Matt(マット)は歌もピアノも上手い!身長やサンダーバードと言われる理由

投稿日:

Matt(マット)は歌もピアノも上手い!身長やサンダーバード

2019年のクリスマスイブに歌手デビューが決定したMattさん!

歌の上手さもさることながら、ピアノの腕前もかなりのものでした!しかしまだまだ謎に包まれたミステリアスな存在……。

今回はそんなMattさんの音楽の才能や身長、サンダーバードと言われる理由など。多方面から調べていきたいと思います!

Mattは歌が上手い!作詞作曲で歌手デビューも決定!

Mattさんがテレビに初登場したのは2017年。

「櫻井・有吉THE夜会」にて「どなたの息子さんでしょう?」とクイズとなり、元巨人軍の桑田真澄さんの息子だと分かった時には驚きとともに迎えられました。

今まではその容姿にクローズアップされることが多かったのですが、実はMattさん自身が多彩な才能の持ち主だったことが最近少しずつ判明。

 

まずこちらのインスタにアップされた歌声をお聞きください。

いやぁ〜 Mattさん、歌が上手い!

この公開された歌は、2019年12月24日に発売されるデビュー曲『予想もつかないStory』(作詞作曲:Matt)の一部分になります。

フルバージョンのお披露目は12月18日に行われる、父・桑田真澄さんのディナーショーになると、8月8日のLINEライブで発言していました。

残念ながらディナーショーのチケットは売り切れているため、フルバージョンを聞けるのは12月24日以降となりそうですね!
 

Mattのピアノの腕前もすごかった!

そしてMattさんは歌だけではなくピアノもすごいと噂なんです!

ここでいくつかの動画を見ていただきましょう。


 

上品で美しい音色がMattさんの育ちの良さを表していますね。

 

2019年11月7日には、千葉幕張メッセで韓国人アーティストのジェジュンさんの歌に伴奏として登場し、一曲コラボ。この時は中島みゆきさんの「化粧」を披露したそうです。

その後、2019年11月27日に放送された「ベストアーティスト2019」でもジェジュンさんと再共演。スキマスイッチの「奏」を披露しました。

アーティストの伴奏だけでなく、今後はMattさん自身が自分の曲を弾き語りする姿も見られるかもしれません。
 

Mattがピアノを始めたのは父親・桑田真澄の影響?

Mattさんがピアノを始めたのは7歳のとき。

そのころ父親である桑田真澄さんは肘を故障していました。

そしてリハビリとして勧められたのがピアノであり、Mattさんがピアノを始めるキッカケにもなったのです。

 

桑田真澄さん自身も2013年にJU(日本中古自動車販売協会連合会)CMのピアノ曲を演奏しました。

CM自体は車を通した1人の男性の半生を綴った内容で、桑田真澄さん自身は登場しません。

しかし「ピアノ演奏:桑田真澄」とはっきりクレジットが出てきます。

美しい音色を奏でる桑田真澄さんは、収録現場でも「顔つきはピアノ奏者そのもの」と言われていました。

もしかしたら2019年12月18日のディナーショーで、息子のMattさんと共演!なんてこともあるかもしれませんね!
 

Mattの身長は?詳しいプロフィール!

さて。謎多きMattさんですが、身長はどのくらいなのでしょうか?

ここで身長も含めたプロフィールについてご紹介していきます。

Matt(マット)

本名:桑田将司
生年月日:1994年7月18日
出身地:東京都世田谷区
身長:181㎝
血液型:A型

Mattさんの身長は181㎝!

ブライダルモデルもしている程なので、やはり高身長ですね!

 

父親である桑田真澄さんは174㎝とそこまで高身長ではありませんが、母親の真紀さんは昔キャビンアテンダントとして働いていたそうですから、母親の身長が高かった可能性もありますね。

桑田真澄さんと母親の真紀さんが並んでいる写真も複数ネットにありますが、ヒールを履いているのを差し引くと165㎝前後でしょうか?

長身とまではいきませんが、女性としては比較的高い方だと思います。

 

小学校の6年間は野球をしていたMattさんですが、中学にあがると音楽活動を開始。

進学した堀越高等学校では吹奏楽部の部長を務めるほどでした。

経験した楽器はピアノ、ドラム、フルート、アルトサックス、ソプラノサックスと多岐に渡ります。

 

大学は桜美林大学の芸術文化学群・音楽専修に進学し、このころからブライダルモデルの活動を始めるようになりました。

そして23歳のとき、バラエティ番組への出演でタレント活動を開始することとなります。
 

Mattがサンダーバードって言われる理由!CMにも出演

Mattさんのその特徴と言えば、メイクやインスタでの美加工!

ときには「人形みたい」や「サンダーバードみたい」と言われてしまいますが、さすがMattさん。

その「サンダーバードみたい」という意見を逆手にとってCMに出演してしまいました!

 

チョコ菓子で有名な「ブラックサンダー」のCMに2019年9月から出演。

12月現在、ブラックサンダーの製造元である有楽製菓株式会社のYouTubeチャンネルには5本の動画がアップされています。

そのうちの一本をご紹介しましょう。

眉毛の部分にブラックサンダーを貼り付けた“サンダーMATT”として正義のヒーローを演じています。

本気でふざけているCMの内容がなかなか面白いですよね!

 

ちなみにサンダーバードというのは60年代に放送されていたイギリスの特撮人形劇で、サンダーバードの面々が国際救助隊として活躍するテレビ番組でした。

その人形劇の人形のように、Mattさんの顔が整っていたことで話題となってしまったんです。

「Mattの歌やピアノ、身長やサンダーバードと言われる理由」まとめ

Mattさんが世に出てきた当初は、その独特のメイクや見た目でさまざまなことを言う視聴者もいましたが、歌声やピアノの腕前、自分が良いと思ったことを突き詰めて行くその姿勢に共感する層も増えてきましたね!

今後もその身長を活かしてモデル業もしながら、好きな音楽活動でさらなる飛躍をするのではないでしょうか。

サンダーバードのような見た目も愛嬌があって素敵なので、引き続き応援していきたいと思います。

 

-タレント

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.