」と陽気に笑って見せてくれますが、そうでない人はたいてい「失礼だ!」とか「今持ってない」とか言って怒ります。

私は、地元のコンビニでアルバイトをしていたので同級生が煙草を買いに来たことがありました。

当然、当時は私もその人も未成年でした。

顔見知りだから買えると思ったのか、普通に煙草を買おうとしていて驚きました。

私が煙草の購入を拒否すると「同期のよしみでそれくらい許せよ」と逆切れされてしまいました。

煙草の年齢確認は決して怠ってはいけないものなのですが、お客様とのトラブルを招きやすいのでここがコンビニバイトのきつい点だと思います。

スポンサードリンク

コンビニバイトのきつい・大変なところ3:お客様からの要望が多種多様すぎる

 

これは、コンビニバイト特有のものだと思います。

コンビニで働いていて、お客様から色々な要望をされることが多いなと感じていました。

例えば、身分証明書のコピーの取り方だったり、写真のプリントアウトチケットの発行の方法など聞いてくるお客様は多いです。

 

コンビニにコピー機が置いてあるだけで、そのコピー機に特別詳しいわけではないので困ることが多かったです。

他にも、道を尋ねられるお客様も多いです。

「ラーメン屋さんに行きたい」であったり「どこそこの高速道路に行きたい」など突然店に入ってきて言ってきます。

しかし、例え買い物をされなくても一応お客様になるので丁寧に対応しなければなりません。

私は一応地図を開いてみて、「現在地はここです」ということだけ伝え一緒に考えるという対応をとっていました。

 

他にも「この肉まんに、たけのこが入ってないか調べてくれ」と言われたこともありました。

これはかなりマイナーなお客様だとは思います。

つまり、お客様の中にも色々なお客様がいてそれぞれに臨機応変に対応していかなければならないということです。

私にとっては、どうしようと動揺することが多かったですが、先輩は落ち着いて一人ひとり対応していました。

 

コンビニバイトのきつい・大変なところ:まとめ

 

コンビニバイトには、大変なこと、きついことも多いですが周囲の方の協力や支援があれば乗り越えていけることだと思います。

どこのコンビニにバイトに行こうかもし迷われているのであれば、一度コンビニに足を運び店員が楽しそうに仕事をしているか見ることをお勧めします。

そうすれば、そこのコンビニで働きたいかどうか決心がつきやすいですよ。

コンビニバイトって、きついし大変なところが多いです。その上、おすすめしない人もいます。その特徴がこちら↓

コンビニバイトをおすすめしない人はどんな人?4年の経験者が語る

その他、関連記事です→ コンビニバイトの時給は安い?上がることはある?働く前に知りたい!

コンビニバイトで深夜に女性が勤務してもok?面接の服装でスカートは?

まとめると、

業務内容が多岐にわたる

店内清掃、商品の納品、品出し、廃棄処理、ゴミ捨て、煙草の補充、返本作業、チキンを揚げる、レジ内のお金を合わせる、トイレ掃除、冷凍補充、宅急便の受付などです。

とりあえず思いつく主な業務は以上です。しかし、他にも細々した業務はたくさんあります。

煙草の年齢確認が辛い

これは、メンタルを削られる仕事だと思います。

年齢確認をするかどうかの判断も個人の責任になりますので、最初のうちは先輩に相談しながらやっていけばいいと思います。

お客様からの要望が多種多様すぎる

お客様によっては、コンビニバイトの仕事の範囲外のことも平気で言ってきます。

無理なことは無理だと丁寧に伝える工夫は必要ですが、お客様である以上はあまり嫌な顔をできないのも事実です。そこが大変なところです。

スポンサードリンク

-

Copyright© 学生ママの思うこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.