はちみつは赤ちゃんにNG!はちみつは何歳になったらOK?

投稿日:

はちみつは赤ちゃんにNG!はちみつは何歳になったらOK?

健康に良いと言われる「はちみつ」ですが、乳児には「はちみつ」を食べさせたらいけないことをご存知ですか?

今回は、はちみつを赤ちゃんにあげてはいけない理由や何歳になったらはちみつを食べさせていいのかなど、はちみつと赤ちゃんについてのあれこれを見てみることにしましょう。

赤ちゃんにはちみつがダメな理由

栄養たっぷりのはちみつ。

成長期真っ只中の赤ちゃんにあげたくなるのですが、実は「赤ちゃんにはちみつをあげてはダメ」!

えっ!天然食品で赤ちゃんの成長に良さそうなのに・・・と思う方もいらっしゃると思いますが、赤ちゃんにはちみつを与えるのは厳禁。

 

赤ちゃんにはちみつをあげてはいけない理由、それは、はちみつに「ボツリヌス菌」が含まれていることがあるからです。

 

はちみつにはビタミン・ミネラル・アミノ酸・ポリフェノールなど豊富な栄養素が含まれており、加熱などの処理をしていない自然食品です。

そのため、はちみつの中に「ボツリヌス菌」が含まれている可能性があり、腸内細菌がまだ育っていない赤ちゃんは、ボツリヌス菌が増殖して「乳児ボツリヌス症」という病気になってしまうことがあるのです。

「乳児ボツリヌス症」は死に至る可能性もある怖い病気で、実際に過去、生後6ヶ月の赤ちゃんがはちみつを食べたことにより「乳児ボツリヌス症」で亡くなっています。

ボツリヌス菌とは?

ボツリヌス菌は食中毒菌の仲間です。ボツリヌス菌は自然の中に広く存在しており、増殖すると強い毒素を出します。
 
ボツリヌス菌は熱に強いので通常の加熱や調理では死にませんが(死滅するには120℃以上で4分間の滅菌処理が必要)、腸内細菌が育ってくると体内でボツリヌス菌は増殖できず死ぬので安全です。

ちなみに、はちみつにボツリヌス菌が入っていたとしても、母乳には影響しないので、授乳中のママがはちみつを食べても問題はありません。

妊婦さんもお腹の中にいる赤ちゃんに影響を与えませんので、はちみつを食べても大丈夫です。

むしろ、様々な種類の栄養素をバランス良く含んでいるので、はちみつは授乳中のママや妊婦さんにおすすめの食品といえます。
 

栄養たっぷり!天然マヌカハニー

 

はちみつを赤ちゃんが食べたらどうなる?

はちみつにはボツリヌス菌が含まれていることがあり、「乳児ボツリヌス症」を引き起こす可能性があることはわかりましたが、「乳児ボツリヌス症」はどんな症状を引き起こすのでしょう?

乳児ボツリヌス症の症状

乳児ボツリヌス症になると、便秘が続く・元気がなくなる・泣き声が小さくなる・哺乳力が低下するなどの症状を引き起こします。
 
その他の症状としては、顔面が無表情になり、筋力が低下することで頭部を支えられなくなるといったこともあります。
 
乳児ボツリヌス症は、ほとんどの場合、適切な治療により治りますが、ごくまれに重症化して亡くなることもあるので注意が必要です。

万一、はちみつを赤ちゃんにあげてしまい、このような症状が続いたら、急いで病院に行くようにしましょう。
 

赤ちゃんがうっかりはちみつを舐めてしまったら

赤ちゃんがうっかりはちみつを舐めてしまったと病院に行く方もいますが、乳児ボツリヌス症は積極的にはちみつを食べさせたときに起こる可能性のある病気です。

赤ちゃんがうっかりはちみつを舐めた程度であれば、乳児ボツリヌス症にかかることはありませんので必要以上に心配しなくても大丈夫です。

ボツリヌス菌の潜伏期間は 3日〜30日なので、この間は様子を見て、気になる症状があれば病院に行くようにしましょう。
 

何歳になったら、はちみつをあげてもいい?

このように幼児にとって注意が必要な「はちみつ」ですが、何歳になったらはちみつを食べて良いのでしょうか?

はちみつを赤ちゃんに与える目安としては、生後1歳と医学的に言われています。

1歳になる頃には、離乳食等により腸内環境が整い、腸内の抵抗力も高まっていますので、はちみつをあげても大丈夫。

はちみつは美味しい&栄養価の高い食品なので、赤ちゃんが1歳になったら積極的に料理に取り入れて食べてもらうようにしましょう!
 

はちみつ以外にも!赤ちゃんにNGな食べ物

「乳児ボツリヌス症」の原因になり注意が必要な食品ですが、実は「はちみつ」だけではありません。

自然食品で体に良いイメージのある「黒糖」や「きな粉」なども、はちみつ同様に加熱殺菌処理が難しいため「乳児ボツリヌス症」の原因になりえると言われています。

また、井戸水や自家製の野菜を使ったスープが感染源として特定されたケースもあり、注意が必要です。

赤ちゃんにとっては「自然食=いい食品」というわけではないのです。
 

赤ちゃんにはちみつがダメな理由 まとめ

赤ちゃんとはちみつについてまとめてみましたが、いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんには自然な食べ物を与えたいと思うのが親心ですが、一方で自然な食べ物には様々な菌が含まれています。

成長すると害を与えない菌でも、赤ちゃんにとっては命に関わることも。

体に良さそうと安易に考えるのではなく、赤ちゃんの腸内環境が整う満1歳までは、衛生的に安全な離乳食を与えることを第一に考えるようにしましょうね。
 

栄養たっぷり!天然マヌカハニー

 





-

Copyright© 情報をお届け! , 2020 All Rights Reserved.