学生ママの思うこと

大学に通いながら育児中。日々気になったこと、思ったことをお届けします。

マイク

音楽

島茂子とは誰?歌うまいってほんと?その歌唱力とは

更新日:

最近デビューした歌手として話題の島茂子さんって誰だか、気になりますよね。

見た目どこかで見たことがあるような顔だし、47歳でデビューというのも気になります。

ということで、島茂子とは誰なのか、プロフィールと経歴、歌がうまいと評判の歌唱力についてまとめました。

スポンサードリンク

島茂子のプロフィールと経歴

名前:島茂子(しま しげこ)

生年月日:1970年11月17日

出身:奈良県

職業:歌手

 

奈良県出身の島茂子さん、歌うことが好きだった母の影響で歌手を目指します。

そして2017年8月発売の、TOKIO53枚目のシングル「クモ」のカップリング曲

「女の坂道」を歌ったのが島茂子さんです。

また、歌手活動ではないですが、2018年5月6日には、神宮球場での始球式に抜擢されました。

そして、2018年5月16日に発売されたDVDシングル「戯言」(ざれごと)で待望のデビュー。

ついこないだですね!

これは、金曜日のドラマ「家政夫のミタゾノ」の主題歌にもなっています。

通常盤の方には、カップリング曲「菖ごころ」が収録されています。

 

ちなみに初回限定版DVDは、7月4日に発売されるとのことです。

本来はもっと前に発売される予定でしたが、山口達也さんのあの件があった影響で、

特典映像が修正されていることから初回限定版の発売延期になったと思われます。

スポンサードリンク

結局、島茂子とは誰?

 

この島茂子さんですが、結局誰?て謎じゃないですか?

そもそも、なぜいきなりTOKIOのカップリング曲を担当することになったのか、

しかもデビューするにはかなりの遅咲きですよね・・・

何しろもう47歳ですよ?

そして何よりもこの顔・・・どこか見覚えありますよね。

 

はい、わかっちゃう人にはすぐわかっちゃうと思いますが、

島茂子さんの正体。それは・・・・

 

TOKIOのリーダー、城島茂さんです。

 

あ、ショックを受けました?笑

というか名前からしても顔からしても、どう見ても城島茂さんです。

 

要は、水谷千重子さんみたいな感じですね。

実際、島茂子さんは水谷千重子さんと街ブラロケで共演しています。

水谷さんって、名前は完全に変えていますが、友近さんがなりきっているフィクションのキャラクターですよね。

(あ、これもショックを受けました?笑)

新しい曲を出すにあたって、ただ「城島茂さん」が歌ってるとなると、いつもと変わりばえしませんが、

「島茂子さん」という新たな存在を出すことで、注目されやすくなりますよね。

現に、あなたも「島茂子とは誰だ?」と検索して、この記事にたどり着いたはずです。

 

島茂子は歌がうまい?その歌唱力とは

 

そんな島茂子さんですが、歌がうまいという噂があります。

島茂子さんといっても城島茂さんのことですが、

確かに城島さんはソロで歌うと歌がうまいと評判ですもんね。

 

では、実際に島茂子さんの歌唱力がどれほどのものか、自分の耳で聞いて確かめてみてください!

公式サイトに「戯言」の動画が載っています。

(というか、公式サイトまであるんですね・・・)

確かに、歌がうまいですよね。

最初の「ざーれごと!」というところ、迫力があって一気に引き込まれます。

 

まとめ

 

島茂子さんとは、誰なのか。

その正体は、TOKIOのリーダー、城島茂さんでした。

最近「戯言」でデビューし、歌がうまいと評判で、歌唱力が高いと世間に認められています。

島茂子さん、これからどれくらい世に名前が広まるか楽しみですね。

あの水谷千重子さんも、結構広く知られるようになりましたからね。

島茂子さんも同じくらい有名になるかもしれません。

こちらが島茂子さんのデビュー曲、「戯言」のCD付きDVDの通常盤です。

初回限定版は、現在予約受付中です。

 

スポンサードリンク

-音楽

Copyright© 学生ママの思うこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.