心理学を活用!片思い中の彼に好きになってもらう7つの方法

投稿日:

心理学を活用!片思い中の彼に好きになってもらう7つの方法

「片思い中の彼と、どうやって距離を縮めていけば良いんだろう・・・」

そんな悩みを抱えているあなたへ。

今回は心理学を活用して、片思い中の彼に好きになってもらう7つの方法をご紹介します。

かんたんに実践できるものばかりなので、ぜひチェックしてみてください。

1:第一印象は特に大切!「初頭効果」をうまく利用しよう

あなたが一方的に彼のことが好きで、彼自身はまだあなたのことを認識していないという場合は、まずはあいさつなどから始めてみましょう。

第一印象は特に大切なので、清潔感のある身なりや、笑顔を心がけて声をかけてみてください。

 

なぜ第一印象が特に大切なのかと言うと、「初頭効果」というものがあるからです。

「初頭効果」とは、最初に与えられた印象が残りやすく、後の判断や評価にそのまま影響を与えるという心理的な効果のこと。

わかりやすく言うと、第一印象で「清潔感があって、感じの良い人だな」と思ってもらえれば、その後に多少だらしない格好の日があったとしても、第一印象に引っ張られて「まぁたまにはそういう日もあるよな」と考えてもらえるということです。

逆に、最初に「だらしない人だ」と認識されてしまった場合は、その時のイメージを後から払拭することが難しくなってしまうので、注意しましょう。
 

2:顔を合わせる回数が増えるほど好感度アップ「単純接触効果」

人間は、よく顔を合わせる人に対して好意を抱きやすくなる傾向があります。

最初は特に意識していなかった異性に対しても、何度も顔を合わせるうちに、だんだんと好感度がアップするのです。

このことを「単純接触効果」と言います。

 

なぜ顔を合わせるだけで好感度がアップするのかと言うと、見ず知らずの人に対しては、相手の行動を予測することができないため警戒心を持ちますが、見慣れた人に対しては、警戒心が薄れるためです。

そのため、直接的なアプローチが苦手な人であっても、なるべく彼の視界に入る距離にいるようにしたり、あいさつだけでも毎日するようにしてみたり、SNSで頻繁に絡んでみたりすることで好感度をじわじわとアップさせることができます。
 

3:褒めることで彼の「自己是認欲求」を満たす

彼に好きになってもらうためには、彼の良いところを素直に褒めてあげるのがオススメ。

なぜかというと、人間は誰でも、心のどこかに「自分を褒めてほしい」「評価してほしい」「自尊心を満足させて欲しい」という自己是認欲求があるからです。

この欲求は、他人の評価以外では満たすことはできません。

だからこそ自分を認めてくれる人を好きになる傾向があるのです。

 

また、褒める時は彼自身が気づいていない意外なところを褒めてあげるのが効果的!

人からよく言われていることや、すでに認識していることよりも、自分では気づかなかったところを褒められることで、「自分にはそんな良いところもあったんだ」「そんなところにも気づいてくれるんだ」と大きな満足感につながり、あなたの株がぐーんと上がります。
 

4:第三者を通じて間接的に好意を伝える「ウィンザー効果」

あなたが彼のことを褒めても、「どうせお世辞だろ」と言って素直に受けとってくれない場合は、第三者を通じて間接的に好意を伝えるのも1つの手。

なぜかというと、「ウィンザー効果」といって、本人から直接伝えられるよりも、第三者から間接的に聞いたほうが、信憑性が高まるという心理があるからです。

たとえば彼と共通の友人がいる場合、その友人に協力してもらい「○○ちゃん(あなた)は、いつもキミのことを褒めているよ」と彼に言ってもらいます。

そうすることで、あなたから直接言われると素直に聞き入れられない彼でも、「お世辞じゃなくて、本当にそう思ってくれていたんだ」と受け取ってくれるようになるのです。
 

5:「自己開示」によって彼との心の距離を縮める

彼と心の距離を縮めるためには、あなたが「自己開示」することが大切です。

「自己開示」とは、あなた自身のプライベートな事柄を相手にありのまま伝えることを指します。

 

自分のプライベートな話を打ち明けるのは恥ずかしいと感じるかもしれませんが、人は、自己開示してくれた相手に対して心を開くものです。

勇気を出して彼にあなたの内面を打ち明けてみましょう。

具体的には、健康のこと、お金のこと、ちょっとイライラしちゃったこと、ハマっていること、自分が改善したいこと、夢や目標、恥ずかしかったこと、自分の弱みなどの話題が親近感を抱きやすく、オススメです。

 

また、「返報性の原理」といって、人から何かをしてもらったときには、お返しをしなくてはいけないという気持ちになる心理作用があるため、あなたが自己開示することで、彼自身もあなたに何でも打ち明けてくれるようになる可能性もあります。

そうなれば、二人の関係はさらに深まっていくことでしょう。
 

6:おいしいものを彼と一緒に食べる「ランチョンテクニック」

彼と話せるようになってきたら、今度は食事に誘ってみましょう。

なぜかというと、おいしいものを一緒に食べながら話すことで、相手に良い感情を持たせることができるという心理作用があるからです。

これを、心理学では「ランチョンテクニック」といいます。

おいしいものを食べている幸福感によって、相手への印象もポジティブなものになるのです。人間って複雑なようで単純ですよね。

ただし、おいしくないものを食べてしまうと効果は半減してしまうので、事前においしいお店をリサーチしておきましょう。
 

7:完璧に満足させないことで、より印象に残る「ツァイガルニク効果」

彼と楽しく食事をしたあとは「今日は一緒に食事ができて楽しかったよ!ありがとう」と感謝の気持ちを伝えて、サッと帰りましょう。

もしも、彼から「近くに行きつけのバーがあるから、もう1軒どう?」というお誘いがあったとしても、「明日、朝早いから今日はもう帰るね。また今度」と断ってください。

なぜかというと「ツァイガルニク効果」と言って、人は達成できた事柄よりも、達成できなかった事柄や中断している事柄に対して、より強い記憶や印象を持つという心理作用があるからです。

つまり、1回目のデートで彼を完璧に満足させてしまうよりも、少し物足りなさを残しておいた方が、次につながる可能性が高いということです。

なので「もっと彼と一緒にいたい・・・」という気持ちはグッとこらえてください。

そうすることで、今度は彼の方からデートに誘ってもらえるかもしれないのですから。
 

「片思い中の彼に好きになってもらう7つの方法」まとめ

今回は、心理学を活用して、片思い中の彼に好きになってもらう7つの方法をご紹介しました。

最後に改めてまとめると、

  1. 第一印象はとっても大切
  2. 単純に顔を合わせる回数を増やすと、好感度が上がる
  3. 彼を素直に褒めると、好感を持たれやすい
  4. 褒め言葉を素直に受け取れない彼には、第三者を通じて伝える
  5. 自分の内面を打ち明けることで彼との距離が縮まる
  6. 彼と一緒においしいものを食べると、あなたに好印象を抱く
  7. 1回の食事で彼を完全に満足させないことで次につながる

ということがポイント。

参考にして、彼に好きになってもらいましょう!

 





-恋愛・結婚

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.