学生ママの思うこと

大学に通いながら育児中。日々気になったこと、思ったことをお届けします。

北川悦吏子

その他

北川悦吏子が結婚した夫と子供(娘)や兄などの家族は?

投稿日:

朝の連続テレビ小説「半分、青い。」の脚本家を務めていて、話題の北川悦吏子さん。

これまで恋愛ドラマ中心に、様々な番組の脚本家を務め、話題になってきましたね。

そんな北川悦吏子さんの結婚した夫や子供(娘)、兄などの家族についてまとめました。

スポンサードリンク

北川悦吏子のプロフィールと経歴

名前:北川悦吏子(きたがわ えりこ)

生年月日:1961年12月24日

出身:岐阜県美濃加茂市

職業:脚本家

 

岐阜県出身の北川悦吏子さん、高校は岐阜県立加茂高等学校を卒業しました。

オフコースの大ファンだったため、小田和正さんの母校、早稲田大学に進学することを決意しました。

単純な理由ですけど(失礼)、尊敬する人と同じ大学を目指すって、素敵ですね^^

私もそんな目標が欲しかったな〜

そうして早稲田大学第一文学部哲学科東洋哲学専修(漢文みたい・笑)を1984年に卒業した北川悦吏子さん。

広告代理店に入社するものの、その環境のせいで疲れてしまい、半年で退社します。

広告代理店って、ニュースでも過酷な労働環境で命を絶った、とかいう話も聞きますしね・・・やはり環境が厳しいことが多いんでしょうね。

少し療養した後、にっかつ撮影所に入社し、脚本を学びます。

そして1989年に脚本家デビュー、その後1991年の「世にも奇妙な物語」や1993年の「あすなろ白書」など、ヒットし、注目されます。

「あすなろ白書」でしたら、まだ生まれる前に放送された番組ですが、私も名前を聞いたことがある番組です。

最近では、2018年のNHK朝の連続テレビ小説「半分、青い。」の脚本を手がけていることで話題になっていますよね。

「半分、青い。」のヒロインの永野芽郁さんについては、こちら

永野芽郁の高校と大学・家族!兄弟や両親についても

 

一方プライベートでは、闘病経験のある北川悦吏子さん。

1999年に難病である炎症性腸疾患が見つかり、2010年に大腸全摘手術を受けました。

さらに2012年には、突発性難聴と診断され、のちにそれが聴神経腫瘍と判明します。

そして、左耳は完全失聴しました。

数々の病気を経験され、私には想像もできないような大変な経験をされたでしょうが、それでもなおこうして脚本家として活躍されているのは、本当に尊敬します。

 

北川悦吏子の家族:結婚した夫

 

北川悦吏子さんは1993年に、共同通信社勤務の男性と結婚しました。

夫の名前は、石原耕太さんです。

スポンサードリンク

北川悦吏子の家族:結婚した夫との子供(娘)

 

北川悦吏子さんと結婚した夫には、子供が一人います。娘さんです。

でも実は北川さん、子供の頃から腎臓が悪くて「子供は産めない」と言われていたんです。

夫と結婚するときも、子供をもたないという条件で結婚しました。

しかし、1997年に予想外の妊娠をし、娘を出産されました。

あ!1997年といえば、私の生まれ年です・笑

私は1997年の1月生まれなので、北川さんの娘さんは私よりも一つ下の学年かな^^

 

娘さんの名前は埜々香(ののか)さんで、高校は都立小山台高校を卒業しています。

2018年現在の偏差値は69ですから、かなり優秀な高校であることがわかりますね。

そして、やはり大学も早稲田大学、とこれまた私立大学の中でもトップの大学に進学しました。

北川悦吏子さんも早稲田大学出身ですから、親子揃って同じ大学卒業、素敵ですね!

 

北川悦吏子の家族:兄も有名人?

 

実は、北川悦吏子さんの兄も有名な方です。

兄は、北川高嗣さんという情報科学専門の教授です。

1961年生まれなので、北川悦吏子さんよりも5歳年上ということになりますね。

 

名古屋大学大学院博士課程(情報工学専攻)を修了後、スタンフォード大学コンピューターサイエンス科学科客員研究員を経て、放送大学大学院客員教授や慶應義塾大学理工学部、東京大学工学部での講師など歴任してきました。

 

すごい経歴ですね。

北川悦吏子さんといい娘さんといいお兄さんといい、家族皆さん本当に優秀なことがわかります。

 

北川悦吏子:まとめ

 

以上、北川悦吏子さんの結婚した夫や子供(娘)、兄などの家族についてでした。

北川さんはいくつも大きな病気にかかり、子供は作れないと言われたり失聴したりで、大変なこともたくさんあったことでしょう。

ただ、夫と娘という素敵な家族に囲まれ、家族みんなで病気も一緒に乗り越えることができたのではないでしょうか。

やはり辛いことがある時って、家族の力って本当に大事だな〜と感じます。

でもそういうのって、家族の存在がなくなった時に初めて分かるんですよね^^;

北川悦吏子さん、あのドラマ「ロングバケーション」の脚本家も務めました↓


ロングバケーション (角川文庫) [ 北川悦吏子 ]

ロンバケって、本もあるんですね!

生まれる前に放送されたドラマですが、ロンバケほどの有名作品なら、私だって1話から最終話まで見ましたよ〜

確かにもう20年以上前の作品ですが、今でも名作と呼ばれるだけありますね。

スポンサードリンク

-その他

Copyright© 学生ママの思うこと , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.