学生ママの思うこと

大学に通いながら育児中。日々気になったこと、思ったことをお届けします。

フリーズドライ

島村雅人のプロフィール!フリーズドライ界の伝道師はすごかった

更新日:

お湯をかけるだけで出来上がる食品、フリーズドライ食品

料理の作る時間がない時、一瞬で出来上がっちゃうのは、大助かり!

インスタントでさえ、数分間待たないといけないですからね。

 

そんなフリーズドライ食品界の有名人、島村雅人さんに注目して調べてみました。

スポンサードリンク

島村雅人 プロフィール

 

フリーズドライといえば、「アマノフーズ」が代表的な会社ではないでしょうか。

島村雅人さんは、アマノフーズの商品開発部室長を務めています。

島村雅人

出典:アマノ食堂

名前:島村雅人

年齢:59歳

職業:「アマノフーズ」商品開発部室長

 

なんとフリーズドライ食品に携わって35年という。

この業界のベテランの彼は、「フリーズドライの伝道師」とも呼ばれているとか。

時に、彼の顔が商品パッケージに登場することもあるそうです!笑

 

 

メディアでは、「マツコの知らない世界」に出演したことがあるんですね。

そして今度「モノシリーのとっておき」に出演します。

 

どんな人?

 

「フリーズドライの伝道師」と呼ばれるだけあって、研究熱心で、こだわりが強い方です。

「本物に近づけないと売りたくない」と言う思いがあり、開発商品はどれも徹底的に研究されています。

スポンサードリンク

過去には何度も何度も失敗し、朝礼では名指しで指摘されたり、あまりの失敗に会社が大きな損失を被ってしまったため朝礼で土下座したり?!と、全てがうまくいっていた訳ではありません。

それでも、何度失敗しても諦めずに、次々と斬新なフリーズドライ食品を開発していっている方なのです。

もはや研究者ですね。

研究者の鏡です。それだけ熱心になれることがあるって、素晴らしいです。

尊敬します。

 

研究熱心で真面目・・・な人かと思えば、意外と陽気なキャラでもあるそうです(いえ、真面目ではないと言う意味ではないですよ)。

自称「当社製品のお笑い・驚き担当」なのだそうで(笑)

取材されている記事を何記事か読みましたが、どれも気さくで明るい印象を受けました。

写真では、おどけた表情をされたりしていましたよ。

 

フリーズドライの進化

 

ちなみに今更ですが、フリーズドライ食品とは−30度で凍結させた食品を、真空下で乾燥させたものです。

フリーズドライって言うと味噌汁を思い浮かぶ人が多いと思いますが、今はもっともっと進化しているんです。

 

以前期間限定で発売された「チキンカツカレー」「チキンカツの卵とじ」は、2食で1000円以上と結構高値でしたが、それでも1ヶ月で完売してしまいました。

もちろんこれらは、島村さんが開発。

カツの並べ方を工夫したり、衣の剥がれにくさや鶏肉の最適な部位を徹底的に研究したりと、彼のこだわりが感じられますね。

 

このようなパスタもあるんです!

 

中華丼や親子丼などの丼物もありますよ〜

ランチは、これにお湯をかけて30秒待つだけ!

そんな時代になったんですね〜

 

まとめ

フリーズドライ食品は、今やすごく進化しているんですね。

いつの間にか色々な食品がフリーズドライされていて、驚きました。

その陰には、島村雅人さんという研究者と努力家がいました。

これからも、次々と新しいフリーズドライ食品を開発していって欲しいです。

スポンサードリンク

-

Copyright© 学生ママの思うこと , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.